カンクン旅行 飛行機編 

ATR-42 in La Aurora



カンクンの話がほとんど出てこないまま、この旅行記も終わるんですが、
小僧の好きな物と言いますと、サッカーの他に飛行機ってのもあります。
小僧は、大きくなったらサッカー選手になり、
30歳で引退して、
その後、航空機のパイロットになる!
という人生設計をしておりまして、
まあそれくらい、サッカーと飛行機が人生の中心な人であります。


と言う訳で、海外旅行と言いますと
飛行機&空港も小僧にとっては旅の楽しみ
今回グアテマラからカンクンの往復に使ったのは、タカ航空(Taca)。
エルサルバドルが本社ですが、中米各国の航空会社を統合しておりまして、
グアテマラのAviatecaもTacaに吸収合併されております。


で、乗ったのが写真の飛行機。
いつまで経っても改装の終わらないアウロラ空港で撮ったもので
ガラスが反射してちょっと見にくいですけれど、
ATR-42という、50人乗りのプロペラ機。
飛行機の後ろのドアは、パタンと下に開くようになっていてタラップ兼用です。


ちなみに、乗員はパイロット、コーパイ、客室乗務員が1名の計3名。
最近ムンド・マヤと名を改めたフローレスの空港に一度立ち寄りますので、
たった1人の客室乗務員ホセマリアさんは結構大忙しのフライトです。


さて、カンクンの空港でバスに乗り、そのタラップ兼用階段を上って行くと、
そこには機長さんがいて、乗客を迎えていたのでした。
パイロットになりたい小僧は、こういう機会は逃しません。
「ボク、大きくなったらパイロットになりたい」としっかり宣伝して握手。


まあ、それだけなら、我家的には良くある話・・・・・・だったんですが。
離陸して、上空を飛行中にその機長さんが小僧のところへやって来て、
「操縦室に行ってみたいかい?」
そりゃあ、一も二もなく、行ってみたいですがな。
「じゃあ、後で着陸の時になったら呼ぶから」。
えええー、いいんですかぁ~~~!?


半信半疑だった私たちのところに、
しばらくしてホセマリアさんがやって来て、
「じゃ、行こうか!」
と小僧の手を取って行ったのでした。
しばらくしてホセマリアさんだけが戻ってきて、
「お母さんも一緒に、どうです?」
えええ~、私まで行ってもいいんですかぁ~~~!!??


さて、キャビンと客室を分けるドアは2枚ありまして、
1枚目のドアは通路(前部ドアがある)、
2枚目がキャビンへの入り口になっていました。
そこを開けると、大柄な人なら1人だけでも窮屈なスペースがあるのですが、
閉じたドアに予備の椅子がついておりました。
結構高い位置にある椅子で、
私のようなチビは手を貸してもらわないと座れないのですが、
まあ、ぎりぎり足台に届きます。


なんだ。
足の届かない小僧のために、
チャイルドシート代わりに呼ばれたんか、私は。
まあでもいいや。
小僧のお陰で普段は入れない操縦室に入れたんだからな・・・。


小僧はヘッドセットもさせてもらって、格好だけは一丁前。
飛行機は少しずつ高度を下げているようで、
高度が設定した高度近くに下がってくると
オートパイロット装置がブーブー鳴ったりとか、小僧は興味津々です。
やがてペテン・イツァー湖が前方に見え、
その脇にあるムンド・マヤ国際空港もはっきりと見えるようになってくると、
航空管制官からの着陸許可を受けて
オートパイロットを解除して着陸態勢。


右にカーブを切って滑走路の正面に回ると、
更に高度を落としてゆっくりと着陸する瞬間まで、
わくわくする、何とも言えない体験でした。


着陸すると駐機場まで行って停止。
停止した後、副操縦士さんが小僧に、
「このレバー、こうやって動かしてごらん」。
小僧がやると、モーターが停止してプロペラも回転をストップ。
エンジンを停止させてもらった小僧はもう大喜び。


その後、機長さんたちにお礼を言って席に戻ったのですが
座席の近くにいた男性グループが小僧に
「おい、オレ達、びっくりして死ぬところだったぜ」とジョーク。
小僧はえへへ・・・と幸せな照れ笑い。


