パボン物語 III 

前回の続きです。


CODはパボンの内部での麻薬の取引を仕切っており、
更に、その麻薬が刑務所の外へ出ていくのを許可している。


セペダのもとには売上のうち、一定の割合が入ってくる。
セペダのコカインラボは所内最大のもので、
ネルソン・オランテス所有の自動車修理工場を利用している。


コカインの精製ラボは他にも2つある。
一つは靴工場のオーナー、サントス・マウリシオ・リバスのもので、
もう一つはコロンビア人のホルヘ・バトレスのものである。
両者とも麻薬取引で服役中である。
ロコことバトレスはコカインの積荷の横取りを指図し、
その後パボンに隠したと見られている。
当局は、ロコは暗殺者団のリーダーであると見ている。


7月27日、グアテマラ人1人、カナダ人1人、メキシコ人1人が、
バトレスに面会した後、パボンの外でアサルトライフルを持った一味に襲われるという事件があった。
警察では他のバンダの復讐によるものと見ている。


パボンで精製されるコカインは、所内で販売されるだけではなく、
首都のあちらこちらで販売されている。
当紙のリポーターは、刑務所の廊下でクラック、コカイン、マリファナを購入することができた。
このような麻薬をどこで入手することができるかを尋ねたところ、
第4, 6, 9, 10, 12, 18区のストリップ劇場との返事がかえってきた。


刑務所の中で販売されている麻薬の価格は、1gあたりQ20, Q30, Q50, Q100, Q300である。
また、刑務所の外へ販売するために大量取引きをすることもある。


「刑務所の中で売られている麻薬は高い。
 だからヤク中のヤツラは、クスリを買うために持ち物をみんな売っ払うことになる」と
ある囚人は話してくれた。


また、この商売にはダニエル・セラダ大佐がかかわっていると言われているが、
この人物は警察の麻薬取締課内で汚職にかかわっているエージェントと関係があると当局では見ている。
「汚職にかかわる警官が、押収した麻薬を盗んでは、セラダのところに持って行く。
 そこで精製されて、配られるんだよ」とある警官。


刑務所の資料によれば、セラダと対立するグループは、
彼を暗殺するためにQ5万支払う用意があるという。
誘拐組織AR-15のチキトンことエリック・マヨルガは、
パボン内部の主だった麻薬の売人で、CODのために活動している人物である。


字数制限に引っかかってしまったので、残りは次に。


[ 2006/09/30 20:42 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

パボン物語 II 

昨日の続きです。



囚人の面会に訪れる家族らがもってくる金は、
「税金」の名の下にCODの懐に入るようになっている。
「入所すると、まずQ1300($173)支払わないといけない。
 これが払えないと6ヶ月間タラチャ(清掃)をさせられる」。


パボンの収容者は、既決囚1647人。
一週間あたりQ10を支払うと、配偶者が一緒に眠ることを許される。
支払いを拒否すると、ポロで懲罰を受けるのだという。
ホセ・エルナンデスも入れられたこのポロという名の独房は、
トイレもなく、水がたまり、異臭のする場所である。


毎週、CODはこの「税金」でQ16,470($2,196)の収入を得る。
月額ではQ65,000($8,667)、年間ではQ790,000($105,333)となるが、
この額は、囚人が労働によって得られる賃金(一週間でQ50~60)とは大きな違いである。
(*私の試算では、年間収入がもっと多くなるんですが、原記事通りの記載にしておきます。
 なお、ドルへの換算をしたのは私。$1=Q7.50で計算)


当局は、囚人の妻や娘が、囚人の命を助けてもらうかわりに、
CODのリーダーやメンバーらと肉体関係を強要されたとの訴えを12件受けている。
食料品店や食堂と言った店を開きたい囚人は、
毎週、権利料としてQ20、電気代としてQ30をCODに支払わなければならない。
もちろん、この電気代というのは国が電気会社に支払っているものなのに、である。


携帯電話を持っている者はQ50支払わなければならない。
警察によると、一般的に、携帯電話は恐喝や誘拐事件に利用されているという。


こういった恐喝による収入が月額約Q600,000($80,000)で、
このうちセペダがQ200,000、アルバラドがQ150,000、グディエルがQ75,000を取り、
残りは委員会のメンバーで分け合うこととなっている。


パボンには一般社会のようなインフラも存在している。
金があれば2部屋の家やら、時には立派な一軒家にまで住むことが可能である。
資金がなければ強盗や暴行にあう可能性のある、囚人で一杯の一般房で寝ることになる。


