「死体を見たことある?」 その1 

む。3週間あいてしまいました・・・。


8月はバタバタと忙しかったこともあって、
ゆっくりと文を練ってる余裕がなかった・・・というのは言い訳です。


グアテマラウォッチングにも疲れてきていたりもするのですが
(だって全然良くなる兆しがないし)
9月はもう少し書けるといいな・・・と期待しつつ。
8月最後の日に少し書いておこうとおもいます。


これだけあると、あれを書こうかこれを書こうか迷うわけですが
いきなり時事に戻るのもちょっと辛いので
8月29日のエル・ペリオディコ紙に載っていた記事をご紹介しようかと。
もっともこの記事も実に辛い記事だったりするんですけれど。


グアテマラシティは危ない・・・と良く言われますが、
どこも同じように危険なわけではありません。
危険地帯として有名なのが7区や18区の一部。
こういうところには出前や宅配サービスはおろか、タクシーでさえ近づかない。


そういう危険な地区と呼ばれているところに住む子供達に
「死体を見たことある?」と聞いたのがマルタ・サンドバルという新聞記者。
本文が長いので、前後半、多分2回に分けての掲載となると思います。
以下、原文通りではありませんが、ほぼ訳となっています。




「死体を見たことある?」


「ここからね、血が出ていたの」
マリアは首を触りながら話す。ダニエラはそれを遮って言う。
「そうそう、撃たれて、ものすごい血が出てた」
他の子供達は銃で撃たれたところからどんな風に血が流れ、
どういう風に命が失われ、やがて消えていくかを知っているとでも言うように頷いた。
この子供達はテレビで見て知っているのではなく、実際に見て知っているのである。


ミスコ市の公立小学校5年生の教室である子供が話してくれた。
「お腹を刺すと洋服がみんな真っ赤になる。
 一度見たことあるよ、白いシャツだったんだけれど、すぐに真っ赤になった」。
このクラスの子供達はまだ11歳になっていないのである。


死のすぐ側に住んでいる子供達はそれがどんなものかを知っている。
死体の周りに人が集まっているのを見ると、怖がるのではなく野次馬の中に紛れ込む。
他の子供達が映画でしか見ないものを、彼らは見ているのである。


危険地区のいくつもの小学校を訪れて、暴力犯罪をどう思うかを尋ねてみた。
もちろん子供達には犯罪を捜査しているのではなく、
加害者を知ってるかどうかも言う必要はないことは念を押した。
私の目的は加害者を探し出すことではなく
2010年のグアテマラの子供達がどんな風に成長しているのかを知るためだったからである。


話をした170人の子供達のうち134人が死者を見たことがあると答えた。
何人もの死者を見たという子供もいる。
更に驚くことには、死の瞬間に居合わせたという子もいる。
カロリンヒア、ミラグロ(といった住宅地)やサコフ村では
ほぼ全ての子供達がそういう経験を有していた。


精神衛生連盟のマルコ・ガラビオトは次のように語る。
「暴力犯罪にさらされると、精神衛生や行動に影響を及ぼすが、
 子供の場合はその影響が大きい。今更調査などしなくても、明らかだ。」


「暴力犯罪に慣れるにつれ、自分でもそれを行うようになる。
 それが普通だと思うようになる。それが人間性や人生の一部だと思い込むようになり
 自分で犯罪行為を行うようになる。
 この国で、暴力行為がどんな風にエスカレートしていくかを見れば明らかだろう。
 慣れるのみならず、人間らしさを失っていく。
 2009年3月、ロス・ゴリオーネス少年院で、
 少年たちのグループが英語の教師を殺し、心臓を取り出して踊ったという話がその例だ。
 彼らは完全に人間らしさを失っていた」。


タクシー運転手が殺害された。遺体は車の脇の路上に残されている。
警察は「犯罪現場」と書かれた黄色いテープを周囲に張る。
大人はその周りで見ているが、小さい子供2人がその下を通って中へ入っていった。
このような光景は珍しいものではない。
死者があるところには、子供もいるのである。


