公務員=特権階級? その3 

この項の最後に、「じゃあ一体、教員はいくら位のサラリーを得ているか、という話。

 

今年4月から4.35.6%の昇給を獲得しておりまして(だからもって、それ以上何が不満なのか良くわからないわけですが)現行の基本給は社会保障費を除くと、6段階の最低のAランクが月額Q1,794.82、最高のFランクがQ3,991.39となっております。これに手当がつくはずです。

 

確かにそう多い額、とは言えないかもしれませんが、でも、これ、半日仕事ですからね。まあ、そりゃあ、朝が早いのは事実。でも、多くの教員が、午後には別の仕事をしているのもまた事実。加えて休暇が年に3ヶ月もあるのも大切な事実。

 

なお、教員になる資格は、教員養成校(中卒で入学可)を卒業すること。現在、教育省はこの教員養成校の課程を2年から3年にしようとして、学生から大きな反発を買っていますが、2年で卒業ということは、早ければ17歳で教員になれるということ。その年齢で最低ランクの給料なら、決して悪くはない、と思うのです。

 

もう一つつけ加えますと、グアテマラには公立校の他、PRONADEという、地域の共同体を中心としたNGOが運営する学校があります。特にインディヘナの居住地域に多く、彼ら自身の言語とスペイン語によるバイリンガル教育の推進役ともなっています。ちょっと記憶が定かではありませんが、PRONADEの教員の給与は、一部を教育省が、一部をNGOが負担する、という風になっていたと思います。もちろん、お給料は公立校の教員よりも下。そんなPRONADEを、公立校の教員は廃止を求めています。ま、教育省がPRONADEを進めれば、自分たちがクビになるかも!?ということがあるからなんでしょうが、何とも後ろ向きな・・・・・・。大体、どんなにクビにしたくても、そう簡単にはクビにはならない!ってグアテマラ中が知っているのにね。

 

ま、この大騒ぎも、とりあえずひとまず終息。来週の月曜日からは、授業も復活しそうです。さてさて子供たち、勉強していたことを覚えているんかな・・・・・・?




[ 2007/05/12 20:51 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://guatebuena.blog108.fc2.com/tb.php/103-e82f96f0