大統領のメンチュさん評 

最近Wikileaks関連の話題はかなり沈静化した感がありますが、
先週、グアテマラではWikileaksがすっぱ抜いた電報で一騒動がありました。


2008年7月に当時の駐グアテマラ米大使のサヨナラパーティーで
当時も今も大統領なコロンさんが
1992年のノーベル平和賞受賞者であるリゴベルタ・メンチュさんについて
失礼なことを言ったとか何とか・・・・・・。


2008年といえばコロンさんが大統領に就任した年。
就任して半年を過ぎ、そろそろ調子に乗ってきた・・・・・・じゃなくて
陰の大統領はやっぱり大統領夫人だったってことがばれてきた・・・・・・でもなくて
そろそろ自分らしさが出てきた頃ではなかったか・・・・・・と思います。


調子が出てくると舌も滑らかになる!
しかも相手は何といってもアメリカ大使だし!!
ワシ、アメリカは好かんけれど、どうせもうおらんくなる奴相手やし、
最後にはワシの格好いいところ見せておいて、
本国にもちょっと印象つけておいてもらわんとな!!!
という事情でつい舌が滑りすぎてしまった・・・のかは知りません。


そりゃもちろん、噂の当人にはナイショ、相手はアメリカ大使で
二人の会話は漏れないはず・・・。
あれでもその会話がアメリカ本国に報告されるってことは考えなかった?
それとも自分を大きく見せたかった?
それでもかなり失礼な内容ではあるな・・・という風には見えるのも事実です。


その当国にあるアメリカ大使館が打った公電の全文はこちら(英語)
リゴベルタさんに関して書かれているのは最後の方、
7及び8と記されている段落です。


話題は2008年の6月21日、
グアテマラシティの西郊外にあるサン・フアン・サカテペケス市で、
セメント工場建設反対派の先住民が
セメント工場建設に関わっていた人物を殺害したという事件から入っています。
で、コロン氏は得々とこう語るわけです。
「あの事件はメンチュも悪いよ、
 反対派の先住民に自分達の土地を守るようけしかけていたんだから」。


こうしてメンチュさんが話題になったところでこう続くのです。
「彼女はエリザベス・ブルゴスの創作にすぎん。
 (注:ブルゴスはメンチュが広く知られるきっかけになった「私はリゴベルタ・メンチュウ」の作者)
 グアテマラの先住民はメンチュのことを嫌っとるんよ、
 その証拠に2007年の大統領選挙では全然ダメやったろ?」


そして仕上げに余計なネタまで披露。
「メンチュがどこでスペイン語を覚えたか、ワシは真実を知っとる。
 姉のヨランダがゲリラだった頃、山の上で教えたんや」。


まあ米大使の目的はメンチュさんネタよりは
当時話題になっていたベネズエラからの石油の買付けが中心だった模様。
メンチュさんの話題はおまけだったわけですが
大統領が陰でこんなことを言っていたということを知ったリゴベルタさんは大激怒。


もっとも、激怒すればするほど、
「確かにこれについてはコロンの言ってることが一理あるわい」
って風に見えてしまうのは皮肉なんですけれども。


Wikileaksの文面を読むとわかるのですが
コロンの批判はインディヘナ全体に向っているのではなくて
メンチュさん個人に向けられたもの。
言い換えれば「自分は非先住民なのに先住民の支持を受けた、
彼女は先住民なのに同族から反感を持たれている」
という優越感がそこはかとなく漂ってくるという・・・・・・。


もちろん大統領は
「いや、あれは誤解だよ、メンチュさんには電話で謝った」
と言っていましたが、どうやらリゴベルタさんの気持ちは治まらなかったようで
先住民のリーダー達にも呼びかけて抗議をしたのではなかったかな。


リゴベルタさんが先住民、非先住民を問わず
一般のグアテマラ人から支持を得られないでいるのも事実なら
コロン大統領の口は災いすぎるのもまた事実。


一国の大統領が、他の国の大使を相手に語るような内容としては低レベルで
またしてもやりきれない気分にさせて頂いてしまったのでありました。


個人的にはこの「コロン大統領によるメンチュ評」よりも
「アメリカの外交官が見たコロン大統領及び大統領夫人評」という方が
とっても見てみたい気はするんですけれど(笑)。



