手術のこと 

手術は10月20日でした。この日はグアテマラは革命記念日でお休み。
普通のお医者さんならこの日もお休みなんでしょうけれど、
私の主治医は忙しい方のようで、クリニックの診療がない祝日に手術でもいい?と聞かれました。
私としてはもちろん異議があるわけがなく、というか、
私のために休日を使ってくれるのかーーー、とちょっと感激してみたり。


さて、病院に入院するのは当日の朝早く。
前日の夜に入院しても良かったのですが、できることなら当日の方が、というわけで、
朝6時半に病院に行くことになりました。
病院は我が家から徒歩5分のところにある、昨年改築が終了したばかりの私立病院。
ドクトーラ(女医さんという意味、私の主治医って女性だったのです)のクリニックも
一続きの建物の中にあります。


当日は快晴の手術日和?
まずは救急外来の方へ行って血圧を測定する一方で入院手続き。
しばらくして病室が用意できたと言われたのでそちらの方へ移動しました。


そしてこの病室が素晴らしく奇麗だったんですよねぇ、
看護婦さんが言うには、この病院で一番広くて一番いい部屋なんだとか。
北側が全面ガラスの見晴らしの良い部屋で、しかもそこが出窓のようになっており、
東からも西からも光が入るようになっていました。


そして、これ、個室です。
私立の病院だと基本が個室で、時に二人部屋がありますが、
どの部屋もシャワー&トイレ付。
テレビもエアコンもついていて、
ベッドはもちろん介護ベッド、それ以外にも椅子が2つ置いてあって、
室内が味気ないのを除けば、ホテル並みの設備です。
そういえば冷蔵庫もありました。
中身は空っぽで電気も入ってなかったけれど
頼めば使えたんでしょうね(多分有料)。
以上に加えてお持ち帰りもできる洗面医療セットが一式。
いやー快適。できるなら手術じゃない用事で泊まりに来たかったかも。


手術は9時から。
まだしばらく時間があるので、日向ぼっこしながら本を読んだりしている内に
やがて移送用のカートなんかが入ってきたりして、いよいよ手術となったのでありました。


手術室の区画の中には、手術室は3つくらいあったような。
その区画内の待合室のようなところで麻酔の点滴を始めてから手術室へ。
よっこらしょっ、とカートから俎板、じゃなかった手術台に移動しましてスタンバイOK。
そこで主治医のドクトーラとアシスタントのドクターに挨拶したまでは覚えているのですが
その後、気持ち良く眠ってしまったようです。


そして目が覚めた時には手術はもちろん終了済。
時計が目に入ったのでじっと目を凝らして見るとどうやら1時頃らしい。
もうそんなに経ったのかぁ~、ひょっとして時計が間違ってるのと違う?とちょっとびっくりして
近くにいた看護師さんに時間を聞いたらやっぱり1時を過ぎた頃でした。
そのまましばらくぼーーーっとして、1時半頃にカートに乗ったまま病室へ。
小僧の他に日本から来てくれた両親やら友人が待っててくれていて、ちと感激。


その日は痛み止めがばっちり効いていたので痛みは全然なく、
手術を本当にしたのかしらん?てな不思議な感じと、
尿管カテーテルの違和感と、体自身の違和感と、
終わったーーーという解放感でとにかく終わったのでありました。
担当の看護婦さんがまた元気の良い方で、なんだか有難かったですねぇ~。
1日に何度か血圧や体温を測りに来るわけですが
カテーテルから繋がっている集尿袋を眺めては
「まだおしっこでないねーーー」(当日は絶食で、水分も取っていなかったので干からびていた私)
とやる姿がなかなかユーモラスで良かったです。
もっとも私はそのカテーテルがなんだか鬱陶しくて、
カテーテルのせいで尿もないのに尿意だけある、なんて感じでしたけれど。


夜の10時になって遅い夕食がやってきました。
もちろん病院の夕食はもっと早い時間に用意されているわけですが
そんな時間にはまだ食べちゃダメ、ってことで
10時くらいになって例の元気な看護婦さんが夕食を温めて持ってきてくれたのでした。
もちろんまだ流動食。


さてグアテマラで流動食と言うと何か、というと、
確かゼリーとアトールとカモミールティーだった記憶が。
アトールはトウモロコシの重湯といった感じの飲み物で、栄養満点。
ベッドの背を起こして、手術後初めて上半身縦になってみましたが、
なんだか不思議な感じ。
腹部に力が入らないので手を伸ばして物を取るのも何気に大変でしたねぇ。
やっぱり手術って大変なものなのね、と改めて実感した夕食を終えると
手術の日の一日は過ぎていったのでありました。


[ 2009/11/17 23:35 ] できごととか | TB(0) | CM(5)

ごぶさたしました。 

ご無沙汰してしまいました。


11月も半ばとなり、最近は朝晩冷え込む、乾季らしい日が続いています。
てか、はっきり言って冷えすぎです。
雰囲気は既に12月のような北風の吹きすさぶ日もあり、身も心も凍えそうでしたが
最近は少しその寒さも緩み、ほっと一息。


手術の方はつつがなく終了しまして、術後も非常に良好。
唯一気になるのははいつになったらお腹が引っ込むんだろう?
てなことだったりするのですが。


そんなことをまたあらためて書いてみようかと思います。
気長にお付き合いくださいませ。



[ 2009/11/16 21:56 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)