最初の一週間 

グアテマラに限らず、キリスト教圏の国って大体そうだと思うのですが、新年よりもクリスマスの方がメインな行事で、新年というのは、クリスマスから始まるバケーションシーズンの最終日!というこの感覚は、年末年始を中心に世の中が回転していく日本とは全く異なるもので、2日から会社やら商店やらが始まっていくのは、有難くもある反面、ちょっと寂しい感じが致します。

 

ま、でもお陰で私は2日に銀行で100ドルばかり換金できたので、取りあえずは生き延びることができましたが。

 

2日、3日と、サッカー小僧の今年用の教科書&ノートのカバーをつける作業を行っておりました。

 

実はこの国、教科書のみならず、ノートにまで透明シートでカバーをつける習慣があります。多くの学校の場合、この透明シートのみならず、色紙(日本の折り紙を大判にしたような感じの、一色のもの)でまずカバーし、その上からシートで更にカバーすることが多いのですが、幸い?小僧の学校は透明シートのみでOK

 

とはいえ、縦横大小様々なノートと教科書、全部合わせて20冊以上に及ぶ本にカバーをつけるのはなかなか大変な作業で、これだけで何時間もかかるんですよね。

 

というのは、この透明シート、スーパーや文具店で売っているのですが、布地のように、120cmくらいの幅で巻かれているのを「○ヤードちょうだい」と言って切ってもらうのですね。このやたらと縦横に長いシートを、教科書やらノートの大きさに合わせて切るのって、結構難しいんですヨ。

 

日本のように、角のきっちりとしたランドセルを使っていれば、多分問題はないのでしょうが、ここではリュックサックを使うのが一般的。どうしても本なんかが傷むのは早いんですよね。だから、カバーをつけた方が長持ちする、っていうのは良くわかるんですが。

 

それでも、毎年、この時期になると、大きなため息が出てくるのも事実。4日には学校での会合があり、その時に教科書・ノートを提出しなければならなかったため、大急ぎで済ませましたが、ホント、大変でした。

 

仕事も始まって、とにかく大変だった今週。週末くらいはのんびりと休めるかしらん。




[ 2007/01/07 21:18 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/122-e370aae2