サッカーU-20ワールドカップ予選 

グアテマラ人って、大舞台に弱い、というかプレッシャーに弱い、という印象があります。
だから、肝心の時に力が出し切れない。
この前のワールドカップ予選もそうだったような気が致します。


さてそこで、期待の星の登場。
やっぱりサッカーではありますが、U-20代表はなかなか前評判も良く、
ワールドカップの最終予選までこぎつけました。
入ったグループは、アメリカ、パナマ、ハイチからなる4カ国。
上位2カ国が本大会に出場できるのであります。


その最終予選がこの一週間続いておりました。
最初はパナマと1-1の引き分け。
2試合目がアメリカで0-0の奇跡の引き分け。
その他の試合はアメリカがハイチに勝ち、パナマもハイチに勝ち、
ハイチ戦に2点差で勝てばアメリカ-パナマの結果如何に係わらず、
本大会出場が決まる!!!というところまでこぎつけたのであります。


そうは言っても心配のタネはないことはなく。
というのは、この2戦、グアテマラのゴールは0。
パナマ戦の1点は相手のオウンゴールだったのですね。


得点力不足を心配する声に、ロゴリゴ・ケントン監督はこう答えております。
「いや、なんたって相手がパナマとアメリカやもんね。
 でも次戦は皆の草刈り場ハイチよ。
 アメリカが4点、パナマが3点取った相手なんやし、
 ウチだってさっさと2点取らしてもらって、きれいに草刈りして帰りましょ」。
いやいや心強い。


さてさて「本代表だろうがなかろうが、ともかく、初のワールドカップ出場だ!」と
グアテマラ中の期待がずっしりとかかった最後の一戦。
前半はバーに当る惜しいシュートもありましたが、0-0。


とにかく1-0でもなんでもいいから勝ってくれないと話にならない!
ので後半の奮起が期待されたのですが、
なんだかいきなりペナルティーを相手に献上。
ところがこれをGKがファインセーブでふせぎ、
これから流れはグアテマラ側に来るか!?と思ったところで、
ゴールを奪ったのはハイチの方。


このゴールでもうすべてが決まってしまいました。
終わってみれば、2-0で逆に負けてしまい、
既に本大会には出場できないことが決定していたハイチの意地を見せ付けられる結果となりました。


結局1勝もできなかったのはグアテマラだけ。
はあ~、脱力・・・。


Guatefutbol.comというサイトのコメントがすべてを物語っているような気が致します。
「こんなに間近にまで来たことはかつてなかった・・・。
 他の試合の結果によることなく、最終戦に自分たちが結果を出せばいいという・・・。
 ワールドカップまであと90分を残すのみだという・・・。
 それなのに、やっぱりダメだった。
 グアテマラ・サッカーの新たな失敗、
 我が国でもっとも人気があるスポーツにおける永遠の悪夢だ・・・。」


ま、良い方に考えれば、前回のワールドカップ予選、今回のU-20と、
少しずつ目標に近づきつつある、と言うところかしらん。
U-20、良い選手も揃っているので、これを教訓に2010年のW杯を目指して頑張ってほしいな。


それにしても、期待するだけ期待した後でどん底に突き落とされるこの気分。


いや~、慣れると案外いいものですよぉ~(ヤケクソ)。


【2008年3月追記】
Prensa Libre紙の記事をリンクしておきます。
http://www.prensalibre.com/pl/2007/enero/22/161446.html


[ 2007/01/22 19:43 ] サッカー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/120-f829fe3b