FC2ブログ















大統領選挙の結果 

大統領選挙の結果は、事前の予想通りアルバロ・コロンがトップ通過、2位のオットー・ペレス・モリーナと11月4日に決選投票を行うこととなりました。


まあこれは予想通りだったんですが、結構おもしろかったのが生中継で行われた開票の様子。今まで気にして見たことなかったのですが、今年は小僧が選挙関連のニュースを見たがったのでお付き合い(え?我が家の場合は親子で見る番組が逆?)。


午後6時で投票が締め切られると、その場で開票作業が行われます。まず開票が始まるのは大統領。開票は投票テーブル毎。投票の受付を行っていた係員の責任者が一票ずつ読み上げては、各テーブルにいる各党の検事にも見てもらって不正がないかどうかを確認。


各テーブルごとの投票数って、200くらいでしょうか。これを延々とやるわけですから、結構な重労働。何しろ、朝から借り出されてずーっとその場にいなければいない上に、開票作業って数時間かかりますからねぇ・・・。ご苦労様です。


さて得票の方は、今現在(9月11日17:54更新分まで)の開票率は99.51%。総投票数が3,621,852票で有効票が3,280,609。ちなみに選挙登録をしているのは5,990,029人ですから、選挙登録数に対する投票率は60.5%。

アルバロ・コロン UNE 926,244 28.23%
オットー・ペレス PP 771,175 23.51%
アレハンドロ・ジャンマテイ GANA 565,270 17.23%
エドゥアルド・スーゲル CASA 244,448 7.45%
ルイス・ラベー FRG 239,208 7.29%
マリオ・エストラダ UCN 103,603 3.16%
リゴベルタ・メンチュ EG 101,316 3.09%
フリッツ・ガルシア-ガヨン PU 95,743 2.92%
オスカル・カスタニェダ PAN 83,826 2.56%
ミゲル・アンヘル・サンドバル URNG-MAIZ 70,080 2.14%
マヌエル・コンデ UD 24,971 0.76%
パブロ・モンサント ANN 19,377 0.59%
エクトル・ロサレス DIA 18,819 0.57%
ビニシオ・セレソ DCG 16,529 0.50%

世界的な注目を浴びた、ノーベル平和賞受賞者のリゴベルタ・メンチュさんは非常に低調な結果に終わりました。


同日に行われた国会議員選でのEGの議員候補への投票が19万票あるのに対し、同じEGのリゴベルタへの投票が10万票と、党そのものが支持されていないのではなく、リゴベルタが支持されていない、ということも明らかにもなっており、担がれて出馬したリゴベルタにとっては悔しい結果でしょう。


「選挙資金がなかったことが大きい(=CMを流せなかった)」との指摘はありますが、そんなことは最初からわかっていたこと。知名度では他の候補を圧倒していたわけですから、やっぱり選挙の戦い方が悪かったんでしょ。この後、リゴベルタがどうするのか(政治活動を続けるのか、断念するのか、別の方法を模索するのか、など)には興味があります。


どうでもいいんですけれど、私の家って、オットー・ペレスの事務所からそう遠くないところにあるのですね。
開票が進んだ深夜、盛大に花火が上がっていたのは、多分ここの事務所がやってたんでしょう。
決選投票進出が嬉しいのはものすごく良くわかるんだけれど、だからって夜中の1時や2時にすっごい音のする花火打ち上げるのはちょっと


小僧も飛び起きてしまい、花火が鳴り終わるまで眠れなかったらしい。おかげで翌日は眠たげな顔で学校へ行くハメに


ちなみに、子ども選挙の結果は、このオットーさんが39.64%の得票で1位。次点がコロンで、3位がジャンマテイ。投票総数は239,303だったそうです。



[ 2007/09/11 23:47 ] 2007年総選挙 | TB(0) | CM(4)