子供達に、通りで死者を見たらどうするのかと尋ねてみた。
129人の子供達が近づいて見ると答えた。
どうして側に行くのかと尋ねると、女の子が答えてくれた。
「パパじゃないかどうか確認するため」。


他の子供達もこれに同意した。
死者が自分の父親や兄弟ではないことを確かめるために近づくのだ。
子供達は、誰もが被害者となりうることを知っている。


ガラビトは語る。
「警察が来て犯罪現場保護のテープを張るが、生きている人のことは気にしていない。
 テープは遺体から1m半のところに張られる。
 どうして30m離さないんだ?生きている人を守るという意識がないからだろう。
 暴力行為を間近でみないようにするための簡単な方法なのに」。
例えば、ロンドンでは犯罪現場のある区画ごと閉鎖するという。
そのため、どんなに首を伸ばしてみて遺体を見ることはできない。
捜査員や家族だけがそこへ入ることができる。
交通渋滞が起きるのは事実だろう、
しかし、渋滞でトラウマになる人はいないが、遺体では起こる可能性があるのである。


ガラビトは続ける。
「黄色いテープの後ろで死者を見ていた子供達は人間性を失ってしまう。
 そして連鎖反応が起こるのである」。


教師らの一人は生徒達が日々経験する恐怖について涙ながらに語ってくれた。
彼女は子供達が今日はクラスにきていても、
明日になれば恐喝の片棒をかついでいるかもしれないと心配する。
「子供達を救うためにはどうしたらよいのでしょう?何ができるのでしょう?」
彼女は繰り返したが、答えはなかった。


ガラビトは語る。
「暴力現象は世代を経なければなくすことはできない。
 政治家が、100日以内に犯罪をなくしますとか、
 何月何日の何時に犯罪をなくしますとか、言ったところで何にもならない。
 そして新しい世代のために多大な投資をするべきだ。
 悪の連鎖が断ち切れるのはそこからだ」。
精神衛生連盟は暴力犯罪から子供達を守るためのキャンペーンを進めている。
スローガンは「暴力的に生まれた子は誰もいない」。
子供達に暴力行為は義務ではなく、選択できるものなのだと教えるためである。


暴力犯罪が日常的にあるのかと5年生のクラスで聞いてみた。
答えは一斉に「はい」であった。
「だって毎日あるんだもん」とある子が言ったが、
それに異を唱える子は一人もいなかった。
沈黙があって、やがて女の子が恥ずかしそうに手を上げて発言した。
「普通だからって、それがいいことだって意味じゃないと思う」。
教室は沈黙に包まれた。


しかし、危険地区の子供達だけが危ないというわけではない。
小児心理学者のサラ・ペレイラは話す。
「この国の子供達全員が犯罪行為と共に生きるというリスクを負っています。
 マスコミが提供する内容、周囲の会話、
 誰かの携帯電話が盗まれたとか、殺されたとかいう話。
 そういう話を聞くことでトラウマは大きくなっていきます。
 父親が強盗に襲われたとか、家族の誰かが犯罪にあったとかいうことで
 トラウマを負った子供を何人も診察してきました。
 家族が犯罪の被害者になるかもしれないと感じる子供達は、不安になり脅えるのです。
 恐怖を感じ、悪夢を見るようになり、学校の成績は下がります」。
ペレイラは、父親の車で信号待ちをしていた時に、
バイクに乗った男が父親のこめかみにピストルをつきつけた子供のケースを話してくれた。
父親が携帯電話を渡すと男は走り去ったが、子供は長い間夜眠ることができなかった。
ようやく立ち直ったと思った時に、
今度は家族と行ったモールで男性が殺される事件に立ち会ったのである。



今日はここまで。続きは後日。



[ 2010/08/31 23:21 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

パボン物語 VI 

アレハンドロ・ジャンマテイ(Alejandro Giammattei)は2006年から07年、
刑務所や拘置所を管轄する更生施設局の局長を勤めた人物です。


オスカル・ベルシェ政権下(2004~08年)、
刑務所関連では囚人の集団脱獄事件があったり、
刑務所が実は当局ではなく囚人の支配下にあることが取り沙汰されたり、
確かそんな時期に局長に就任したのだったと思います。