[ 2011/01/24 23:48 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

カルダモン 

カルダモンって日本ではあまりおなじみのないものだと思うのですが、
ひょっとしたらエスニックブームに紛れ込んで
メジャーなスパイスになっちゃったでしょうか。


今日、そのカルダモンの実を貰っちゃいました。
写真上がホールグレイン、その下のが実を割ってみた中身。
干からびた種が3つばかりと種を取り出した残り。
ホールグレインの大きさはコーヒー豆くらい。



何でも、高級なカルダモンというのはもっと緑が濃いらしいのですが、
それでもわっと広がる強烈な匂い。
それもそのはず、カルダモンってショウガ科の植物なんだとか。納得。


カルダモンはインドやマレー半島付近が原産国で、
インドや中近東で料理やチャイやその他もろもろに使われていますが
グアテマラの北部、特にアルタベラパス県付近はインドの気候に似ているんだそうで
カルダモンの生産が盛んです。


というか、実はグアテマラって世界最大のカルダモン生産国なんだそうです。


グアテマラにカルダモンが持ち込まれたのは1914年。
当時アルタベラパスの農場で働いていたドイツ人のオスカル・クロッフェールが
薬剤師だった父に頼んで送ってもらったのがきっかけだったとか。
当時カルダモンは薬に匂いをつけるために使用されていたそうです。


そうしていつの間にか国内生産が増え、
輸出までされるようになったカルダモンですが
国内で消費されるのはほんのわずか。
それでも生産地のベラパスに行けば
カルダモン・キャンディーとかカルダモン・ガムとか、そういう物があってみたり。


私は以前カルダモンのガムを貰ったことがあったのですが
余りにも個性的な味だったので以降カルダモンのスイーツは辞退することにしています。
念のために書いておくと、「まずくない」とおっしゃる日本人もいます。


2009年の中央銀行による統計では、
カルダモンの輸出額は3億ドル。
グアテマラと言えばなコーヒーの輸出額が5.8億ドルと書くと
ちょっとすごいんじゃない?という気がしませんか。


ちなみにコーヒーの輸出額は2002年との比で2倍ちょっとですが
カルダモンは3倍ちょっと。
というわけで将来が期待されるか・・・と言われるとどうやらそれほど薔薇色ではないらしく。


競争相手となるインドはグアテマラよりも高品質のカルダモンを生産するんだそうです。
でもグアテマラ産のカルダモンの方が安価で供給不足だったために
生産がぐっと伸びた時期があったらしい。


でもその後インドも安価のカルダモンを販売するようになったりするとだぶつき、
在庫調整やら生産調整をしないといけない時期もあったようです。
そんなわけで生産を放棄する農園も出てきたり・・・・・・。


カルダモンの生産者は大抵国内の輸出業者と取り引きして現金収入を得、
輸出業者が輸出手続き等を行うかわりにおいしい部分を頂く、という仕組になっているようです。


そうしてカルダモンが行き着く先は
80%がサウジアラビア、アラブ首長国連邦、シリアなどのアラブ諸国。
残りはシンガポールとかアメリカとか・・・(日本が輸入しているカルダモンはインド産)。


ラテンアメリカでカルダモンを生産している国はいくつかあるようですが
それなりの量を輸出しているのはグアテマラの他はホンジュラスとコロンビア。
まあでもコーヒーと一緒で、いいお金になるとわかれば参入してくる人も増えるかも・・・、
でもコーヒーほどには世界規模では売れないですから、だぶつけば直ぐに値崩れ。
そうなってくると、コーヒーと同じで今度は品質の勝負になるのでしょうか。


先のことは全然わかりませんが・・・・・・、
グアテマラにカルダモン栽培が根付いたのは幸運の産物とも言えるわけで
一体どこで何が起きて、どう転ぶのか、わからないものですよね。


国内での需要があまり望めないこの商品作物、
この先成長するのか、そうならないのか、何だか気になる物ではあったり致します。


*グアテマラ中央銀行、グアテマラ農牧省、Cardeguaのサイトを参考にしています。


[ 2011/01/20 23:22 ] グアテマラの住人たち | TB(0) | CM(2)

今更ながら、日本旅行のこと 

ちょっと時間がかかってしまったのですが、
日本旅行の時の写真をFlickrにアップしました



わざわざ見て頂くほどの写真ではないですが
行ったところを大体網羅しているかな・・・。
ン十年ぶりに行った兼六園も良かったですが、
久しぶりに雪が降るのを見られたのが嬉しかったです。


