アメリカン・ドリームの行方 

25日、アメリカ上院で改正移民法が可決されたそうです。この移民法、国境警備を厳重にし、不法入国者には厳罰を加えることとしている一方で、現在アメリカ国内にいる不法移民については、罰金等の軽い処罰を受ければグリーンカードを授与するという、おいしい餌付。

 

下院は既に、現在の不法滞在者にも厳罰で望もうという法案を通していますから、両者の詰めが残っているんだそうですが、これはいささか難航するのではないかと見られています。

 

さてこのオイシイ餌の有無にかかわらず、移民を取り締まろうという内容の法案に、アメリカ在住のラテン系住民は猛反発。1200万人に及ぶと言われるアメリカの不法移民(グアテマラの人口と一緒)ですが、この大部分はラテンアメリカの出身。

 

不法滞在であるが故に安賃金に甘んざるを得ず、一度故国に帰れば二度とまた出稼ぎに来ることはできないからと、何年も仕送りを続けながらも家族の顔すら見られない、そんな人たち。その一方で、アメリカの経済を支えているのは自分たちだという自負もあり・・・。

 

大体。そもそもの問題は、南北格差。これがなくらなない以上は、どんなに処罰を厳しくし、国境の警備を強化したところで、アメリカン・ドリームをもくろんで国境を越えようとする人は後を絶たないでしょう。今でも相当にリスキーな国境越え、そのリスクがいささか高くなったとしても、目の前にある泥沼の貧困から見れば、まだ「可能性がある」と見えるのは不思議ではない・・・・・・。

 

・・・・・・私が思いますに。ここらの国って、刑務所から脱獄するのにトンネルが掘られるケースって多いんですよね。どんなに国境の障壁を立派にしたところで、長い長いトンネルかなんかでも造って抜けていってしまうんじゃありませんか。っていうか、実際にそういう話、いくつもあるようです。もっとも、人の越境よりも、麻薬の持ち込みが目的のことが多いようですが。

 

まあ、そんなわけですから、厳罰に処したところで国境を越える人は減らない。とは言え、国境警備を厳しくするのは、テロ対策という一面もあるため、アメリカ側だってそうそう簡単には手を引かない。

 

う~~~ん。いろんな問題が複雑に絡まりあい、なかなか出口の見えない問題ではあるのですが。

 

ラテンアメリカに住む人なら、アメリカに出稼ぎに行っているという人が周囲に何人か存在しているはず。アメリカに行けばなんとかなる、と甘く考えている人が多いのも事実ではありますが、底の見えないラテンの絶望を見るにつけ、移民の国アメリカであるからこそ、同じ夢を求めてやってくる人たちへの門をそんな風には閉ざさないで欲しい。とやっぱり思わずにはいられないのです。




[ 2006/05/29 19:37 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

休暇 

サッカー小僧の学校も、金曜日で遂に前期終了。これから約1ヶ月の休暇に入ります。

 

最終日というのは、成績表をもらって、皆でおやつを食べておしまい。それぞれ成績には一喜一憂するんでしょうが、その後にわいわいできる時間がある、ってのはいいですよね。

 

さて、この成績表、小僧と、「平均点が90点以上だったらご褒美」という約束をしておりました。成績のつけ方は100点満点で、大抵の科目はクラスの平均点が80点台(科目によっては90点台)ですから、さほど難しい話ではないのですが、そうは言っても実際にもらって見てみないことには、何がどう書かれているかわかりませんものねえ。

 

というわけで、小僧にとってはわくわくドキドキの成績表だったようですが、見事に90点台以上の平均点を取りまして、ご褒美を勝ち取ったわけでございます。

 

小僧が以前から欲しがっていたのは、以前ご紹介したサッカーのワールドカップ・アルバムのシール。これを20袋ゲットしてご満足。あとはワールドカップの開幕を待つだけ、かな。

 

ちなみに、この前小僧と私で、ワールドカップ全試合の予想をしてみました。

小僧: 1位 ブラジル、2位 フランス、3位 アルゼンチン、4位 メキシコ

私: 1位 ブラジル、2位 イタリア、3位 アルゼンチン、4位 オランダ

という結果で、世間と同じく、ブラジルの優勝を予想。我が家的にも盛り上がっております。

 

楽しい休暇になりそうな。羨ましい~。




[ 2006/05/28 19:45 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

雨が降ると 

5月も後半になると、すっかり雨季。最近は、朝からぐずり気味の日々も多いのですが、とにかく、雨が良く降ります。

 

そして5月にして、もう既に崖崩れだとか浸水だとかいう話も聞かれており、どうも今年は大変な年になりそうです。憂鬱。

 

と思っていたら、昨日の帰りのこと。家へ向かう最後の角を曲がった時、小さな光がつーっと目の前を通り過ぎていったかと思ったら、もう一つ。

 

蛍でした。家のこんなに近くで見たのは始めてで、これも雨の多い雨季のおかげなのかも。蛍を初めて見たサッカー小僧(いや、2歳頃の時には見ているのですが、覚えてなさそう)は大喜び!