そのジャンマテイの「功績」とされたのがパボン刑務所の改革。
パボンは既決囚の社会復帰を目的とした刑務所なのですが
ここは囚人らの自治委員会である規律委員会というのが支配していて
当局の担当者でもおいそれと中に入れないようなところ。


この世を謳歌している囚人は敷地内に家を建設し、
家電製品完備の優雅な生活を送り、
一方上納金を納められない囚人はこき使われたりしていました。


そういう話をなんか以前書いたような記憶があるな・・・
と思って探したらありました。なんと全5部作。
パボン物語 I
パボン物語 II
パボン物語 III
パボン物語 IV
パボン物語 V

I~IVは当時の新聞に掲載された記事を訳したもの
Vはそのパボンを再び当局の支配下におくべく行われたオペレーションについて。
ざっと読み直して若干手を入れています。


さて、その2006年9月に刑務所を指揮下に治めるために行われたオペレーション、
どうやらパボ・レアル(孔雀)という名前がついていたらしいのですが
その時に規律委員会の幹部7人が殺害されたことに関して
「超法規的処刑」という罪名にて18人に逮捕命令が出されています。


前述のジャンマテイもその一人。
その他にも当時の内相カルロス・ビエルマン、
警察庁長官のエルウィン・スペリセンなどがいるわけですが、
ジャンマテイがクローズアップされているのは
前回選挙時の大統領候補であった人であり、
先週金曜日に「脅迫を受けている」としてホンジュラス大使館に亡命を求めた人であるから。
ジャンマテイ、現在もホンジュラス大使館にいるそうで、
同大使館の前には当局の見張りがついているという物々しさ。


この事件の捜査には当国の人権擁護局(PDH)、そしてCicigが絡んでいます。
事件が正式に再捜査されるようになったのは先月のことと聞いていますから
ちょっとびっくりするような展開の速さであり、
呆気に取られるような出来事でもあります。


なぜなら、当時はこのオペレーション、大喝采を受けたのですよね。
私も快哉を上げた内の一人です。
それなのに何故今頃になって・・・・・・、という部分については
いろいろ思うところもあるのですが、
これはもう少し状況を整理してから書くことにして、
PDHには「くそったれの役立たず!」という名称を贈呈させて頂きたいな、と。


当時、パボンで囚人の人権が著しく侵害されていた時、
そのためにPDHが何かしたことがあったんだろうか。
人権を抑圧している人物を限定して当局が殺害を決定したのは法的には違法。


それはその通り。


でも、その選択肢も已むを得ないくらい、切迫した状況だったのだと思う。


それを思えば「殺された7人の人権は」なんて口が裂けたって言えるものか。
自分が正義です、なんて面してテレビカメラの前に立てるものか。


大多数の国民のために善をなそうとした人たちが
こんな風に公開処刑されてしまうのは、見ていて胸が痛いです。


ジャンマテイは来年の大統領選挙にも出馬すると見られていましたから
政治的理由による社会的追放という見方も成り立ちます。
現政権にとって、証拠をいじったり、有利な証言をしてもらうこと、
何の造作もないですからね・・・。


またしてもどんよりと絶望してしまうような出来事ではありました。


[ 2010/08/10 23:54 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

車両通行税 

昨日の続きを書こうかと思ったのですが
今日はあまり時間が取れなさそうなので、
その話はまた別の日に、ということにして。


今日は税金のお話。
日本で言うところの何税に当たるのか良くわからないけれど
Impuesto Sobre la Circulación de Vehículosという税金。
車両通行税とでも言えば良いのかしら。
年1回、車を所有する人が支払うこととなっています。


車の種類、年式等に応じて税額が決定されますが、
税金としてはそんなに高いものではありません。


加えて支払う期間は1月から7月末日、
SAT(税務署に相当、サットと読む)でさっと払ってきても良いし、
市中の銀行(どの銀行でも良いわけではないけれど)でも払えるし。
支払った人には車に貼り付けるシールが手渡され、
こうして税金を支払った人と支払わない人が区別できる、という次第。


