サッカー リーガ・ナシォナル最終節 その1 

懇談会があったり、誕生パーティーがあったり、いつものごとくサッカーがあったり、映画を見に行ったり・・・・・・と個人的になかなか忙しい週末だったのですが、55日にはグアテマラが唯一世界に誇れる?リカルド・アルホナ(Ricardo Arjona)のコンサートがあったり致しました。

 

・・・・・・なぜかダビッド・ビスバル(David Bisbal)のコンサートときっちり重なっておりまして、ビスバル君の方には誰も行かなかったんじゃないかという気がしますが・・・・・・。

 

ま、そんな週末に、サッカーのリーガ・ナシォナルも後半戦最終節を迎えました。最終節を前にして上位3チームはムニシパルが31点、ペタパ30点、マルケンセ29点と大混戦。最終節、勝った方が1位となるムニシパル-ペタパ戦、なにやらものすごい打ち合いだったようですが、4-4といずれも譲らず。

 

こうしてまたしてもロホス(Rojos)ことムニシパル(Municipal)が鼻先一つ抜け出してゴールインする結果となったのでした。

 

順位表は次の通りとなっております。なお、試合数は18試合。

 

えーと、文字数が多すぎる!とうるさいので、記事を別にアップします。

 




[ 2007/05/08 04:15 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/107-1f874c8a