雪があんなに降るのを生まれて始めて見た小僧は言うに及ばず。
雪だるまつくったり、雪投げしたり、そりのまねっこしたり、雪かきしたり。


その後も日本の大雪の話を聞くたびに
「雪かきしたい」とかつぶやいています。


個人的な感想は、多分日本にずっといらっしゃる方は
景気が悪いとか実感されているのかもしれませんが、
私には相変わらず豊かで金満な国に見えました。


何と言ってもスーパーやら商店やらの品揃えの豊富なこと。
それも、あれもこれもこれもあれも欲しくなるような、
購買意欲をそそるものばかりで
逆にこんな国でギリギリの生活をするのは
グアテマラでビンボー生活するより遥かに厳しいかも、と思ったり。


でもやっぱり、快適すぎるぐらいに快適ですよねぇ~、日本の生活(笑)


グアテマラに帰って来るといつもしばらくはカルチャーショックに陥ります。


でもグアテマラだと他人の目をあまり気にしなくてもいいというメリットもあったり。
日本風な「あれはダメ」「これはダメ」と言う暗黙の了解が
見た目日本人でも中身外国人な私にはちょっと気を使うポイントだったり。


そう言えば、エスカレーターの右開け!
グアテマラでは絶対に見られない風景なので小僧が大喜び。
グアテマラに帰って来てからも「ママ、右側開けとかないと」とか言われています。


グアテマラでエスカレーターがあるところってショッピングモールくらいなので
「急ぐ人のために片側開ける」という発想そのものが成り立たないと思うのですが
日本だと、どこへ行っても几帳面に片側開いてますよね。
混んでいる時は却って非効率なんじゃないの?と思うのですが、これが文化なのかしらん。


[ 2011/01/18 22:56 ] 旅行記 | TB(0) | CM(2)

新年にちょっと考えてみました 

新年早々グアテマラシティーであったバス爆破事件。
バスの中で爆弾が爆発し、多数の死者(現在のところは7人)を出したというニュースは
どうやら日本でも報道されたようで、何とも物騒な年の始まり・・・
と思われた方もいたかもしれません。


この事件では加害者としてエラク肝のすわった女性が逮捕されていますが、
これとは別にバスの運転手がストリートギャング団から要求されていた「安全税」を
会社側?が用意していたのにそれをネコババしていた人物がいたとして逮捕された・・・とか
何だかあまりにも情けなくなってしまう話まででてきたり・・・


仕掛けられた爆弾にはガソリンが仕込まれていたらしく、
バスはあっという間に全焼、
母子4人で乗った一家の3人が亡くなり、生き延びた1人も重傷となった話は
ニュースでも大きく取り上げられていますが、
もう本当にこんな話ばかりではちょっと辛い・・・


ので今年はどちらかというとおちゃらけかつ真剣に書けたらいいなぁ・・・と思っています。
そうしてもうちょっとこの国の将来のこととか考えてみたいなぁ・・・


小僧も今年は小学校6年生。
順調に行ってくれれば小学校卒業の年。
ケジメの年でもあるし、いろいろと回りが見えてくる年頃です。


彼らが成年となった時、今よりも良いグアテマラであってほしいんですけどね・・・じゃなくて、
今よりも良いグアテマラであってほしいですからね!


[ 2011/01/05 23:02 ] できごととか | TB(0) | CM(2)

新年に 

2DSCN4324.jpg

あけましておめでとうございます!


こんなに更新が滞っていてもいつもブログを覗きにきてくださる皆様、
大変お世話になっております。
相変わらずのナマケモノですが、
また少しずつ復活していく予定ですので
よろしければまたお付き合い下さい。


実は12月はしばらく実家に帰っておりました。
たまたま冬型の日々が続く寒い日ばかりだったのですが、
雪が降って積もったのを見たのは初めての小僧は大喜び。
(積もった後の雪なら見たことあったんですけれど)


♪い~ぬはよろこび に~わかけまわり

状態のハイテンションな日が続いたせいか
帰って来た途端にくたびれ果てて
一日18時間睡眠と、乳児だった時以来ではないかと思われる一日最多睡眠時間を更新。


私もおつきあいの雪かきのせい?か腕やら足やらが痛いです・・・。


という話はともかく、相変わらず寒そうな日本の皆様も
暖かい割にはやっぱり寒いグアテマラの皆様も、
あるいはその他のどこかの皆様も、
どうぞ良いお年をお迎え下さい。


この一年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。


[ 2011/01/01 00:00 ] できごととか | TB(0) | CM(0)