Irtra旅行 その2 宿 

どうも風邪というか気管支炎がすっきり治っていなかったようで、
先週は再び咳がゴホゴホ出るようになってしまい
再び抗生剤を飲み始めて、しばらくは夜も早寝の日々でした。


巷では結構気管支炎が流行っているような気はしますが
ここはそういう統計ないので良くわからない(笑)。
雰囲気だけながら、多分流行ってると思います。


さて、旅行の話の続きです。


スニルの宿泊先はLas Cumbres(ラス・クンブレス)というところ(リンク先は英語。西語もあり)。
スニルの街中ではなく、街道沿い、
グアテマラ唯一のトンネルであるスニルトンネルに近い方にあります。


これがスニルの街中だったら、ひょっとしたら行けなかったかも。
スニル、熱帯暴風雨アガサの被害が大きかった町の一つで、
有名な温泉であるフエンテス・ヘオルヒーナスも
未だに土砂に埋もれたまま。


ヘオルヒーナスの被害を伝える記事はこちら
写真が4枚掲載されていますが、
4枚目が以前の様子、
1枚目が被害直後の様子。すっかり変わり果ててしまって・・・。
2枚目、3枚目はヘオルヒーナスへ行く道で、すっかり通行不可。
復興には数ヶ月かかるだろうと言われていますが、
それはこれ以上雨が降らないと仮定してではないかしらん。
実際にどうなるかは、今後のお天気次第でもあるように思います。


そんな話はともかく。
このラス・クンブレス、きれいなところでありました。
小さな宿ですが、スパでもあり、サウナもあったり。
部屋数は少ないですが、サウナ付の部屋があって
ジャクジー付の部屋があって
両方付という贅沢な部屋もあって。


私はジャクジー付の部屋を予約してたので、
この日はお部屋ジャクジー。
慣れないので妙な感じだったけれど。


ちょっと残念だったのは、
多分シーズンオフでお客さんが少ないってこともある上、
湿度の高い土地柄も影響しているのだと思うのですが、
折角ある暖炉のマッチが湿っていて火がつかないとか、
夕食は6時には頼まないといけないとか、
雰囲気的には田舎の宿なのだけれど
街道沿いにあるために案外騒音が多いとか、
ちょっとマイナス要因はありましたね・・・・・・。
私たち以外には白人(多分アメリカ人)のカップルが1組泊まっているだけでした。


木材を贅沢に使った建物は素敵でしたが、
湿度のために部屋のドアの開け閉めも結構大変だったり・・・、
まあこれはグアテマラの田舎に行くと時々あるかもな。


それでも、食事はなかなか贅沢で美味しかったですねぇ。
当日は朝渋滞に巻き込まれたせいで昼食が遅くなったせいで
夕食をそんな時間に食べるのはちと辛かったのだけれど、
部屋で食べたいと言えば、お部屋まで持ってきてくれて
ゆったりとした夕食を取ることができたし・・・、
冷える日で、あっという間に冷めてしまったのがちと残念ではあったけれど。


ちょっと湿っぽいベッドのような気はしたけれど、
ここまで湿度が高いとどうしようもないのだろうなぁ。
でもベッドに入ってしまえば暖かく、朝までぐっすり。


翌朝は快晴・・・とまではいかないまでも、太陽が顔出す気持ちの良い朝。
レストランで食べる朝食はなかなか気持ち良かったですねぇ、
でも日が出て向こうの山が見えるようになると、ぎょっ・・・、
あっちでもこっちでも崖崩れの痕跡が・・・・・・。
こ、こあいよっ!


