FC2ブログ















クーデターの隣 

以前にも書いたことがあると思いますが、
私は民主主義というものをあまり信用していません。
特に、教育レベルがあまり高くない人たち、
字の読み書きができない人たち、
そういう人たちに自分達の為政者を決めさせるなんて、
そりゃあまるでデパートのレストランの前に並ぶサンプルを見せて
どれがいいかって選ばせるのと大して変わらないのではないかという気が。


そういう人だって一票なわけで、どんなに小国でも国は国だからと
政治的・経済的な影響力は持たなくても
援助や何かと引き換えに支持を約束し、
外交の舞台で一票とカウントされる小国に同じ。


それが民主主義だって言われても、どうしても納得いかないです。


ホンジュラスで起こったことは、決して他人事ではないこの国に住んでいる私にとって
とても残念な出来事でした。
まず書いておくべきなのは、私はセラヤがやった行為は違憲だと思っていることですか。
セラヤを支持する立場の方にとっては別の見方になるだろうということを
あらかじめお断りしておきます。


それにしても、普通に国会でセラヤの罷免決議をしていたら何の問題もなかったのに
どうして、よりによってまずセラヤを逮捕・国外追放してしまったのか。
それが故に国際世論の介入を招き、
その後に行われた国会での決議でさえ疑問を投げかけられるものになってしまいました。


今となってはミチェレッティ政権が国際社会と折り合いをつけるのは不可能でしょう。


米州機構でもホンジュラスに対する非難決議が採択され、
大使を召還する国もあり(これは現地の情報が得られなくなるのでマイナスだと思いますが)、
ついでに近隣諸国は48時間の国境封鎖を決定したのであります。
もっとも、空港は通常通りで、封鎖されているのは陸路だけのようですが。


一方ミチェレッティ政権は夜間外出禁止令を出したことは既報の通りですが、
インターネットをブロックして、国内と国外の情報を遮断しようとしている模様。
加えて、今日は戦車に向って突っ込んで行った人が殺されたという話もあって(事実かどうかは?ですが)
どうにもいや~な雰囲気が漂い始めています。
こんなやり方では、支持者さえ離れていきそう。


私が思いますに、新政権派は展開を読み誤っていたのでしょう。
セラヤを追い出したのは厄介払いをするためであって、
国際社会が「クーデターだ」と騒ぎだすとは思わなかったのではないかと。


一方で、国会で大統領を罷免、暫定大統領を決定する手続きそのものは
憲法に従って行ったわけです。
これで新政権が認知されるはずと思っていたのでしょう。読みが甘すぎ。
その後の対応も感心しないです。


私的な希望としては、セラヤが一旦ホンジュラスに帰り復職、
そこであらためて国会で罷免決議をしてほしい。できないことなんでしょうかねぇ~。


それにしても。
セラヤが明らかな憲法違反をしていても何も言わないのに
このクーデターには「憲法違反」と声を揃えて非難する国際社会にもがっかり。


世の中、それほど単純じゃないと思うけどな。
な~んて、単純な私が言っても仕方がないのだけれど、
とにかく、ホンジュラスにとって一番いい形で解決しますように。
それだけを願います。



[ 2009/06/29 22:10 ] ホンジュラス | TB(0) | CM(3)