パボンの土地はCODがQ4000~5000で分譲している。
家を建てたければ、これとは別に建築費用が必要となる。


ここにある家は、トタン板やダンボール紙、ビニール、衣類などで建てられているものが多いが、
その土地は(囚人の作業用の)農地である。


CODは土地の権利書を発行しているが、もちろんこれは国有地である。
囚人が懲役を全うして出所するときには、この土地を別の囚人に売却していくこととなる。


しかし、この5ヶ月ばかり、住宅の建設は行われていない。
更生施設局長のアレハンドロ・ジャンマテイが、セメントの持ち込みを禁止したからである。


ジャンマテイは
「政府がパボンを見捨てて以来、
 犯罪組織はここを重要なポイントと認識し、勢力を伸ばしてきた。
 犯罪組織を見てみたければ、パボンに行けばいい。
 我が国にとってパボンは、エルサルバドルのマリオン刑務所、
 ブラジルのサン・パブロ、メキシコのラ・パルマと同じようなもの」と語っている。


パボン物語、まだ続きます。


[ 2006/09/27 19:30 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

パボン物語 I 

刑務所・・・と言えば、罪を犯した人の更生を図るところ・・・・・・というのがタテマエ。
でも、グアテマラの場合は、無法地帯、悪の巣窟、
軽犯罪人が凶悪犯罪者へと変身するところ、とでも言えばいいんでしょうか。


あらためてそれを感じさせるような記事が
日曜日の新聞に出ていたので少しご紹介してみようかと思います。
この記事に出てくるパボン刑務所はグアテマラシティー近郊のフライハーネス市にある、
国内最大の刑務所です。



マフィアが支配するパボン

パボン刑務所を完全に支配下においているのは規律委員会(COD)という名のマフィアである。
一味は金、武器、盗聴システムをコントロールしている。
彼らに反対する囚人は、襲われたり、刑務所内で更に牢獄に入れられたりする。


囚人の更生のために建てられたこの刑務所は、
当局がその管理を囚人の手に委ねた10年前より、組織犯罪団のものとなっている。
当局がコントロールしているのは、わずかに管理棟だけである。
警備官70人が周囲を警備し、更に70人が刑務所の外を監視している。
刑務官の数は囚人25人につき1人である。
所内ではCODが5.5haに及ぶ区域を管理し、監視を行っている。


その実情を探るために、当紙(Prensa Libre紙)の記者は
何週間にもわたってパボンを訪問し、インタビューを行った。
その結果、CODを率いるのは殺人で服役中のルイス・アルフォンソ・セペダ・ゴンサレスであり、
CODの収入は月額Q60万に及ぶことが明らかになった。


CODの副委員長はオマール・アルバラド、
オペレーション・警備・ロジのスーパーバイザーはミグダ・グディエル・カルデラス、
更に16人のセクター長、
200人のサービス責任者がおり、他の収容者を抑圧するシステムとなっている。
委員長が27年の懲役を全うするまで、この刑務所を支配することになるのである。


セペダらはピストル、マチェテ(山刀)、棍棒で武装した「サービス」担当者らに守られている。
彼の力は刑務所の外にまで及び、息子のサムエル・セペダはパボンに匿われている。
サムエルは囚人ではないにも係わらず、刑務所内で生活している。
囚人らは、彼は窃盗団のメンバーで、
「彼を殺そうと狙っている奴らがいるからここに隠れている」と言っている。


COD委員長は、誘拐団、恐喝団、暗殺者、麻薬組織らとつながりを持っており、
これが所内で違法な商売を行うのに役立っている。
さる9月11日、囚人のホセ・エルナンデスがこのグループの一味から殴られ、
ポロと名づけられた独房に入れられた。
エルナンデスは頭部の外傷を負い、病院に運ばれたものの
4日後に多臓器不全及び心不全により死亡した。


囚人らによると、CODへの密告を行う情報提供者が100人ばかりいるという話である。


「外の犯罪集団には、刑務所を完全に支配下にしようなんて気はないんだ。
 むしろ、CODが面倒を見てくれる方が都合がいいってわけさ。
 彼らは刑務所の外で仕事をし、中ではCODと手を組んでいる」。


・・・これからが本番のパボン物語。長くなりますので、続きはまた後日。


[ 2006/09/26 19:27 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

Paloma Herida (パロマ・エリーダ) 

