革命記念日 

10月20日は革命記念日(Día de la Revolución)。
革命だ!新しい国だ!!希望だ!!!
などという時期もあったということだ、このグアテマラにも。
今ではもう目も当てられないが。


時は1944年。第二次世界大戦の真っ最中だ。
世界が大変な時期に革命だなどと叫んでみたところで
あまり注目を引くこともなかっただろうと思うが、
グアテマラ的には画期的なことだったのである。


昔、ホルヘ・ウビコ、という人物がいた。
この男、1878年生まれである。
文明開化の世の中である。いや、これは某極東の国だ。
グアテマラは独立したのが1821年、
その後メキシコに併合されたり、
中米連合という器の中で戦争してみたり、
紆余曲折を経て、今のグアテマラらしき国ができた。
1840年頃の話だ。
それ以降、自由主義的独裁政権が延々と続く。
グアテマラの中世と言ってもよいかも知れぬ。


そういう時代を背景に、ハイソな家に生まれホルヘ少年、
高等教育を受け、アメリカやヨーロッパの士官学校にも留学する。
将来を嘱望された若者だったってことだ。


28歳で旅団長とかいうヤツになったんだそうだ。
そして1922年には師団長様だ。
まぶしすぎる経歴だ。
まぶしすぎて何のことだかさっぱりわからない。
このまま軍で出世するのかと思ったら、
1923年には軍人を止めて政界入り、華麗な転身を図る。
宝塚のスターたちが、芸能界入りするようなものだ。
芸能界入りしてから大成するのか、
それとも芽がでず潰れるのか、結構な冒険ではある。


ウビコの場合、ウビコにして見ればこの転身は正解だったのである。
1926年、進歩的自由主義党とかいう正統を結成する。
当時のウビコはこの国をよくするんだ!という希望があった。
オレの力があれば、この国を良くできる!と。
問題はどういう国が「よい国」なのかという概念なわけだったりするんだが。


そして遂に1931年、大統領に任命される。
立候補したら、対立候補がいなかったのだ。茶番だ。
あらかじめ仕組まれていたのがミエミエだ。
就任しちまえばこっちのものだ。
てなわけで、大改革を行う。出足は良かったのだ。
まずかったのは、自分の取り巻きを重用したことだ。
「いよっ、グアテマラのナポレオン!」なんて
どこからどう聞いたっておべんちゃらでしかないようなセリフを
臆面もなく吐けるような奴した信用しなくなったのだ。
そう、ウビコはナポレオンに傾倒していたのである。
遂には「俺はラテンアメリカのナポレオンだ!」と誇大妄想を抱くに至る。
幸いだったのは、ナポレオン気取りで他国を侵略しなかったことだ。
そんなことをしていたら、グアテマラそのものが地図から消えてたに違いない。


他国を侵略できない分、矛先は国内に向く。
矢面に立たされたのは、反政府の立場にいる人たちだ。
労働者のリーダー、学生、野党政治家などが何百人も殺された。
恐怖政治の始まりだ。これで一気に悪名をはせる。
さらには憲法を改正して在任期間を長くし、
大統領の、大統領による、大統領のための政治に陥ってしまった。


この恐怖政治も12年も続けばほころびが出る。
そして国民は生命を賭けたゼネストを打つ。
さすがのウビコも民意を受け入れざるを得なくなり、
後釜にフェデリコ・ポンセを指名すると、自身はアメリカへと亡命する。
1944年の6月の出来事だ。


ウビコの後を継いだポンセ。
1889年生まれの、やはり軍人である。
恐らくウビコのイエスマンだった人物だ。
おべんちゃらは言えるけれど、政治的手腕は欠如していた。
というよりも、常識に欠けている人物だった、という気がする。
ウビコの後をついで恐怖政治を開始、
短い在任時間に殺された人は数知れず。
加えて、この政権の正当性を審議していた国会に軍隊を出して議員を脅し、
ナントカに刃物、ポンセに大統領、な人だった。
そしてポンセの回りは相変わらずのイエスマンだらけだ。
イエスマンだけでは世の中は成り立たない。
スノーマンだって必要だ。


そう気づいたのが、ポンセの出身母体である軍だったってのは皮肉だ。
1944年10月20日、将校、学生、その他が力を合わせて
ポンセを大統領の座から追放する。
これがグアテマラ史上燦然と輝く10月革命なのである。
国民の力が権力を放逐し、民主主義を取り戻した、
記念すべき日なのである。