こう書くと、支払うの簡単だし、
ほとんどの人が期間内に支払った、と思うでしょ。


ところがところが。
最終日だった昨日8月2日の15時時点で、未納が25%。
7月の最終日が土曜日になったことから
2日延長されて8月2日が納付期限となっていたのですが
それにも係わらず、25%が未納。


支払う方に問題があるのか、集金する方に問題があるのか。
いや多分、どっちもそうなんでしょうけれど。


この簡単そうに見える通行税の支払いがなかなか煩雑になるのは
車に交通違反の罰金がついている場合。
この場合、罰金を支払わないと通行税を納付することができません。
税金を払おうとすると窓口でチェックされ、
罰金がある場合には支払いを受け付けてもらえない仕組みになっているのです。


じゃあ、さっさと払えばいいじゃん!!って思うでしょ。
ところがそれが大間違い。


なぜならグアテマラの交通違反の罰金って、
各市町村が管轄になっていて、
グアテマラ市の交通違反の罰金はグアテマラ市へ、
隣のミスコ市の交通違反の罰金はミスコ市へ、
はたまたビジャ・ヌエバの交通違反の罰金はビジャ・ヌエバへ・・・
とそれぞれ支払うことになっています。


で、ここがグアテマラの本領発揮だと思うのですが、
自分の車が交通違反で罰金の対象になっているかどうか、
調べるのがものすごく大変なのですよ。


駐車違反の場合は、車を動かせないようにタイヤを固定するセポを取り付けてくれれば
まだわかりやすいのですが、
その他の違反、例えばスピード違反。
大抵の場合、これは市内数ヶ所に設置されている交通監視カメラとスピードガン(多分)で
自動的に監視されており、そのデータを元に罰金がかかるようになっています。
違反切符なんてものがないので、
違反したかどうか、自分で調べてみないことにはわからない。
グアテマラシティの場合、市のウェブサイトで見ることは可能ではありますが。
でもって違反者はこういう風に車の写真を公表されてしまうのであります。


で、こんなのが各自治体ごとにあるわけですよ・・・。
今のところ国内の全自治体が交通警察を有しているわけではないし
交通違反の取締りをやっているわけでもないのでまだマシですが
ひょっとして国内の332自治体全部でやるようになったらどうなるんだろう・・・・・・。
ああ、なんだか目眩が・・・・・・


しかも、もっとびっくりすることに、
昨年通行税を支払った時には罰金がなくても
今年支払おうとすると数年前の罰金が突如出現することもあったり。
多分、データを入力する人たちの仕事が遅いだけなんでしょうけれど、
それにしても不可解にして不可思議。


交通違反の罰金って、
基本的に通行税より高かったりすることが多いシロモノなのですが、
罰金が発生してから1ヶ月以内に支払わないと、
罰金の罰金、えーと、延滞料ですか?が発生します。
これはもちろん、支払わなかった期間が長ければ長いほど
雪だるま式にどんどん増えていくので、
いきなり2,3年前の罰金なんかが出現されても困るわけです。


更に。上記の監視カメラが捕らえている場合は間違いないのですが
警官が駐車違反を取り締まった時なんかに控えるナンバーが間違っていたり。
あ、この場合も基本的には違反切符なんかありません。
前述のセポは警官各自が腰に装着してパトロールできる・・・ようなシロモノではないので
セポがない場合は当然その場で違反だけメモって手続きし、
車の持ち主が知らない間に罰金が発生している場合があるわけなのですが、
このメモ書きの字が汚すぎて本人にも読めなかったりとか
警官が車種を知らなかったりとか、
加えて純粋なミスがあったりとか、
とにかくミスが多いのです・・・。
なので市側も駐車違反とかは写真撮影をして自衛していたり。


違反データに載っている車のモデルとナンバーが合致してなかったりして
市側のミスが明らかになれば
車の所有者がクレームした時点で取り消される・・・と思ったら大間違い。
市役所勤務の判事が無効決定してくれない限り、だめなのです。
もっともこの決定は比較的早く出るのですが
それでも市のミスなのに、自分が時間を使って手続きをするなんて、
割り切れない気持ちになるのもまた事実。