 

もう少し見られないかな?としばらくその場で待ってみたのですが、それっきりでした。

 

蛍、数年前までは、私たちの家の近くにも穴場があって、雨季の初め、56月頃になると乱舞が見られたのですが、近年ではすっかり減ってしまった・・・・・と思っていたところでした。こんな思いがけない場所で見られるなんて、なんだかラッキー!

 

というわけで、帰り道の楽しみが増えたかな。雨が降るといいことだってあるのね、やっぱり。




[ 2006/05/24 02:54 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

歩道橋を使おう 

まずは、こちらのビデオをご覧ください。「歩道橋を使おう」というタイトルの、グアテマラ市交通警察撮影の生ビデオです。

 

「歩道橋を使おう」なんて、ちょっと呑気すぎるタイトルだと思うんですが・・・・・・。だいたい、これって、バスの運転手が悪いわけでしょ。それなのに「安全運転をしよう」とか「スピードは出しすぎるな」じゃなくて、「歩道橋を使おう」ですかあ???それもちょっと違うんじゃないの、って気がするんですが。

 

それはともかくとして、グアテマラの車の運転はとにかく乱暴。乗り合いバスの運転はこれに輪をかけてとんでもないってレベルです。

 

歩行者が渡ってようと何だろうと、全然速度を落とさずに突っ込んできますからね。車をぶつけるよりも、人をひいた方が安く上がるなんていう、笑えない事実もあったりします。

 

そんなに乱暴な運転の多い国であるのに、歩道橋を使わない人が多いのもグアテマラの特徴。かくいう私も、歩道橋使わない派です。というのは、歩道橋って、場所にもよるのですが、強盗に狙われる可能性が高い場所だから。

 

というか、事実、一度ピストルを突きつけられたことがあって、それ以来は、どうしても止むを得ない場所、あるいは良く確かめて安全を確認してからでなければ、使わないようになりました。

 

歩道橋で強盗に襲われる確率と、歩道橋を使わなかったばかりに事故にあう確率と、どちらが高いか。

 

私の場合、強盗にはあったけれど、まだ事故にはあっていないので、やっぱり強盗の方が高いような・・・・・・。どちらにしても、宝くじに当たる確率よりは高いのは間違いない!?

 

とにかく、事故やら強盗やら事件やらにあわずに今日も一日を過ごせて良かった。ホント、スリルとサスペンスに満ちた日々ですが、明日も無事に過ごせますように。




[ 2006/05/22 19:42 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

屋根にはペットボトルを 

何やら忙しかったり、いろいろあったりですっかりご無沙汰してしまいました。

 

最近はグアテマラもすっかり雨季が板につき、まだ5月だというのに、土砂崩れだとか浸水だとかいうニュースが伝わってきていたりします。この時期からこうだと、この先一体どうなる???

 

アメリカがメキシコとの国境警備を厳しくする、というニュースもそのうち是非取り上げたいのですが、今日は「水」の話。

 

この国、水道があるところも、24時間水が出るというわけではなく、時間による給水制限が行われるわけですが、それでもまだ、水道があるだけマシな方。

 

地方へ行けば、上水道がなく、川まで水汲みに行かなければならない・・・・・・、という話も決して珍しくはありません。

 

もちろん川の水なんで、飲用としてはちょっと・・・・・・、なのですが、他に飲むものがなければどうしようもないわけで。井戸がある地域もありますが、地下水と言っても、細菌やら何やらに汚染されている可能性も高く、こういうわけで田舎では胃腸系の疾患が増えることになります。

 

さて、こういった水を滅菌するにはどうしたら良いか。一般的に使われるのは塩素消毒なんでしょうが、いくら安いとはいえ、いちいち塩素を買って消毒するなんて、田舎の人の経済状況ではまず無理。

 

そこでお目見えしたのが「天日干し」。

 

まず用意するのはペットボトルの2リットル瓶とトタン板。トタン板は黒く塗ってあればベターです。

 

そしてペットボトルに水を詰め込み、トタン板の上に並べて置いておく。

 

天気の良い日なら、6時間後には天日干しのできあがり。天然の、安全な水(お湯?)が手に入るというわけです。ちなみに曇りがちの日なら丸2日必要だとか。

 

すご~くシンプルですが、紫外線をうまく利用した方法で、これならどんなところでもできますよねえ。たったこれだけのことで水に含まれるバクテリアは99.9%抹殺されてしまうそうです。

 

今はまだ、実験段階にすぎないというこの方法、やがては国内全域で見られるようになるかもしれません。トタン板が屋根に使われることも多いわけですが、板に載せる重石は、石じゃなくって水入りペットボトルにすれば一石二鳥???




