教員スト 

最近巷が騒がしいのは、総選挙のせいもあるのでしょうが、またしても教員がストをやる、というか、やっているから。これ今年3回目のストであります。

 

この国では、組合員である公務員の権利というのは無茶苦茶しっかり守られていて、どんなに不良教員がいても、実際にはなかなかクビにできないのが実情であります。

 

そのいい例が警察官。汚職や犯罪で起訴されているような人物で、警察庁がクビにしたとしても、この人物、労働裁判所に駆け込みまして、不当解雇を訴える。そうしますと、この裁判が終わるまでは、もう一度職務に復帰せざるを得なくなってしまうのですね。

 

警察が機能しないのにはこういう理由もあった・・・・・・のですが、最近法制が変わりまして、警察官についてはこの「復職」なしでの解雇が可能になりました。そんな次第で、23日、560人の警官が一斉解雇にあったばかりです。

 

・・・・・・ひょっとして、警察官って、一人も残らなくなるんじゃないの?という心配もないではないですが・・・・・・。

 

さて教員。これがねー、またひどいんですよ。教員の数はとにかく多いですから、組合としても最大級。この組合を取り仕切るホビエル・アセベドは教員として登録され、教員として給料をもらっていますが、ここ数年間、一度も授業をしたことがないという人物。もちろん、組合員は組合法で保護されていますが、「仕事を全然しなくてもいい」とはどこにも書かれていないんですけれどもね。

 

こんなヤツがいる限り、国内の教育は絶対に良くならない。今年は既にこれで3回目のストで、今日は国内の道路封鎖も予定しているんだとか。いやいや力が入っています。

 

それにしても、要求がまたふざけてるんですよ。給料のアップはもちろんですが(国の予算がいくらか知ってて要求してるのかしらん???)、誕生日には休ませろとか、法定の有給休暇以外にも10日間休暇をよこせ、とか。教員って、1月半ばから10月始めまでしか、基本的には仕事をしませんから、他の職業の人よりも休日が多いんですよね。それなのに、もっと休日がほしいんかい(うーん、あたしだって欲しいかも)。

 

今は、グアテマラ大司教や人権擁護局のトップ(この人物、一体何をしたいのか良くわからない人ですが)が話し合いの仲裁に入っていますが、見通しは暗い模様。子供たちのことが気にならないのかな、先生たち。




[ 2007/04/26 03:56 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/111-2d2ac1d4