怖かったせいではないけれど、この日は早々に次の目的地へ。
今回の旅行は元々レタルレウにあるIrtra(イルトラ)のテーマパークへ行くのが目的。
ついでにスニル辺りで泊まって・・・と安直に計画していたわけですが、
思いがけずスニル行きがなかなかハードな道中になってしまったという次第。


Irtraの話って、去年の5月に行った時、ちらりと触れたことがありましたね。


も少し説明すると、Irtraは
Instituto de recreación de los trabajadores de la empresa privada de Guatemalaの略。
長い・・・(汗;


日本語で言うと「グアテマラ民間企業労働者のためのレクレーション機関」、
もう少し分かりやすく説明するならば、
厚生年金みたいなものが経営する遊園地&宿泊施設、かな。
ただし日本のように一つの機関があれもこれも徴収して運営しているのではなく、
Irtraの掛け金は直接Irtraに支払うようになっていて(企業と雇用者の双方が負担)、
医療保険、年金を担当するIgssとはお金が混じらないようになっています。


そのお陰で?Irtraは経営的には順調らしく、
ディズニーランドを模倣したこのレタルレウの施設なんかも造れちゃうし、
更にこれが大人気で、他の遊園地もリニューアルしていたりと
民間企業なら株価がどんどん上がるところなんだろうけれど、
この不思議な半官半民機関、不正流用の話も聞かない明朗会計(多分)。


Irtraの施設は加入者は割安で使えることになってますが
残念ながら加入者ではない私にはちょっとお高い。
特に高いと感じるのがホスタルと呼ばれる宿泊施設。


シェトルル、ショコミルというテーマパークと一緒にあるこのホスタル、
敷地は広いし、中にはプールやスポーツ施設にスパもあるし、
非常に快適ではあるのですが、下手すればシティの5つ星ホテルよりも高い。


宿泊施設は4つあって、予算に応じて予約できるのだけれど、
週末は値段が高くなるし、学校が休暇に入る時期もやはり高い。
だからわざわざ6月初めのミッドウィークに行ったのだけれど、
それでもやっぱり安いとは言えないお値段。
でもこの施設、実際それだけのお金を出しても泊まる価値はあるかなぁ、
そりゃ、安く泊まれればそれに越したことはないけれど。


DSCN0966_20100628143345.jpg


これは以前行った時に撮った写真なのですが、
サンタ・クルスという宿泊施設。
小さいと思われるでしょうが、この建物が確か10棟あります。
他にはサン・マルティン、パラフノフ、ラ・ランチェリーアがあって、
かなりの人数を収容できるはずなのだけれど、
ハイシーズンは予約も大変な大賑わい。
でも、建物も広い敷地内の庭もきれいに手入れされていて、
ホント、気持ちいいんですよー、ここ。


人気あるわけだな。


[ 2010/06/27 23:42 ] 旅行記 | TB(0) | CM(2)

Irtra旅行 その1 

今月の頭に国内旅行をしてきた時のことを
少し書きたいと思いつつ、風邪を引いたりサッカーがあったりで
時間が経ってしまっておりました。


また、写真を何枚かアップしたかったのだけれど
どう頑張っても10枚以下に押さえることができず、
かと言ってあんまりたくさん貼り付けると
重くなってイヤだしなぁ・・・という理由もあったり。


いろいろ考えて、Flickr(フリッカー)を使ってみることにしました。
写真やビデオのオンラインストレージ&共有サービスなのですが、
これならブログが重くならずに写真貼れるし、
写真の解像度を落とす必要もないし、
我ながらいいアイディアだわ!と喜んでいたのですが
写真を並び替えられないという思いがけない落とし穴が。


いや、もっとすごい落とし穴が開いているのはグアテマラシティーですけどね・・・、
なんて余計な話をつい書いてしまうのですが、
そんなこと書きながらも何とかならないもんだろうかと
実はいろいろやっていたのでした。ここでまたタイムロス。


でも結局はアップロードする時にどうにかするしかない、ということらしくて
今回は泣く泣くこのままアップしてしまうことにします。ぺたり。



Created with Admarket's flickrSLiDR.

実は逆順スライドになっています。
なので、外国人が知らずに日本語の本を読んだ風に
終わりから始まって最後は始まりに戻る、という
ややこしい時系列になっていますがご了承を。


写真にはコメントもついていまして、
スライド写真をオンクリックでコメントになります。
ちっこいスライドなんかいちいち見てられるかっ!
てな方はこちらのFlickrのサイトを。
一応時系列に並んでいるはず・・・・・・です。
ところがこちらもまたスライドショーにするとその限りではないようなんですが。


