映画「イノセント・ボイス」 

Voces Inosentes(ボセス・イノセンテス)という映画、
日本でも上映されたことがあるそうなので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。
邦題は「イノセント・ボイス~十二歳の戦場~」。


エルサルバドルでは1980年から12年間内戦が続きましたが、
1972年生まれのオスカル・オルランド・トーレスがその頃の実体験を元に脚本を書き、
ルイス・マンドーキが映画化。
1984年頃のエルサルバドルの内戦を子供の視点で見たものとなっています。


エルサルバドルは四国を二回り大きくしたような小さな国で、
主要都市であるサン・サルバドル、サンタ・アナ、サン・ミゲルは
いずれも海岸から少し山側に上ったところにあります。
ゲリラはその主要都市から北、ホンジュラスとの国境側を拠点としていましたが、
映画の舞台はサンサルバドルの北にあるクスカタンシンゴという町。
サンサルバドルは四方を山に囲まれた盆地ですが、
クスカタンシンゴはその同じ盆地の中、首都を窺える位置にあります。


さらに山を越えて北方にはゲリラの勢力の強いチャラテナンゴという町もあり、
ゲリラにとってクスカタンシンゴは通路であり潜伏地でもあったため、
激しい市街戦の舞台となった場所なのではないか・・・と思われます。


特に83年から84年にかけてというのは、FMLNが結成されて一番勢いのあった時代でもあり
故に国軍にはゲリラ掃討を目的とするエリート部隊も結成され、
ゲリラに協力していると見なされた町や村は容赦なく焼き払われ、
84年後半にはゲリラの勢力も大きく後退するのですが、
映画に出てくるのはその直前の、
ゲリラに対して国軍が勢力を盛り返そうと激しい戦闘を繰り返していた、
そういう時代背景の頃の物語です。


前置きが長くなりましたが、以下はネタバレ有のストーリー。
主人公のチャバはもうすぐ12歳になる11歳。
父親はアメリカへ出稼ぎに行ったきり不在。
母親と妹・弟と共に、雨が降れば雨漏りするような粗末な家ながら
友人達と楽しく過ごし、母親を助けるためにバスで働いたりする
そこら辺にいる普通の男の子です。


しかし時代はチャバを普通の子供のままにおいてはくれない。
12歳になる男の子は徴兵されるから。
子供たちが勉強する学校へ兵士の一団がやって来ると、
12歳になった(中には12歳にも満たない)男の子を呼び出し
トラックに乗せてそのまま連れ去ります。
少年兵というのは決してゲリラ側だけの話ではなく、国が強制するケースもある。
それが現在の治安の悪化に繋がっている可能性も大きいと思うのですが、それはまた別の話。
そうしてチャバの友人も連れ去られて行きました。


ゲリラのメンバーでもある叔父のベトがある日一家を訪ねて来て
このままではチャバ徴兵されるから、俺に任せないかと母親に言いますが、彼女は拒否。
ベトはチャバに小型ラジオを渡し、
ゲリラが運営しているラジオ局、ベンセレーモスを聞くようにと教えます。


街中の至るところで軍の監視の目がある中、
「禁止されている歌」をラジオで聞いていたチャバを救ったのは教区の神父。
大音量で教会のスピーカーから同じ歌を流し、
チャバを救ったものの、神父は軍から目をつけられることになります。


チャバが思いを寄せるクリスティーナ・マリアとは
一緒に紙風船の蛍を飛ばしたりと楽しいこともあったのですが、
日中に小学校の付近で激しい戦闘があり、小学校はその後休校、
チャバたち一家は少し遠くの祖母の家へと避難してゆきます。


しかし、安全だと思われた村にも内戦の影は忍び寄り・・・、
12歳になったチャバはいつ徴兵されても不思議ではない。
チャバがクリスティーナ・マリアの家を訪れると、彼女の家は戦闘で破壊されており
焼け跡の中から彼女が着ていた服の切れ端を見つけます。


チャバは友人らとゲリラに加わることを決心、
ある夜、ゲリラのキャンプ地に辿り着きますが、
後をつけられていたために国軍に急襲され、チャバら4人は捕らえられます。


このシーン・・・、激しい雨が降る中、子供たち4人が手を頭の後ろに組んで歩き、
両脇を武装した兵士らが囲んで行く重い映像は印象的。
銃撃戦の中、ベトがカサ・デ・カルトン(段ボールの家)という歌を爪弾くシーンと
このシーンは本当に印象的です。


子供たちは川原に跪き、1人ずつ処刑されてゆきます。
しかし、チャバが処刑されようとした瞬間、ゲリラの攻撃があり
チャバは命からがら逃げのびます。
死んだゲリラの武器を奪って兵士を狙おうとした瞬間もあったのですが
彼には引き金は引けず。


家に戻ると、村が焼き払われて家々は大きな炎に包まれており、
チャバは絶望にくれます。
しかし村人たちは既に村から逃れた後で、
翌日?村に戻ってきた母親と再会を果たします。


無事難を逃れることが出来たチャバでしたが、
そのままでは彼の明日はあまりにも危険・・・。
そう判断した母親は父親のいるアメリカへとチャバを旅立たせます。


映画はここでおしまい。
映画が扱っているのは、何のための内戦だとか、
誰が正義で誰が悪かだとか、そういう小難しい理屈ではなく
戦火に逃げ惑いながらも、生き延びようとする人たちの日常であり、
理不尽に追い回され、殺される側となるのみならず、
否応無く徴兵され、あるいはゲリラとなり、殺す側に回った人たちの姿でした。


我が家の小僧はちょうど今12歳、チャバと同じ年です。
大人びたところも出てきたとは言え、まだまだ子供のこの年頃の子が
軍服を着て、重い攻撃銃を担ぎ、人間に向けて発砲する。
私には想像もしたくない世界の物語ですが、
過去の歴史の中だけではなく、現在も存在していることは忘れてはいけないでしょう。


チャバや友人たちの物語が、エルサルバドルに限定されるのではなく
世界中の紛争地全てで繰り返されているのは想像に難くなく
(それでも逃れることのできたチャバは運が良いのでしょうが)
いつまでたっても争いを止めることのできない人間の性に絶望しそうになるわけですが。


余談ながら、この話を小僧にしたら
「そうそう、スパルタでは12歳で戦士になったんだよ」
と社会で勉強した古代ギリシアの話を持ち出されてしまいましたが(笑)、
「グアテマラはとりあえず内戦終わってくれて良かったじゃん」と言ったら
「現代のグアテマラでは、軍の代わりにマラスが勝手に徴兵すんだよ」
ってもっと希望のない話になってしまったのでありました。


あれ、こんなハズじゃ・・・。




この映画、YouTubeに10分ずつ11編に分けてアップされているので、
画質はあまり良くありませんが見ることは可能。
スペイン語音声です。


エルサルバドルをご存知の方なら、
登場人物のしゃべりに「え?」となるかも。
サルバドル人の発音はもうちょっと平たい感じだし、
Vosを全然使わないのね、とか、
まあ言い出せばストーリーに不自然なところもあるよね、とか
突っ込みどころはあるわけですが、それを越えて見る価値のある映画だと思います。


貼り付けたのはPart 3、チャバがバスのアルバイトをゲットし、
普段の学校生活の様子が描かれているのですが、
一転して学校へ兵士達がやって来て友人が連れて行かれるシーンなどもあったり。
最後には紙風船を飛ばす美しい場面もあります。



[ 2011/05/08 22:18 ] エルサルバドル | TB(0) | CM(2)