で、こんなのが1ヶ所でならともかく、
あちらでもこちらでもあったとしたら・・・。
目眩どころか、気絶しそうです。


ちなみに、数年前の罰金がいきなり出現して
罰金が支払えないような場合も、
ここに持ち込めば減額してくれる、かもしれません。


この通行税、もちろん支払期限を過ぎても納付は可能ですが
この場合もやはり延滞料(確か年18%ではなかったかしらん)がかかります。
加えて、未納のまま道路を走ってて見つかると交通違反で罰金Q500。
この罰金を支払わない限り、税金も支払えず、
一方で税金を支払わないとどんどん延滞料が増えていくという悪循環。


そういう次第なので、半年以上の支払い期間があっても
案外支払いにくいのですよね、この税金。
もうちょっと納税者の都合を考えたシステムを築いて頂きたいものですが
幸い私は今年も無違反で通行税を支払うことができたから、
ま、いっかー。



[ 2010/08/03 23:13 ] できごととか | TB(0) | CM(1)

バス襲撃事件 

先週は小僧の学校の行事に使うものを夜なべしごとで作っておりまして、
こちらの方は書くだけの気力がなかったのですが、
それも何とか無事に終えることができてホッとし、
ふと気がつくともう8月!になっていました。


7月の私は一体何をしていたんだろう???
もう覚えてないかも・・・・・・。
こうしてあっという間に年を取っていくんだなあと思うとちょっとぞぞっ。
折角だからブログでも書いて今日何かした証拠を残しておくことにしよう・・・・・・。


といいながら、今日書くのは今日の出来事ではなかったり。
去る7月12日、グアテマラシティで乗り合いバスに手榴弾が投げ込まれ、
死者3人、負傷者17人を出す事件が起きています。
その事件を伝える記事はこちら(スペイン語)


手榴弾がバスに投げ込まれるという事件はこれが初ではなく、
今年だけでも他に5件が起きているのですが
死者を出しているのはこの7月12日の事件だけ。


交通量の多い場所で日中起こったこの事件、
聞いた時にはさすがにぞぞっとしたのですが
それでも私は以前こそはバスを利用していましたが
車に乗るようになってからは一切バスに乗らなくなっていますから
こういう事件にも係わらずバスを使わざるを得ない人たちにとっては
それだけでは済まない話だったと思うのですが。


なぜバスやバス運転手が襲われ続けるのか、と言えば
警察の無能は真っ先に上げられるべきな気がしますが、
これはグアテマラシティの治安悪化に多いに貢献している
パンディーヤとかマラスとか呼ばれているグループに拠るところが大きいのであります。


度々このブログにも登場頂くグループですが、
雰囲気を掴んで頂くために表現するならばストリートギャング。
平たく言えば、犯罪者集団ですね・・・・・・。
特徴は年齢層が低めであること。
犯罪行為を実際に行うのはティーンエイジャーのようで、
命令されれば殺人だって厭いません。
13歳の少年が命令されて殺人を実行したなんて事件も少し前にありましたね・・・。
完遂だったか未遂だったか、その辺りは記憶からすっぽ抜けておりますが。


話が横道に行ってしまいましたが、
そのパンディーヤの現金収入源となっているのが恐喝。
相手は誰でもいいのですよ。
そこら辺の商店主に「襲われたくなかったら金払え」と言い、
年頃の娘さんを持ったお父ちゃんには「娘が可愛かったら金払え」と言い、
所轄の警察の警官には「事件起こしてほしくなかったら金払え」と言う?
・・・いや、本当のところ、どこまで恐喝しているのかは不明ですが、
警察よりも数は上、持ってる武器も上、組織力も上、ですから
パンディーヤの縄張りとなっているところは、
警察ですらうっかり踏み込めない状況になっています。


もちろんピザのデリバリーなんかとんでもない!
出前という出前のみならず、宅配便やらタクシーですら
そちら方面の荷物やお客は拒否。
そんなわけだから不動産の価値もガタ落ちで、
「引っ越したくても、家を売ることもできない」
という嘆きが聞こえてくるような状態です。