グアテマラに民主主義は100年早かった・・・てなのはまた別の話だ。


革命後、ハコボ・アルベンス、
ホルヘ・トリエヨ、
フランシスコ・アラナの3人による三頭政治が行われる。
この三頭政治の下久しぶりの大統領選挙が行われ、
1945年、フアン・ホセ・アレバロが大統領に選出される。
アレバロと後に続くアルベンス政権崩壊までの10年間、
「民主主義の春」と呼ばれる、
グアテマラ人が今でも涙を流して恋しがる
青春の1ページのような時代を開いたのが
この10月革命だったのである。


ちなみに、Wikipediaを参考にさせて頂いた。
ウビコのことやら何やら、おいしそうなところをつまんでいる。
興味のある方はご覧あれ。
Wikipedia - ホルヘ・ウビコ



[ 2008/10/20 11:55 ] Guatepedia | TB(0) | CM(0)

ゴキブリと宇宙人 

もともとこのブログ、
グアテマラのことをあれやこれや書いては
話のタネにでもしてもらおうかいと思って始めたものだった。
ところが最近、どうにも筆?が進まない。


何故かと言うと、あまりに悪い話しかないからである。
世相を見ても、周りを見ても、
どんなにどう料理してみたところで
見栄えはともかく、おいしい仕上がりになるとは思えないような、
そんな材料しかないのである。
とは言え、私は料理が好きじゃないって話は、ここでは秘密だ。


そんなわけで、文体を変えてみた。
いわゆる、気分転換、ってやつだ。
そうすれば硬くて歯が折れそうな牛肉だって
噛めば噛むほどに味の出るスルメのような気がするかもしれない。
あくまで「気がするかもしれない」と言えるだけで
効果の程は保証できない。


保証できないってことをちゃんと書いているのは
使用上の注意みたいなものだ。
神経質な日本の読者から
「スルメだって言ったくせに、歯が折れたのはどうしてくれる」
とクレームをつけられては困る。


そう、私は用心深いのだ。
気が小さいと言ってはいけない。用心深いのである。
用心深くなければグアテマラでは生き残っていけない。


だがしかし、ゴキブリが絶滅しないのは
用心深さとは何の関係もないのかもしれない。
叩き潰しても叩き潰してもゾロゾロやってくる奴等と言えば
ゴキブリとアリくらいしか思い浮かばない。
ちなみに我が家のゴキブリは隣の家からやって来たものだ。
お隣さんが入居してからゴキブリが発生したから間違いない。
そして値段はともかく、栄養価の高い食事を取っている我が家に
引越ししてしまった。
何と言っても我が家は居心地が良いのである。


時間がないと皿も洗わずに出かけるので、
台所には食べかすつきの皿が山になってることがある、ってのは内緒だ。


ゴキブリと言えば、
車ってのはゴキブリに良く似ていると思ったことがある。
地球の上を這い回るゴキブリ、ってのが車だ。
鳥瞰した時の艶々感、ちょこまかちょこまか動き回るところ、
更には種類も色も様々なところも良く似ている。


そんなわけで地球を訪れる宇宙人にとっては
人間よりも目を引くのが車だろう。
生物だと思ってコンタクトを取ろうとすることだってあるかもしれない。
「このホシには同じカタチをした生物が多数存在するアルネ」
「4つの輪っかで動き回る生物って、メズラシイネ」
「だけど、どいつもこいつもほとんど同じコトしか言わないネ」
「それで意志の疎通をしているんだったら、案外高等知能を持ってるかもヨ」
「そうかな。こいつのプップーとあいつのピッピーは
 どっちも『邪魔だ、どけ!』って言ってるように聞こえるヨ」
「野蛮なヤツラってことかネ」
「ほらほら、あっちではぶつかり合って死んでるヨ」
「野蛮だネ」
「野蛮すぎるネ」
「こんな奴等とコンタクトを取っても大丈夫かナ」
「いや、友好関係結ぶ価値ないヨ」
「ホシに帰った方がいいってことネ」
「同意アル」
こうして宇宙人一行は帰途についたのであった。(完)