さてさて、前置きばかりがどんどん長くなっていきますので
いい加減旅行の前置きに入りたいと思います。
また前置きかよ、という声が聞こえてきますが、
何しろこの旅行、一時は中止した方が良いかも・・・?と思ったような
絶妙のタイミングだったので、まずは背景説明を。


ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、
グアテマラシティの南部にあるパカヤ火山が噴火し、
首都圏に派手に火山灰を撒き散らしてくれたのが5月27日。


加えて、火山灰でまだ浮き足立つグアテマラに
熱帯暴風雨のアガサがいきなりやってきて、どっさり雨の置き土産。
国内あちこちでがらがらがらと山が崩れたり、橋が流されたり、
更にはグアテマラシティに大穴が開いたのが5月29日から30日の出来事。
死者数は公式にカウントされたものだけでも170人超、という大惨事だったそんな時期に
私は小僧と2人で呑気に車で国内旅行。


出発したのが6月2日で、確かに川の水位は引きつつある、
安定した時期ではあったのでした。


しかし。天気予報は3日頃から雨だという無情の予報。
おまけに道が通れるのかどうか、事前の情報が錯綜していて
実はかなりなドキドキものだったり。


当初の予定では、行きは「寒い土地」、
グアテマラシティからケツァルテナンゴに向う高地を通って
その夜宿泊の予定にしていたスニルに向おうと思っていたのですが
ケツァルテナンゴからスニルの間が前日の時点で不通だったので、
「低い土地」、太平洋側を通ってそこからスニルに入ることにしました。
(ちなみに今日現在、この「低い土地」の方は道路が一部不通になってますが)


道中、降雨被害が一番酷かったのがアマティトラン市。
アマティトランはパカヤ火山からも近く、降灰もあったはず。
そこへ大量の雨が降ってアマティトラン湖が増水、
アマティトラン湖から流れ出すミチャトーヤ川が決壊、
一方では近くの山から土砂がどしゃどしゃと押し寄せる・・・ということだったようです。
それにしても、グアテマラ唯一のアウトピスタ(高速道路)までが
こんなに大量の泥に埋没するなんて、以前ありましたっけかね・・・・・・?


という訳で、片側2車線、両方合わせて4車線あるはずのこの道路、
下り2車線が泥没していて、上り2車線を使って何とか対応。
でもこの道路、交通量が多いんですよね。
アマティトラン市を抜けるのに、普段なら10分かからないはずだけれど
この日は1時間近くかかったような記憶が・・・・・・。


でもその後は大したトラブルもなく、
CA-2(太平洋側を貫く幹線道路)付近は降雨被害もまったくなくて
却ってびっくり。


というのは、太平洋側の町からも浸水したという話を聞いていたので。
でもそれはCA-2よりももっと太平洋側、
本当に海に近い町で起こっていたようで、
サトウキビ畑が並ぶCA-2は普段の風景。


それが変化したのはCA-2からケツァルテナンゴに向う山道に入った時。
ちょうどその辺りから雨が降り始めていたのですが
まもなく本格的な土砂降りで、視界不良。
雲も低く立ち込めて、更に視界は不良になり、
きゃあああああ~、止まりたいけど、止まれる路肩が見えないっ!!!
と喚きながら運転している内に、雨は小降りになりました・・・・・・。


生きててよかった。


それでも途中木がどてん!と倒れて道を塞いでいたり、
崖が崩れていたり、いろいろ怖いシーンはあったのですが
何しろ雨降りの山道という最低のシチュエーションだったので
そういう怖さを感じる間もなく、必死に運転している間に目的地に到着。


無事目的地に辿り着けて、こんなにほっとしたことも久しぶりだったかも。


というところで続きはまた明日(多分)。



[ 2010/06/22 23:55 ] 旅行記 | TB(0) | CM(2)

W杯のこととか 

先週頭から少し風邪気味だったのですが、
金曜日くらいから本格的に熱と咳が出て週末はダウン。
そんなに高熱ではないけれどなかなか引かないしつこい熱で
下がってくれたのがやっと昨日。
そんなわけでしばらくブログをお休みしてしまったのであります。