[ 2006/05/20 03:22 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

へろへろ 

この週末はサッカー小僧の宿題に追われる散々な週末、でした。そう、例のスーパーアクション、のヤツ。

 

それでも何とかほとんど片付けました。小僧に絵を描かせたり写真を切り抜かせたりする一方で、タカ航空についてまとめ、清書をさせている間にクッキーを焼き、という感じでてんやわんやの日曜日でしたが。

 

そんなこんなで残るはクッキーのレシピだけ。となりました。

 

・・・・・・というか、こんなにやったのにまだ残ってるのね。って感じですが・・・・・・。

 

ま、そんなわけで、これが終わるまではゆっくり書いている暇がありません。それも今夜中には終わる予定。これさえ終われば、後はもう大して宿題もなく休暇に入るはず。

 

はああ、ねむっ・・・・・・




[ 2006/05/16 03:22 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

スーパーアクション 

4月、5月というのはサッカー小僧の学校の行事やら何やらが集中する月なのですが、今年はイースターが4月後半と遅かったこともあって、このスケジュールがやたらとハードになってしまいました。

 

まあ、それもあらかた終わって残るはSuperacciónと呼ばれる全校行事。これ、毎年一つのテーマについて全校で取り組む総合学習です。毎年2日間がこのスーパーアクションにさかれるのですが、実際にはあらかじめ自宅でテーマについて調べ、まとめておかないといけないので、これにかかる時間はかなりのもの、となります。

 

9日、息子がこんなメモを持ってやってきました。

「今年もスーパーアクションの時期となりました。今年のテーマは「ミニ経営者」です。このため、以下の文具を15日に持ってきて頂けますようお願いします(ここで用紙やら筆記用具のリストがずらっと並ぶ)。

 また、ある会社についてのレポートを15日に提出しなければなりません。このレポートには表紙をつけ、その会社の一般データ、会社の業務内容についてのレポートを書き、イラストや切抜きをつけてください。用紙はレターサイズで5枚まで。鉛筆書きできれいな文字で書いてください。また、レターサイズのフォルダーをきれいにデザインし、プラスチックシートでカバーをつけてください。内容とデザインについて採点します。

 なお、スーパーアクションで行った内容は前期第4タームの成績となります」。

 

びえ~っ!!!一週間でこれ全部やれ、って言うの???もう始めないと・・・・・・、というわけでサッカー小僧と話し合った結果、取り上げる会社は「タカ航空」にしました。

 

飛行機好きの小僧なので、航空会社にすることには迷いがなかったようですが、メキシカン航空にするか、それとも地元のタカにするかでは迷ったらしい・・・さてさて、今度はタカについて調べる番なのですが、「一般データ」って、一体全体、何をさしているんでしょ???

 

更にこれとは別のメモもありました。

「スーパーアクションではセクションごとにコンクールを行います。今回は栄養価の高い、ホームメイドのオリジナルクッキーです。このクッキーは、レシピとともに16日に提出してください。レシピは発表用に大きな紙にきれいにデザインして書いてください。」

 

はっ!この学校、家庭科の授業なんてないはずなんだけれど・・・・・・、これも採点の対象かい。大体私、こちらに来てからクッキーなんてつくったことないです。いや、クッキー種を買ってきて焼いたことならあったかもしれないけれど。でもオリジナルのクッキーなんていわれてもねえ、でも、成績に反映すると脅されると、やっぱりやらないわけにはいかないじゃあないですか。

 

というわけで、急遽ネットでレシピを探し、「くるみ入りオートミールのクッキー」を作ることにしました。材料は買ってきたので、土曜日に試食して、良ければそれで・・・・・・。

 

はああ、またまた忙しい週末となりそうです。




[ 2006/05/11 19:53 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

カナリア 

先週の金曜日、我が家で飼っていたカナリアのチャロ(オス)が死んでしまいました。

 