Paloma Herida(パロマ・エリーダ、傷ついたパロマ)という映画を見ることができました。グアテマラを題材にしたもので、製作は1963年。モノクロ映画です。

 

舞台となるのはサン・アントニオ・パロポ。グアテマラを訪れたことのある方なら、多分この町をご存知ではないでしょうか。アティトラン湖の北側、山の斜面にへばりつくように位置しているインディヘナ(カクチケル族)の町で、パナハッチェルからランチャで15分ほどですか。桟橋から家々の間を通り抜けながら坂道を登っていくと、やがて教会に着きます。この教会から眺める湖の風景は本当に美しい。地味もあまり良くなく、決して豊かな町ではありませんが、印象に残る町ではあります。

 

さて、主人公のパロマちゃん(この人、全然インディヘナに見えませんね。髪も金髪だし・・・)は、この平和でのどかな町に生まれ、やがてエステバンと結婚・・・の予定でした。

 

そんなある日、町に突然ダニーロと銃を持った男たちやら女たちがやってきます。住民を集めたダニーロは「この町はわしのもんじゃ。住まわせてやるから、いう通りに働くように。こんな遅れた生活ではなく、文明をもたらしてやる」と宣言。そしてその日から、住民は農奴として重労働につかされます。仕事の合間にわずかの水を飲むことさえ満足にゆるされないまま、追い立てられるように働く日々。

 

ダニーロがパロマに目をつけていることもあり、エステバンは「妻であれば僕が守ってあげることもできるから」とパロマとこっそり結婚しようとしますが、これがダニーロに見つかってしまいます。ダニーロは「ワシが二人を結婚させてやるから心配は無用じゃ」と町をあげての結婚式を執り行うのですが、これは罠でエステバンは式の最中に殺されてしまいます。

 

ダニーロはパロマの父親も殺してパロマを自分のものにしてしまう・・・。

 

さて、その後に来るストーリーは映画の冒頭になるのですが、パロマは別の町でダニーロが女といちゃついているところに乗り込み、ピストルで復讐を果たす。

 

逮捕されたパロマはなかなか口を開こうともしないのですが、やがて獄中で子供を生み、それがきっかけで事件の真相を語り始めるのでした・・・・・・。

 

 

というストーリー。画面の白黒がなんといいましょうか、非常にコントラストの強い白黒なんですよねえ。白黒は白黒でもグレースケールの幅の広い白黒を見慣れているせいか、本当に白と黒しかない画面を見ていると何だか疲れる・・・・・・。でも、風景の美しさや当時の風習なんてものは良く伝わってきます。湖の美しさ・・・。これはやはりモノクロでは厳しいか。

 

それにしても、今まで考えたこともなかったのですが、グアテマラなんかに多々ある農園、農場っていうのは、きっとこんな風に始まったのでしょうね。人が平和に自分たちのやり方で住んでいるところに、ある日いきなり他人がやってきて「今日からここはオレのものだ」と宣言する。そして彼のしきたりを押し付け、従わないものには容赦ない罰を与える。

 

こんなシーンもありました。ダニーロは住民にわずかばかりの賃金を支払いますが、自分で開いた酒場に住民らを呼び集め、ジュークボックスで音楽を流し、連れて来た女たち(ダニーロの妻の女中さんたち)に踊らせます(なんと、ラ・クカラチャにあわせて踊るんですよ~。すごすぎ)。やがて住民らも踊りに加わり、自分の金で酒を飲むようになり・・・。こうして住民たちの間でも諍いが増えてゆきます。こうして「自称」地主は、より容易に住民を扱っていけるようになるのですね。

 

なんとも・・・。ストーリーそのものは単純な復讐劇ではあるのですが、その背景は今まで私が考えたこともなかったような内容で、なんとも重い気分になりました。

 

監督はメキシコ人のエミリオ・フェルナンデス。ですが監督よりも俳優としての方が有名な方のよう。この映画でもいかにも憎々しげなダニーロ役を務めています。DVDにもなっていないので、入手は不可能だと思いますが、何かの拍子に見かけることもあるかも・・・・・・なわけないか。




[ 2006/09/24 20:46 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

国連安保理常任国入り!? 

