時間割 

さて今回は時間割。小僧のクラスの時間割はこんな風になっております。

  

 月:算数 音楽 PC   西語 体育 独語   社会 図工 図工

 火:算数 独語 西語 西語 成長 理科

 水:算数 西語 理科 成長 社会 独語   スポーツ(任意)

 木:算数 独語 社会 西語 PC  理科

 金:算数 チェス  舞踊 西語 体育 独語   音楽(任意)

見慣れない科目・・・と言えば、「成長」というのがありますが、昨年から小僧の学校で取り入れられたもの。どちらかと言えば「お勉強」中心になりやすい学校の、勉強以外の個人の成長についても注目しましょう、という取り組みです。

 

毎日あるのが算数、ドイツ語、スペイン語の3科目。アタリマエのことですが、低学年の間は算数と母国語は基本中の基本。加えて、外国語であるドイツ語には、毎日触れる必要がある、ということなのでしょう。

 

舞踊、というのは正式には「身体表現」という科目名になっておりまして、「踊る」ことよりも「身体を使って表現をする」ことが目的。この舞踊、音楽、図工、体育とドイツ語は専任の先生がいまして、それ以外は担任の先生が受け持つことになります。

 

午後のスポーツはクラブ活動。サッカー、バスケ、陸上、チアリーダーなどの中から、好きなものを一つ選んで参加します。もちろん、強制ではないので、参加しないという自由もあり。

 

金曜日の音楽は、ちょっとややこしいのですが、小僧の学校本体が経営する芸術専門学校が同じ敷地内に(というか同じ建物の中に)ありまして、そこで音楽の実習(ピアノ、バイオリン、ソルフェージュ、合唱などらしい)をします。これは別の学校で受ける、ということもあって、別途お月謝といいましょうか、授業料が必要。小僧は今年から「音楽もやる!」と言い出しまして、やることになりました。

 

この芸術学校、他にも、空手や舞踊(フラメンコ)のコースもあります。今年はプールも完成する予定らしいので、来年からは水泳もあるかも?

 

学園全体として、文武両道、自立した人格の育成を行う、という目標があるようで、ハードはハードなのですが、カリキュラムがしっかりしているところ、生徒に良く目が行き届いていることろ、などは私が気に入っているところです。施設自身も、新しいこともあって明るい雰囲気ですしね。

 

・・・ま、私立の学校ですからね。それくらいはもちろん期待して通わせているわけですが。

 

それにしても、火曜日と木曜日のサッカーの練習をいれると、月曜日から金曜日まで、午後までぎっしりの毎日となってしまいました。宿題もそれなりに出るのに大丈夫かな??とは思うのですが、自分でやりたい、と言いだしたのだし、無理にならない限りはどんどんやればいいでしょ。という気が致します。

 

宿題手伝わなきゃいけないのだけは、ちょっと頭が痛いんですけれどもね・・・・・・




[ 2007/01/29 20:27 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/117-a69efd95