で、ですね。
そのパンディーヤがバス会社やら運転手やらをも恐喝している、
とやっとここに話が辿り着くのですが、
バスに対しては1日いくらだったか、週にいくらだったか、
忘れたけれど結構な金額を支払うよう要求しており、
これを拒否する運転手は片っ端から殺されたり撃たれたり、
会社ぐるみで拒否する場合は手榴弾が投げ込まれたりしていたのが
昨年からの流れ。


それ以前にも皆無ではありませんでしたが、
バス運転手が襲われる事件が目立って多くなったのは去年のことです。


そして更に物議を醸しているのがトランス・ウルバノという新バスシステム。
このバスの導入経緯も胡散臭いのですが、その話は置いておいて。
現行のバスは乗車時に運転手に現金で運賃を手渡すことになっているのですが
新バスシステムでは現金は一切使わず、すべてカード払い。


すべてカード払いなので、グアテマラに旅行にやって来た人が
いきなりバスに乗ろうとしても乗れないのであります。
しかもこのカード、発売しているところがまだ少なく、
空港でも販売されていないという代物。


・・・・・・もちろん空港からいきなり乗り合いバスに乗る人は珍しいけれど。


それも1人1枚という訳のわからないシステムで、
無料で乗れる赤ちゃんなんかも、
乗りたければカードを入手しないといけないという複雑さ。
だったら病院とか戸籍登録所で一緒に販売したらどうよ・・・・・・。


突っ込みどころが満載なグアテマラだと、
どうしても話が横道に逸れてしまうのですが、で、ですね。
これを導入したグアテマラ政府曰く、
「バスでは現金を扱わないから恐喝もなくなる」んだとか。


どういう理屈でこうなるのか私には理解不能。
現金なくったって、収入あるわけだから
「金持って来~い!」でいいわけですよ。
いや、相手に収入があろうとなかろうと、
そんなことはパンディーヤの知ったこっちゃないわけで。
「金払わないと、手榴弾投げるで」
というわけで、この新しいバス、既に1台襲われてましたね、そう言えば・・・・・・。


一応この新バスシステム、鳥かごのようなバス停が
歩道一杯に造られておりまして
道を歩きたいだけの人には大いな邪魔となっているのですが
そのバス停には一応監視カメラが設置されており
係員がほぼ常時いるという念の入れよう。
金を使うところを間違っている、と思っているのはきっと私だけじゃあるまい。


さてやっと結論に辿り着いたかしら(長かった・・・)。
7月12日のサンフアネラという会社のバスが襲われたのは
このトランスウルバノが開業して間もない時期だったこともあり
トランスウルバノに営業妨害されていると思ったパンディーヤの仕業ではないかと言われています。


もっとも、先のような理由から、
これで恐喝が無くなるかと言えば、そんなことはないと思いますが・・・、
さすがに新バスが襲われた後は国軍兵士が市街地のパトロールに出ることになったそうで
(見かけた記憶がないのだけれど、いるところにはいるのかも)
バスに制服警官が見張りのために乗っている姿も時々見かけます。


で、我らが大統領は
「これは最早一般犯罪ではなく、テロ行為だ」と仰られておりまして、
はいはい、犯罪でもテロでもなんでもいいからどうにかしてよ!!!
と思う一般市民の気持ちを逆撫でしていたりするのであります。


まあでも「テロ宣言」をしたことによって、
多分本音では一番支援を頼みたくない相手であるアメリカに
FBIの派遣を要請することになったようで・・・。


ここのパンディーヤが麻薬組織の手足となってることを考えれば
アメリカともまったく無縁ではないのは事実なので
ひょっとしたらアメリカにもメリットあるかも・・・?
そうじゃなきゃ、本気でやってくれるとは思えないのでね、正直なところ。


何だかまとまりのない話になってしまいましたが、
今年グアテマラで流行している「バス襲撃事件」について
ちと書いてみたのでありました。


・・・・・・実はここまでが前置きで、
本当に書きたいことは別だったのですが
さすがに今日はもうこれで十分過ぎるような気が。


本題は次回に。



[ 2010/08/02 22:46 ] ニュース | TB(0) | CM(0)