国連の安全保障理事会と言えば、拒否権を持つ5カ国の常任理事国と、任期が2年の10カ国からなる非常任理事国からなる計15ヶ国の代表で構成される、国連の最高意志決定機関・・・だそうですが(にわか仕込み)、現在は日本も現在非常任理事国となっていますよね。

 

その安保理に、恐れ多くもグアテマラが立候補!しております。なんでもラテンアメリカの理事国枠は2枠ありまして、現在はアルゼンチンとペルーが収まっているらしいんですが、そのアルゼンチンの任期が今年一杯。その後任を狙っている、という次第です。

 

そこで気になる対抗馬はウーゴ・チャベスのベネズエラ。いやいや、グアテマラなんかよりもずっと理事国らしい気はするんですが、「とにかくアメリカの言うことには何でも反対」のチャベスのベネズエラが理事国なんかになっちゃったら、まとまるものもまとまらんでしょ。という気がいたします。

 

ま、基本的には「ラテンアメリカ・カリブグループ」っていう何だか聞いたこともないグループが、候補者の調整を行って、安保理で承認を受ける、という形が多いんだそうです。

 

でもって、調整がつかなければ国連加盟国192カ国による投票。2/3以上の支持票が必要なんだそうですが、これに達する国がなければ、達するまで投票を続ける。

 

・・・こういう決め方って、なんだか良くわからない・・・ですねえ。気を変えて他の国に投票する国って、一体???って思いません?それよか5回やってダメなら支持の多い方にしましょ、とか、どっちもダメなら第三国の立候補を受けつけちゃう、とか他にも方法はあると思うんですけれどもね。

 

それにしても安保理になると何かいいことあるんでしょうか?国連内での発言力が高まる?う~ん、多分、ひょっとしたらちょっとぐらいは。でも、代表を物価の高いニューヨークにある国連本部に常駐させないといけないわけですし、正直に言って失うものの方が大きいような気が・・・

 

でも、この理事国入り、現在のオスカル・ベルシェ大統領の就任以来の悲願なんだそうで。言い出したら他が声が聞こえなくなっちゃうこのウサギ氏、任期はあと1年と数ヶ月ですが、にっちもさっちもいかない内政は放っておいて、外交でちょっとはオイシイ思いでもしようと計算しているのかな???

 

1016日の投票日まで、あと4週間!




[ 2006/09/20 18:11 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

独立記念日の学校行事 

最近ずっとご無沙汰・・・でしたが、実は別のことに気を取られておりました。

 

別のこと、って、はっきり言って帰国の手配。とりあえず、飛行機の予約は全てOKになりまして、今度は日本であーする、こーする、という辺りの計画というか、やりたいことをとりあえず考えてみたり・・・。滞在期間がさほど長くないので、やらなきゃいけないことはさっさと済ませる必要もありますし。

 

話は変わりまして。この15日はグアテマラをはじめ、中米各国の独立記念日でした。13日から市内は既にお祭りムード。というのは、毎年恒例の学生による聖火リレーが駆け回っていたからです。

 

聖火リレー、といいますが、この数がハンパじゃない。学校ごとに企画してやってる+町ごとに企画してやってる+自分たちでテキトーに聖火を作って走り回っている なんてのが混ざっている上に、一つのグループが複数の聖火を持っていたりするので、一体全体いくつの聖火があるのか?という話になると、誰も本当のところは把握していないんじゃないだろうかと・・・。

 

特に14日は朝から晩までこんな聖火リレーが走り回っているので、市内の道はあちらもこちらも大渋滞。走っている人たちは「これが青春!」とか思ってるのかもしれないけれど、おばさんにとってはちょっと傍迷惑な気がするんですけれどもね。ま、いいや。

 

この日に合わせて特別行事を行う学校も多くあります。多いのは、街道を練り歩く行進。この日の主役は「プレシデンテ」と「ミス・なんとか(ここにくるのは学校の名前)」。プレシデンテって大抵男子でミスなんとかってのはもちろん女性なんですが、どちらも投票で選ばれているはず。なんでミスなんとかがあってミスターなんとかがないのか?はよくわからないんですが、好きなんですよねえ、ここの人たち。

 

で、私的にちょっとおかしい!と思うのが、プレシデンテは、まあ、立派な服着て歩いているからいいんですけれど、ミス・なんとかの方って、いつも車に乗っているんですよね。それも、トラックの荷台に乗っているのならまだしも、きれいな洋服着て、冠つけて、車のボンネットに妙な格好で座っているケースがあったりする!車はさすがにゆっくり走るわけなんですが、つかまるところもないし、スカートだから足上げるわけにもいかないし、ものすごく不自然。ま、本人にとっては一生に一度の?記念なんでしょうが・・・

 