も少し良く観察したならば、
そのゴキブリに乗り降りする奴等の方が
ゴキブリ本体よりも遥かに野蛮だってことがわかったんではないかと思うが・・・。


そうなったらそうなったで、
「こんなホシ、生物を絶滅させるしかないネ」とばかりに
流星爆弾を打ち込まれていたかもしれない。
人類滅亡の危機だ。


そうなったら
♪運命背負い、今、飛び立つ~、宇宙戦艦ヤマトの出番だ。
そうして地球は救われるのである。
なかなか壮大な話になってしまった。
ゴキブリの話がヤマトにつながるところが壮大だ。


で、宇宙規模の話にしてしまうと、
昨日道路に死体が転がってたのを見たとか
知人の家族の家に空き巣が入って家がすっからかんになっていたとか
その犯人のうち1人を捕まえて警察に突き出したら
「裁判なんかになってアンタが証言したら、
 死体になってるのはアンタの方だ。
 だから、アンタさえ同意するなら、
 コイツを殺してそこら辺に捨てておく。
 オレとアンタの間だけの話だから、誰にもわらかんぜよ」
と言われたとか、
そういうぞっとするような話が皆小さく思えるからいい。


でも実のところ、この地球ってのは
どこかの宇宙人の実験場なんじゃないか、って気がしたりする。
昔、リセットボタンが押されて地球上の恐竜は絶滅した。


そろそろもう一度リセットボタンが押される時期なのでは。
いや、案外もう押されていて、
歴史の流れは既に人類絶滅へ向っているのかもしれない。


ボタンが押されていたところで
できることと言えば、相変わらずゴキブリのように
用心深く毎日を生き延びることくらいしかないわけだが。



まだ降り続いてます、雨 

雨の多い9月を過ぎて、やっとこ10月。
グアテマラの場合、雨季は10月まで、というのが相場です。
あと1ヶ月を乗り切ると歓喜の乾季だーーー!


例年、雨季の後半は「いい加減雨季終われ」と思うものですが
(雨の少ない年だと水不足が心配で雨降ってほしいですけど)
今年の降り方はやっぱり尋常じゃあないよなぁ、と思うのでありました。


なわけで、久しぶりにお天気グーグルが登場。クリックで拡大します~。




密度高く見える雲に中米がほぼすっぽりと覆われておりまして、
かろうじて見えているのがグアテマラ北部。
ユカタン半島は雲ないけれど、キューバはどこへ行ったやら。


左の方、赤い丸が見えるかと思いますが、
私が落書きしたわけじゃなくて、グーグルのハリケーン予報。
その付近にぐるぐる渦巻き雲ありますよね、
それがハリケーンで、赤丸は進路予測と見た。
うーむ、やるじゃんグーグル。


そう言えば、日本でもゲリラ豪雨ってのが度々あったみたいですね。
その局地的集中豪雨って、正しくここらのスコールみたい。
遂に日本も亜熱帯になったのか。


そんな雨が雨季の間、何度も何度も続けば、
ま、そりゃ川は氾濫するし、山は崩れるよな。
というのが9月でした。


我が家付近は、道路がクレーターだらけで、
あはは、ここは月世界だったけ。
と、ちょっとした別世界の気分が味わえたり、
又はクレーターと他の車を避けながら
どれくらいのスピードで走れるか、という
障害物競走が楽しめたりで、
いや、案外楽しいかもね(車壊れるけど)。


とは言え高地の盆地のグアテマラシティーですから、
シティーから外へ出入りする道路は山肌を削っているものが多くて、
そういう道路は軒並み崖崩れしております。
それも毎日のように崖崩れがあって道路が塞がり、
この道を通って通勤する人たちは結構大変。
もちろん、土砂を取り除くのも大変な作業だけれど、
大雨の割には人的被害が例年より小さいのは、
それだけ皆学習したってことなんでしょうか?


さて、これが関係あるのかどうかよくわからないのですが、
今年は例年よりも虫刺されがひどい!と個人的に思ってます。
蚊じゃなくて、ノミとかダニとか、そういう類の虫。
雨粒にも負けるので家の外では生きていられない奴ら、
屋内に入ってきては人を刺すのだと思われるのですが、
雨がひどいと屋内のコイツラも大発生するんでしょかねぇ?
単なる偶然かも知れないけれど、ちょっと気になる。


ちなみに私の背中は虫刺されと搔き傷で、
ちょっと他人様にはお見せできないような有様となっています。
この刺された痕、数ヶ月残っちゃうんですよね・・・。
といいながらも掻きむしらずにはいられないところが辛い。
あー、かゆ。(ボリボリ



[ 2008/10/03 23:02 ] できごととか | TB(0) | CM(0)