ロドリゴ・レイ・ローサ「聾者」 

ロドリゴ・レイ・ローサのLos Sordos、今日は時間があったので一気に読めました。


前回書いたプロローグに続いて、
今度はグアテマラシティで資産家の娘であるクララが失踪します。


おじのチェペの紹介でクララのボディーガードとなったカエタノは
やがてクララに恋心を抱くようになるが、
クララの失踪には一家の弁護士でありクララの愛人であるハビエルが係わっているとみて
クララの行方を追求、
二人がアティトラン湖畔の村にいることを突き止める。


この辺りまではかなり現実的な、
本当にありそうなストーリーなのですが、
ここから先は趣が変わっていきます。


ハビエルは実はクララを誘拐し、
自分の意のままになるよう薬を飲ませて
湖畔のホテルを買い取ると友人の医師と共に病院を設立、
そこに住み込んでいた。


カエタノは2人と会った帰り道にバイクで事故を起こし
大怪我をして彼らの病院に運ばれた。
カエタノは病院で洗脳や人体実験が行われていると思い
病院を抜け出すと、
近くの町の人達に助けを求めた。


住民らはカエタノの話を信じ
ハビエルの友人が市場に買い物に来ていたところを捕らえると
住民裁判にかけるために広場に連行した。


話を聞いたハビエルは使用人でツトゥヒル族のパブロの助けを求め
パブロはツトゥヒルの長老の助けを得て、事なきをえた。
カエタノはクララの兄(弟?)のイグナシオにも連絡し、
病院の人体実験について検察の捜査を求めたが
病院を訪れた検事らは病院に何ら不審な点を見つけられないままその場を後にする。


このシーンではグアテマラの警察、検察といった司法当局の人物も登場すれば
マヤ族独自の習慣、掟も出てきます。
司法が機能していないグアテマラの警官たちの軽さと
いざとなると大きな影響を引き起こすことのできるマヤの長老たちの重さの対比は鮮やかです。


聾者を「別の世界を知っている、特別な力を持つ者」とするマヤと
聾者を外科手術で治療することを良しとする社会。
そんな今のグアテマラの姿を、
誘拐失踪、リンチといった暴力犯罪と合わせて描いたのがこの「聾者」で
世間ずれしていない生真面目な、それ故に他人からなかなか聞いてもらえないカエタノの視点が
おもしろいというか、じれったいというか。


レイ・ローサの作品の中でも読みやすいものではないかと思います。
今まで読んだ中では一番気に入ったかも。


[ 2012/12/01 23:20 ] | TB(0) | CM(2)