我が家のサッカー小僧の学校は、この奇妙な行進も聖火リレーもなく、とある学年が中心になって、この日の歴史を調べて発表する!のですが、その後「フェリア・カントナル(Feria Cantonal)があります。村祭り、という意味のこのお祭り、名前の通り、子供たちが主催の食べ物の屋台があったり、アトラクションがやってきたり。全校生徒(幼稚園から高校生まで)が一同に集まって、仲良く遊具で遊んだり(観覧車とか、ちょっとした乗り物があるらしい。今年は全部で6個だったとか)、食べたり。私も参加してみたいなあ~。

 

正直言って、聖火リレーや行進よりも、ずっと楽しそう。小僧もこの日は、「ルエダ・デ・ドラゴン(私の理解ではバイキングって言われてるヤツ??)が楽しかった~」と、話し始めたらもう止まらない。小さい子どもたちも楽しめる、こういう行事はいいですよね、やっぱり。




[ 2006/09/18 19:16 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

航空券 

今、年末の帰国を画策しておりまして、チケットの手配やら調べものやら・・・をしているところです。

 

日本-グアテマラ間の便といいますと、いくつかあるのですが主なものは

ロサンゼルス経由

ダラス経由(アメリカン航空)

ヒューストン経由(コンチネンタル航空)

アトランタ経由(デルタ航空)

というところでしょうか。アメリカには行きたくない!という向きにはメキシコ経由というのもありますが。チケットは高いし週2便しかないし、お陰でいつも満員御礼。いささか敷居の高いルートではありますね。

 

さて、グアテマラに滞在する日本人が帰国するのに使うのは、圧倒的にロサンゼルス経由。乗り継ぎの便は一番良くないんですが、便数の多い太平洋路線が選べる、というのがミソなんですよね。

 

ロサンゼルスまではユナイテッド航空(UA)とタカ航空のうち好きな方を選んで、そこから先はJALだったりANAだったり。安さを求める場合は大韓航空とかタイ航空なんてのも。

 

ただし、問題が一つあるんです。グアテマラで国際線のチケットを買うと12%の付加価値税に加えて、10%の国際航空税?というのがありまして、実に22%という正気の沙汰とは思えない税金がかかります。

 

海外旅行は贅沢!ってことなんでしょうねえ。わからないではないけれど、貧乏人だけど旅行もしたいぞ、って人は、アメリカ-日本間をアメリカの代理店で手配したりします。チケットそのものも安くなることが多いのですが、たとえチケットそのものの値段は変わらないとしても、アメリカの方が税金安いんで、トータルで見ると安くなる、と。

 

個人的には、アメリカに税金払うよりも、お世話になってるグアテマラに払いたいんですけれどもね。でも、やっぱり背に腹は変えられない。

 

ま、面倒臭くないと言えばウソになりますが、グアテマラ-ロサンゼルス間はグアテマラで手配し、ロサンゼルス-日本間はロサンゼルスの日系代理店に頼む。やはり日系の代理店の方が、いろいろと気をきかせて手配してくれるので、安心だったりします。

 

今回もいろんなことを質問したのですが、そのいずれにもきちんと返事が返ってくる!ということにまず感激。いや、日本にいる方には、多分アタリマエなんでしょうが、ここでは一つ質問してもまともな返事が返ってくるとは限らないので・・・・・・、いや、返ってくることももちろん多々あります。でも、複数の質問をして、そのいずれにもキチンと返事が返ってくる、というのは、かなり稀なケース。これって、どちらかというと、グアテマラ人がどうのこうの、っていうよりも、日本人のサービスが丁寧で細やか、って言った方が正確なのだと思うのですが、やっぱり私も日本人なので、そういうサービスを期待してしまったりするわけです。

 

まあ、そうして何とか取れそうなのが行きがロサンゼルス-成田、帰りが名古屋-サンフランシスコ-ロサンゼルスという便。オープンジョーにサンフランシスコでのストップオーバー付と、私的には力作なルート。残念ながら、サービスの行き届いた日系航空会社ではありませんが、飛行機好きなサッカー小僧には、いろんな空港に行けて、いろんな飛行機が見れる!という楽しみもあります。

 

さてさて、旅程組むのももう一息・・・。「あーだこーだ、あーでもない、こーでもない、あそこも行きたい、ここも行きたい」などといろいろ考えられる、旅程組む時期って、楽しいんですよねえ。良い旅となりますように。




[ 2006/09/04 19:50 ] できごととか | TB(0) | CM(0)