まあこんなこともあって、小僧はパイロット熱が更に過熱
でも、パイロットとして空を飛べるって、本当にいいなぁ。と私も思いました。


後で小僧が爺婆にこの話をしたら、
「日本ではそんなこと絶対にさせてくれないだろうなぁ。さすがはラテン!」
と妙なところで感心?されましたが、
小僧にとっては一生忘れられない、素晴らしい思い出になったようです。


楽しい旅に、こんな思いがけないハプニングまであって
「やっぱりカンクンはいいよねぇ~」
「うん、また行きたい!」


いつの日か、また行けるといいけどね。


[ 2007/12/30 19:33 ] 旅行記 | TB(0) | CM(4)

カンクン旅行 ドルフィン・ディスカバリー編 

イルカ



ナマケモノの私としては、イグアナ同様ひなたぼっこしていたかったのですが、
小僧連れではなかなかそんなわけにいかないのが、残念です。


「ボク、イルカと泳ぎたい」という小僧のお陰で行くハメになったのが
イスラ・ムヘーレスのDolphin Discovery。
ここ、イルカやサメを飼育しておりまして、
その他にもプールもあったり、レストランもあったりします。
私たちが行ったのは土曜日で、かなりの人ごみ。
日本人のグループもちらりと見かけましたよ


ここ、シュノーケリングなんかも教えてくれたり、
いろいろプログラムもあるようです。
でもって小僧が参加したのはエンカウンター・プログラム。


まず登録するんですが、この金額が一人$74だったかな?
メキシコなのに、ペソじゃなくって、ドルですよ、ドル。
ちょっとびっくりするくらい高くって、
子どもだけでは参加できないというので已む無く私も参加したのですが、
2人で$150近い金額で、いきなりぼーぜーん
でも折角ここまで来たのだから、ここは参加してまえ!
てなわけで、おみやげ買うつもりで取っておいたお金
イルカに消えました。皆さん、悪しからず。


ま、その後インストラクションを受けて、救命胴衣をつけて、いざ出発。
参加メンバーは他にメキシコ人、アメリカ人、韓国人だったかな?
韓国のお父さんはお子さん2人を抱えておりました・・・・・・。


インストラクターは当然英語とスペイン語。
「両手のひらを重ねて出すとイルカちゃんが顔を近づけるから、
こうやって自分の顔の方に動かすと、キスしてくれるよぉ~」
というわけで、私たちもやりました。


私たちのプログラムに参加してくれたイルカはラケルちゃん。
今年子どもを生んだばかりだとか。
やっとラケルちゃんとご対面することになった小僧、
手の動作もちゃんとできて、無事、キスもできたし、ヒレにも触れたしでご満足。


で考えてみると、これが小僧のファーストキスらしい。
あら、ファーストキスの相手はラケルちゃん!?
そうやってからかっても、何だか満更でもないらしく?
後で売店でラケルちゃんの顔入りTシャツを買って喜んでおりました


写真はそのラケルちゃんじゃなくて、別のイルカ。
と言っても、どのイルカも同じ顔に見えるんだけれど。


[ 2007/12/29 23:17 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

カンクン旅行 イスラ・ムヘーレス編 

イスラ・ムヘーレスからカンクンを望む



「ボク、船に乗りたい!」という人が約1名いたので、
「じゃあ、イスラ・ムヘーレス(ムヘーレス島)にでも行くかい」
ということになりました。


実は6年前に初めてカンクンを訪れた時にも行ってたんですけれどもね。
「ボク、そんなの覚えてない」。
そりゃ、君は当時3歳だったからねぇ。ハイハイ。


というわけで、プエルト・フアレス(フアレス港)から高速艇に乗って
一路イスラ・ムヘーレスへ。
着いたところで、「さてこれからどうしようか」。
と一同思案した結果、ゴルフカートに乗って島内を走り回ることにしました。