そんな一週間の間にサッカーのW杯も始まってしまい、
ブログを書く時間は余計に減りそうだな~、とあらかじめ言い訳をしておきます。
それでも先々週の旅行のことも少しは書きたいし、
またCicig関係で大きなニュースもあったので
気が向いたら少しずつ書きたいとは思うんですけどね。
でも明日はお気に入りのスペインの試合があるのできっと無理だ・・・。


W杯、こちらでは最初の試合が朝5時半からになるのですが、
その時間からサッカー観戦付の朝食サービスをやっているレストランもあって
W杯に出たことはなくても、さすがはサッカー好きの国。
しかし、そんな時間からわざわざサッカー見に行く人っているんだろうか?
家で見られるじゃんねー。


今日のブラジルと北朝鮮の試合は前半がお昼休みに当たっていたのですが
近くのモールのテレビがあるフードコートに行った日本人職員によれば
「黄色のシャツ(ブラジルのユニ)を着た人ばっかりで、
 (アジア人である)ボクに話しかけてきた人は一人もいなかった」
という居たたまれない雰囲気だったとか。


やっぱりブラジル応援する人多いので、敵に回すと怖いかも・・・・・・。
日本はカメルーン相手だったし、
ラテンアメリカの国と対戦しないグループで、とりあえず良かったよ。


仕事時間とサッカーの試合が重なり、
しばらくは落ち着かないことの多い日々が続きそうなのが
困ったところではあるのですが。


[ 2010/06/15 23:05 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)

Cicigのカストレサナ辞任 

今日は先週の旅行の話でも・・・と思っていたのですが、
Cicigのカルロス・カストレサナが辞任したというニュースを追っかけていたら
カストレサナ自身がスキャンダルにまみれているという話が出てきて、
それを読んでいたらつい時間が経ってしまったのでありました。
というわけで、旅の話は置いておいて、こちらから。


要約しますとこんな感じ。
国連の「グアテマラの無処罰問題対策委員会」トップのカルロス・カストレサナが
国連事務総長に対して辞表を提出し、
受け入れられていたことが、本日いきなり突然発表されたのでありました。


タイミング的にも唐突な感じだったのですが、
カストレサナは
「政府などからのバックアップが得られなかった上、
 Cicigに対する攻撃もある。
 これ以上、グアテマラのためにできることは何もない」
と表明、さらに
「(先日就任したばかりの)検事総長コンラッド・レイエスはその任に値しない。
 麻薬組織と係わりのある弁護士事務所と取り決めをして 検事総長の任務を得た。
 更迭すべき人物である」
と激しい非難。
ただし、その非難に見合う証拠を挙げているわけではありません。


びっくりを通り越して唖然・・・とするような内容。
一体全体何があったんだろう・・・とゴソゴソ探していたら
出てきたのがカストレサナのスキャンダル。
唖然・・・を通り越したら何になるんでしょ?
天と地がひっくり返ったような・・・とでも書いておけばいいのかな。


そのスキャンダルをすっぱ抜いたのはマリオ・ダビッド・ガルシア。
Hablando Claro(アブランド・クラロ)というラジオ番組のプレゼンテーターをしてる人ですが
6月2日、私が雨の中を一生懸命運転していた頃、その番組中で
「カストレサナは秘書のジャマイカ人女性と愛人関係にある」
ことを暴露したのだとか。
(参照した記事はこちら。スペイン語です)


カストレサナはメキシコ人女性と結婚しており、子供もいるものの
有名な記者でもある妻と子供はメキシコ在住の単身赴任。
「他人にモラルを要求する人物が、家族やグアテマラ人を欺いている」
というのがガルシアの言い分。
ただしこちらも、確証を挙げているわけではありません。


もう一つ付け加えておけば、マリオ・ダビッド・ガルシアって
Cicigとカストレサナにはちょっと因縁のある人物だということ。


ロドリゴ・ローセンベルグの事件を覚えていらっしゃるでしょうか。
「あなたが今このビデオをご覧になっているとすれば、
 それは私が大統領に殺されたからです」
という内容のビデオを残して殺されたローセンベルグ。


そのビデオの撮影に協力したのがこのガルシアでした。


Cicigの捜査により、「ローセンベルグは自殺だった」という結論が出され、
それはそれでまたパカヤ火山が大噴火するような騒ぎだったわけですが
ローセンベルグの友人でもあったガルシアは、
決してこのような結論に納得していなかったはず。


