FC2ブログ















人権擁護官の妻の誘拐事件 

グアテマラには人権擁護局というのがあって
人権擁護官という役職の人がここのトップです。
現在の人権擁護官はセルヒオ・モラレス。
この人、どうも何だか政治的野心のありそうな、
ちょっと怪しげな人・・・という感じはするのですが。


さて人権擁護官であるからには、
国民の人権が守られているかどうかを監督するのが仕事です。
その中にはもちろん逮捕された容疑者が
人権を侵害されることなく法的手続きが行われるよう監視するのも入るわけですが
あまりにその仕事に熱心なために?容疑者よりに活動してしまって、
実はこの人は犯罪者擁護官なんじゃないか、と言われる始末。


凶悪犯罪が多くて、そのほとんどが刑罰を受けないまま、という国ですし、
容疑者の人権保護には熱心でも
被害者の人権を省みないというのもまた事実のようで
そんなわけで、なかなか評価が難しいのがこの人権擁護官。


さて、今朝のこと。
このモラレスの妻グラディス・モンテロッソが昨日朝誘拐され、
昨日の夜の内に釈放されたものの
精神的ショックを受けているので市内の病院に入院、
副大統領やら米国大使がお見舞いに行った、
というニュースが流れました。
Gladys Monterroso, secretaria de Encuentro por Guatemala, fue secuestrada


モンテロッソ、エンクエントロ・ポル・グアテマラ(EG)という政党の
首都圏地域の会長?総裁?らしいのですが、
人権擁護官と言えば恨みを買いやすい役職でもあり
その妻を襲えばもちろんモラレス本人への脅迫ともなります。


どちらにしても事実関係が全く流れてこないので
なんだか釈然としないまま憶測で物語るしかないのですが、
ちょっと気になる事件ではあります。


というのは、モンテロッソが属するEGという政党、
ここにはニネス・モンテネグロという国会議員がいるのですが、
このモンテネグロの元夫は内戦時の1984年に行方不明となったまま
現在に至っています。


そこへ出て来たのがこの人権擁護局。
コロン政権になってから内戦時の文書の検証が行われていますが
人権擁護局は旧警察(PN)の文書を譲り受け、
内容をチェックしていたのでした。


2009年3月5日。
モンテネグロの元夫エドガル・フェルナンド・ガルシアの失踪に関与したとして
当時の警官エクトル・ロデリコ・ラミレス・リオスが逮捕されます。
容疑は不当逮捕、強制失踪、略取誘拐、職権濫用、人類の義務の不履行(なんじゃそりゃ)。
なおラミレスは逮捕時も警察(PNC)に勤務しておりました。


さて人権擁護官の発言。
「ガルシアの行方について調べていたところ、
 ラミレスが違法行為を犯したこと、
 また彼の他にも何人もの人物が関与したことが確認できた。
 なのでラミレスの逮捕を請求した」。


私、このニュースを聞いた時、ものすごく違和感を感じました。
和平合意が調印された時、内戦に関する一般犯罪はチャラになったと思っていましたから。
少なくとも、ゲリラ側の犯罪は確かにチャラになっているはずなのです、
ただしこれに含まれないのが人道に反する罪、というヤツ。


エフライン・リオス・モントを含む当時の政府・軍関係者が告発されているのも
人道に反する罪でだったと思ったし・・・。
それなのに。
どう見ても、上官の命令を受けて逮捕を行ったに過ぎないと思われる人物が逮捕され、
これで「正義が行われる」と言っている人がいるのには
違和感を感じずにはいられないです。


それは例えば戦争で「相手を殺してこいっ!」と命令されて実行した兵士が
戦争後に殺人の罪で裁かれるようなもの、じゃありませんか?
そんなのって、あり??


そりゃもちろん、事実関係を明らかにして責任を追及することは大切でしょう、
でもこのやり方だと、またしてもトカゲの尻尾を捕まえて、
背後にいる本当の責任者には
「これからあんた達のところに捜査の手が及ぶから、さっさと逃げてくれ」
と言ってるようなものじゃないんでしょうか。


まあともかく、ガルシアは失踪当日、仕事に向かう途中で友人をみつけ
2人で車で目的地に向っていたところ、
警察の検問で止まるよう命じられたが
2人は逃げようとしたので発砲しながら追跡、2人とも負傷したが
ガルシアは捕らわれて警察署に移送され、その後行方不明となった。


なおガルシアはグアテマラ労働党(左派)のメンバーでもあり、
なので警察から逃げようとしたのかもしれないけれど、
考えて下さい。
検問で止まれと命じられて止まらない人を逮捕することが違法ですか?
まあ、負傷した人を病院に連れて行かなかったり、
職務質問じゃなくていきなり逮捕とかだったら確かに問題あるのかも、
でも最近の情勢で、検問突破したヤツを警察が逮捕できなかったら
それこそ非難轟々だろうなぁ・・・と思うと、
これもまた何だかエラク複雑な心境になります。


話が大きく逸れましたが、
こうして人権擁護官はガルシアの失踪事件の他にも
警察の書類をゴソゴソ捜して内戦に関する犯罪を追及しようとしているわけです。
それをおもしろく思わないどころか
そんなことをされたら困る、と思ってる人がいても不思議ではない上
誘拐の仕方も解放の仕方も、一般の誘拐とはちょっと雰囲気が異なるだけに
一体誰がどんな理由で誘拐を実行したのか、気になります。
そういう意味でも人権擁護官がこの後何を話し、
どういう行動を取るのかに、注目です。


巷では、被害者に同情しながらも
「またきっと加害者を擁護するよ」という声もあり。
「今度こそ私達の苦しみがわかっただろう」と言う人もいますけれど。


どちらにしても、これも迷宮入りかな・・・。



[ 2009/03/26 22:35 ] ニュース | TB(0) | CM(4)