イスラ・ムヘーレス、女島てな意味ですが、
この島、元々マヤ系先住民が住んでいて、
マヤの月の女神イシュチェル(Ixchel)を祀っていたのだとか。
恋愛や子孫繁栄を担当するイシュチェル神に祈りを捧げるため、
人々は女性の形をした像を奉納していたようですが、
後にスペイン人が来た時に「なんや、ここは女の島かい」と言って
イスラ・ムヘーレス(Isla Mueres)と命名したんだそうです。


・・・・・・いやいや単純ですな、スペイン人って。


まあそれはともかく、とっても小さい島で、
ゴルフカートでも1時間ちょっとでぐるっと一周できてしまいます。
それでも車が増えましたね。別荘も増えてたなぁ~。
私もこんなところに別荘があったらいいなぁ~と思いつつ、
立派な別荘群と地元の人の慎ましい家のあまりのギャップにも
ちょっとショックを受けたりします。


私個人のお気に入りは南の岬。
ここにはイシュチェル神を祀った神殿もあるのですが、
この岬で海をぼーっと眺めているだけで、幸せになります。
この南岬、風がびゅーびゅー強くって、
はるか彼方から押し寄せてくる波もそれなりに荒いです。
でも太陽にきらきら輝く海があるだけで十分だな。


イグアナも同じ気持ちかも?
この岬、イグアナがたくさん日向ぼっこしてるんですよね。
いいなあ、こんなところで毎日日向ぼっこできるなんてさ。
あー、あたしもイスラ・ムヘーレスのイグアナに生まれたかったかも・・・・・・


写真はその南岬の灯台からカンクンを眺めたところ。


[ 2007/12/27 23:50 ] 旅行記 | TB(0) | CM(0)

大統領就任式にチャベスがやって来ると・・・? 

今日はカンクン旅行の続きでも書こうかなと思っていたのですが、
こんなニュースが目に引っかかったのでご 紹介。


ニュースの主は今をときめくベネズエラ大統領ウーゴ・チャベスさんでございます。
かいつまんで書きますとこういうことです。
来月の14日、グアテマラで新大統領の就任式が行われる予定となっておりまして、
ハデ好きなチャベスさん、この就任式にやってくる!ことになっておりました。


ところがここに至ってチャベスさん、
「怪しからんことに、グアテマラでワシを暗殺する計画がある。
 それもアメリカ政府が背後で動いとるらしい!」
とぶち上げたのでありました。


チャベス説によりますと、ベネズエラの刑務所を脱獄した
ルイス・ポサーダスってキューバ人テロリストてのがいるそうなんですが、
そいつがアメリカの支援を受けて中米に潜伏していて、
今度の暗殺計画に一役買っているんだそうな・・・・・・。


う、う、う~ん、そりゃあどう考えたって考えすぎですぜ、チャベスさん。
ここはグアテマラでっせ。
警官を金で雇って暗殺させて、バレそうになったら実行犯まで抹殺する、
て方が、テロリストなんか使うよりも簡単・確実アルヨ


てな冗談(本気?)はともかく、
いきなりこんなこと言われて困惑してる、よりも多分むかついているのが
SAASことグアテマラ版シークレットサービス。読みはサースあるいはサアス。
「んな話、聞いたこともねえよ。
 危険(テロリストの潜伏)があるなんて情報、
 ウチも、内務省(警察当局)も国防省も持ってないよ
とSAASのトップ。


大体、大統領就任式のような国家行事の来賓を国内で殺されたりしたら、
国家的恥でしょ、やっぱり。
コロン新大統領にとっても、大切な就任式に水を差されるのみにあらず、
就任早々ベネズエラとの外交問題を抱えるようじゃあ前途真っ暗だしね。
てか、そんなこと言うんだったら、来なくていいから、別に。


もっとも、本当の狙いはこうやって事前にあおっておいて、
アメリカなり、グアテマラなりの動きを牽制するところにあるんでしょう。
これで、グアテマラ国内ではローマ教皇かアメリカ大統領並の警備体制が
チャベスに対しても取られること間違いなし。と思われます。


なーんだ、つまり、警備の車列を引き連れて走りたかっただけかい。



[ 2007/12/26 23:38 ] ニュース | TB(0) | CM(4)

カンクン旅行 チチェン・イツァー編 

チチェン・イツァー 戦士の神殿


11月後半、実家の両親が孫を訪問に来たりしまして、
帰り際、一緒にメキシコのカンクンへと行ってきました。


私たちにとっては2度目のカンクンですが、
ホント、何度行ってもいいところですよねぇ~。
ビーチに寝っころがって、ぼーっとしているだけで極楽!


