FC2ブログ















セラヤ帰国 

国外追放されてしまったホンジュラスのメル・セラヤが
密かにホンジュラスに帰国したニュースは日本でも報道されているようですが、
どうやらこのセラヤを乗せたベネズエラの飛行機、
エルサルバドルの空港で許可を得ないまま強行着陸して罰金が3万ドルだとか。
誰が支払うんだろ、なんて下世話な話が気になる私。


さてその飛行機から降りてきたセラヤ、
どこからともなく現れたFMLN(エルサルバドルの与党)がセラヤを乗せて
闇の中へ消え去った・・・・・・、20日の夜の22時過ぎの話だそうです。


こうしてエルサルバドルは大統領がセラヤ帰還を支援したと思われるわけですが、
それでもやっぱりこのベネズエラの飛行機には罰金3万ドルなんだそうで、
その罰金は既に支払われたのかどうか、
その飛行機はもう既に飛び去ったのかどうか、なんて話は伝わってきておりません。


エルサルバドルからは陸路ホンジュラス入りしたと思われるセラヤですが、
こうして86日の放浪の旅に終止符を打ったのか・・・・・・と思ったら、
今度はテグシガルパのブラジル大使館に駆け込んだとか。


多分ルラ大統領とは話がついていたのではありましょうが、
えーーーと、大統領って今、国連総会のためNYに行ってるんじゃないんでしょうか。
招かれざる大統領のミチェレッティと、本当ならNYにいるはずのセラヤの2人が
テグシガルパで角付き合わせることになってしまうとはね。


ミチェレッティもこの際だから堂々と構えていればいいと思うんだけれど
ブラジル大使館を取り囲んで、水と電気の供給停止の兵糧攻め。
「大使館におりたいんやったら10年やろうと何年やろうとおったらええがな」
と何故か関西弁で怪気炎。


市内はまた夜間外出禁止令が出て、
セラヤ支持派、反対派の間での衝突もあるようです。いやはやまったく。


何だかまた不穏な気配になっており、
グアテマラとホンジュラスの国境も閉鎖されてしまったようです。


そんな不穏な情勢なのに、ぶっとんだニュースがこれ
やってくれるな、産経さん。
ひょっとしたらそのうち訂正されるかな、と思ってキャプチャしておきましたが、
未だに訂正される様子はなく・・・・・・、どうでもいいニュースってことなのか。


ZelayaDeGuate.png
*画像クリックで拡大します


本文は正しいのですが、何故に見出しが「グアテマラのセラヤ氏」?
グアテマラ人がよく日本は中国にある、と思ってるように、
ホンジュラスはグアテマラにあってその首都はテグシガルパだってことなのかも?




[ 2009/09/22 23:08 ] ニュース | TB(0) | CM(4)