FC2ブログ















エルサルバドルの大統領選挙 

今日は小僧の宿題でPCを長時間使われてしまっていたのですが、
何をしていたかというと
「中米の一般的な情報を載せた雑誌をつくる」んだとか。


掲載しないといけない情報はある程度決まってはいるのですが、
何をどう載せるかは生徒の裁量。
なわけで、小僧の雑誌にはアタリマエのごとくに
各国の空港の情報が載っていたりします。


いくらインターネットが発達して、写真やデータを探すのが容易になったとは言え、
中米7カ国についてこれらの情報を全部調べてまとめるのは
なかなかの力技で、
小僧も途中でいささかギブアップ気味でしたが・・・、
提出までまだ日があるので、も少し頑張らないといけないかな。
ちなみにレイアウトは小僧の母が担当。ホント、大変なんですよ(ブツブツブツブツ・・・)





話は全く変わりますが、
今日はエルサルバドルの大統領選がありまして、
近年にない、かなりの接戦ではあったのですが、
どうやら野党FMLNのマウリシオ・フネスが大統領をゲットしたようです。


エルサルバドルは内戦後、二大政党の様相を呈していましたが
伝統的オリガルキー代表かつ軍部を背景とするARENAがずっと政権を維持。
内戦終結が92年、
ゲリラから政党に転身したFMLNが初めて選挙に参加したのが93年でしたから
16年でやっと念願を達成した、ということになりますか。


それにしても、ラテンアメリカでまた左翼政権が誕生。
ラテンアメリカはどこへ向って行くんでしょうねえ、一体・・・。




[ 2009/03/15 23:57 ] エルサルバドル | TB(0) | CM(4)