もっとも、そんなにのんびりとはさせてくれない小僧がいるのが辛いところですが。


某日系エージェンシーの手配するチチェン・イツァー旅行にも行ってきました。
私たち以外は、皆新婚さん という環境で、
ただでさえ暑いのに、更に熱くなってどうすんだー


ちなみに、カンクンというのはビーチですから
暑いとは言っても風が通るんで凌ぎやすいんですよね。
ところがマヤの遺跡として有名なチチェンは内陸部でとにかく暑い。
いやはや、良くこんなところにこんな町を造ったな、この人たち。


チチェンで有名なのは、その建造物&セノーテ。
どの建造物も保存状態が良くて、素晴らしかったです。
球技場などで手をパン!と叩くと遠くまでちゃんと伝わる、
とか言った音響効果もはっきりと再現可能。
んなわけで、いろんなグループが球戯場や神殿の前で
パン、パン、パン!!と柏手を打つ姿が見られたりして、なんだか妙な感じ。


だけど、折角のピラミッドも神殿もカラコルもその他も、
上れないんじゃあ価値半減だよなぁ・・・と思うのは私だけ?


グアテマラのティカル遺跡は、第1号神殿以外はとりあえず登れます。
昔はどれもそのままオリジナルの階段を登るんだったけれど、
最近はどの神殿も木のハシゴがかけられていて、
オリジナルの階段を登るのは「失われた世界」とか、
神殿じゃない(従ってあまり高くない)建造物ばかり。
でもって、無茶苦茶恐ろしい第5号神殿なんてのもあったりするんですが、
とにかく登れるわけです。


とくに第4号神殿なんてのは上からの眺めが絶好だしね・・・、
すっかり登るつもりでいた小僧なんかは、肩透かし食わされてがっかりでした。


加えて、チチェンは意外と小さい感じがします。
いろんなものが中央広場を中心に、うまくまとまっているとも言えるかな。


ティカルは、公園の入り口から登り道を30分ほど歩かないと
第1号神殿に辿りつかないということもあって(?)、
余計に広く感じるのですよね。
でも木々の中を歩きますから、結構気持ちがいいし、
猿も良く見かけるので、歩くのが楽しい。
チチェンを代表する動物はイグアナですかね?


でも、チチェンのピラミッド、神殿、カラコルなんかの美しさは際立ってますよね。
時間があれば、ゆっくりレリーフなんかも見たかったですが・・・、
いつの日か、また行けるかなぁ?


写真は戦士の神殿。
元々は屋根がついていたんでしょうね。
上の柱の間に小さく見えるのが、チャク・モル、犠牲を捧げたとされる石像です。


[ 2007/12/25 23:56 ] 旅行記 | TB(0) | CM(2)

ごぶさたでした。 

超々ご無沙汰してしまいましたが、
クリスマスも過ぎて(と言ってもグアテマラはまだ25日だったりするんですが)、もう年末。
当地でもいろいろなことがあったりもしましたが、
個人的には、小僧と共に1年を無事に過ごすことができたことを幸せに思っています。


・・・・・・いや、まだ一週間ありますけれど。


そろそろぼちぼちまた更新していきたいと思いますので、
宜しくお願いいたします


【追記】
折角なので?テンプレも変えてデザインを変更してみました。
プラグインの文字が小さくて見にくいかなぁ?という気がするのですが、
いかがでしょう?

【追記 その2】
プラグインの文字、やっぱり小さいよなぁ~。
と思って、テンプレいじって少し大きくしてみました。
これくらいなら読みやすいかな?


[ 2007/12/25 22:08 ] できごととか | TB(0) | CM(0)