だからカストレサナの身辺を嗅ぎまわったのだと思うし、
このスキャンダルに当たったのだとも思うわけです。


それがグアテマラにとって良かったのかどうかという話はまた別ですが・・・。


一方でカストレサナが嵌められた可能性も無きにしもあらず・・・と思うのは
ガルシアが番組で「カストレサナは大統領夫人の姪とも関係を持ったことがある」
と指摘しているから。
大統領夫人の周辺にまずいことありすぎるから
女に弱いカストレサナに一服盛って姪を送り込み、
カストレサナの弱みを握って、自分の周辺を嗅ぎまわられないようにする。
それくらいやりかねないからね、あの方・・・・・・。


カストレサナは頭の切れる人物ではありますが、
上から目線でグアテマラの内政に口を出しすぎることから
グアテマラ人にとっては鬱陶しい人物であったのもまた事実。
カストレサナの辞任を惜しむ声と喝采を上げる声が半々くらいですかね・・・。


そんなわけで何が何だか。
濃霧の中で狐につままれたような感じですが
結局事実関係はうやむやになっていくのだろうな、と。


カストレサナが指摘しているレイエスの不正についても
事実だという声もあるにはあるのですが、噂のレベル。
それを裏付けられるものがありません。


天災に続いてこのゴタゴタ。
益々混迷を続けるグアテマラなのでありました。


[ 2010/06/07 23:47 ] CICIG | TB(0) | CM(2)

空港再開とか 

アガサによる犠牲者は152名となりましたが、
今日辺りはもう新たな被害というのはほとんどなく。
ほとんど、というのは新たな土砂崩れがあったからですが、
犠牲者を出すというレベルには至っていません。


そんな中、先週の木曜日から閉鎖されていた
グアテマラのラ・アウロラ国際空港が再開。
まだ大型機の運転は見合わせているようですが、
こちらも少しずつ正常化に向っています。


いやでもまだパカヤが噴火したり溶岩流を流したりしているので
こちらの方も今後どうなるかは言い切れませんが。


パカヤとアガタが残した経済的被害もまた気になるところ。
アガタが連れてきた強風と大雨でダメになった農作物多々。
その中には日本にお馴染みの深いコーヒーも含まれています。


そういう深刻なニュースが気になる一方、
なぜか世界的に大穴の方が話題になっているのは、
わからないではないのですが、
そっちばかりに注目するのってちょっとどうよ?って気が。


気はするんだけれど、私も昨日ブログに書いたばっかりだし
あんまり他人のことは言えないかもだけど。


ついったー見ててもSinkholeというトピックがトレンディングに上がっているし。
Sinkholeって台所のシンクの穴のようなグアテマラの穴のことです。
アガサがもたらした大雨はこの穴から流すのね。
排水口ができた場所がちょっと間違っているとは思うけれど。


というわけでSinkholeという言葉を覚えたのが今日の収穫。
マヤ遺跡にあるセノーテのこともSinkholeとも言うらしい。
確かに穴の感じが似ているし、
グアテマラシティーの穴のこともセノーテと呼んでいいんじゃないだろうか。
水ありませんけれど。


ま、そんなわけかどういうわけか、sinkholeとguatemalaの2語で検索すると
今回の穴やら前回の穴やらがいろいろとヒットします。
写真や動画もありますので、穴が好きな方はお試しを。


さて、まだまだなんだか落ち着かないグアテマラですが
明日からしばらく旅行に出かけてきます。
行き先はグアテマラ国内、南西部。


道路は多分通行可らしいけれど、果たして一体どうなのか・・・。
そういうわけでブログは今週一杯は更新できないと思いますが、
ついったーはできる範囲でついーとしてみます。
興味関心ある方はhttp://twitter.com/xiroroをご覧下さい。


で、もしかしてひょっとして、
「濁流に流されたなう」とか「トンネル潰れたなう」みたいなついーとがあったら
関係当局にご一報のほどを。


いや、今のは冗談ですが「パンクなう」とかならあり得るかも・・・?




[ 2010/06/01 23:35 ] 気象・災害 | TB(0) | CM(2)