FC2ブログ















日本風芝 

政府に係わる怪しげな話とか、Cicigと司法当局の軋轢とか、
おもしろそうな政治ネタがあったりするのですが、
今日は午後まるまる遊び回っていたので、
そういうややこしい話を書く気力が・・・。


そんなわけでこんな話。
2ヶ月ほど前でしたか、セマコという国内では大手のホームセンターで
「日本風芝」という名前の植物の種を買ってきました。
袋の写真では、小さな花が何種類もあるようで、なかなかキレイだったんですよねぇ。
で、いそいそと種まきして、せっせと水遣りもして、
「日本風芝」は順調に育ってきたのでありました。


いやしかし。
何種類もあるんじゃなくて、どうやら3種類くらいしか育ってないような・・・。
それもその内の1種類がやたらと多くて、そいつだけ成長がやたらと速いような・・・。
で、そいつにつぼみがついたのが5月も中頃のこと。


「ん?これ・・・?」と思ったのもその頃のこと。
だって、この葉とこのつぼみ。見たことあるよぅ~。


そのセンセーションは花が咲いて確認されたのでした。
「こ、これって、百日草・・・・・・」


「芝」って言う割には背も高い、それは立派な百日草。
まさか、こんなネタならぬタネが仕込まれていたとは・・・。
個人的に期待していたのは、日本の野草だったんですけれどね、
そっかぁ、百日草って、日本の草だったんだ。


と思ったらおっとこどっこい。
これ、メキシコ辺りが原産らしいです。
どこで「日本風芝」ってタイトルになるんだろう・・・?


もっともこの種、輸入物です。
スペイン語、英語、フランス語とドイツ語だったかなぁ、
4ヶ国語で書かれていたので、ヨーロッパで流通しているものと思われる。
百日草のスペイン語名はZinnia(シンニア)なんだそうで、
決して珍しい花じゃないですよねぇ、それを他の種とセットにして
「日本風芝」ってタイトルつけるセンスが良くわからない。


もっとも、百日草は長持ちする花だし、
他の草が育ってくれば、も少し「芝」らしくなるんでしょうか。
騙されてるよな気もするけれど何気に楽しみな、そんな「日本風芝」なのでありました。



[ 2009/06/06 23:37 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)