その前日の朝までは普通に元気にしていたのですが、金曜日の朝には、羽毛を逆立てて目をつぶり、じっとうずくまっているだけ、でした。立つことすらままならない。今まで病気らしい病気をしたことのなかったカナリアだったので、びっくり仰天して獣医に連れて行ったのですが、残念ながら間もなく死んでしまったのでした。

 

以前ご紹介した卵は、結局孵ることなかったのですが、先週の水曜日からまたメスが卵を産み始めたところ、でした。残されたメスの方は元気なのですが、急に広くなったカゴの雰囲気になじめないでいるような感じです。

 

寂しくて、悲しくて、何だか胸が一杯になってしまう今日この頃なのですが、今はメスがあたためている卵から、チャロにそっくりな子どもが生まれてくれないかな、と、そちらの方を心待ちにしています。




[ 2006/05/08 07:26 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

アルバム 

先々週くらいから巷の男の子たちの間で人気を集めているのが、サッカーのワールドカップのアルバム。選手たちのシールをぺたぺたと貼る、アレです。多分これ、全世界で同じものが売り出されているんでしょうね。

 

グアテマラではアルバムがQ8(約1ドル)、シール5枚入りの袋がQ3。サッカー小僧ももちろん、既に収集開始で、お気に入りの選手が出てくると大歓声を上げています。

 

我が家は実は、100枚の袋が入った箱を買っております。でも、これをそのまま上げているのではなく、小僧にQ1.50で「販売」しています。つまり、これ、お店へ寄る手間を省いただけ。毎日買いに行くのメンドイから、私がお店になってあげようか、と。でも、お金を握り締めて買いに行く楽しみは取り上げたくなかったんですよね、やっぱり。

 

小僧は毎日自分の貯金箱から小銭を出しては買いにくるわけですが、どうやら私が「すごくお金を儲けている」と思っていようです。「えっ、違うでしょ、ママ、自分の買った額の半分で売ってあげているんだよ」と言っても納得していない模様。どうしてそうなるかね。

 

さてこのアルバムとシール、なんと、小僧の学校の売店でも販売しているんだそうです。この学校、おもちゃを持って行っちゃダメ、なはずなんだけれど。きっとこのアルバムっておもちゃじゃなくて、「資料」なのね。

 

その証拠に、小僧の体育の先生も集めているそうです!!!

 

そんなわけで、休憩時間やらバスの中では、あちらでもこちらでもアルバムの見せ合いやら、シール交換情報が飛び交うんだとか。

 

日本の学校ならこういうの持ち込み禁止になるんじゃないですかねえ?こういう学校の姿勢の違い、文化の違いって、ついていくのに苦労する部分もまた多いのですが、興味深いです。

 

何はともあれ、集めるのならW杯始まる前にさっさと集めて、シール以外のことにも関心を向けてほしくもあり、私のシール屋さんはまだしばらくは商売繁盛しそうです。




[ 2006/05/06 03:38 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

Velada(ベラーダ) 

Velada

今日はやっとVelada(ベラーダ)のお話。サッカー小僧の学校、初等科はプレパラトリアから6年生までの7学年があるのですが、この7学年、プレパから2年までを初等科?、3年から6年までを初等科?と呼び習わしております。

 

そして今回のVeladaは初等科?のもの。テーマは「La Vida en la Selva(ラ・ビーダ・エン・ラ・セルバ)」、「ジャングルの中の生物」、と訳すのが普通かもしれませんが、内容的には「野生の生物」みたいな感じです。

 

いくつもの出し物がありまして、グループごとに音楽にあわせて踊る・・・・・・ってだけ、なんですが、これがなかなか愉快です。子供向けの童謡のような歌もあるかと思えば、レゲトンやらラップもありで、すごくバラエティーに富んでいる。次は何?って楽しくなりますよねえ。

 

でも、踊りといえば、やっぱり女の子の方が上手ですね。女子の方が若干少ない学校なのですが、この夜ばかりは、目立つのは女の子ばかり・・・・・・、っていうか、振り付けも女の子中心になっている感じはありましたが。

 

さて、見にくくて申し訳ないのですが、写真は何だと思います?ダチョウのダンス!私的に一番受けたのがこれでした。これ、プレパの子たちの出し物なのですが、こんな小さいうちから被り物着てダンス!っていやはや将来が恐ろしい。

 

それにしても、親御さんは苦労したでしょうね、この衣装。貸し衣装屋さんで貸してくれる衣装もあるのですが、ダチョウなんてないっしょ。それも、こんな子ども向けの。親にとっては大変ですが、参加している気分にもなれますので、それはそれでまた楽しくもあり。

 

小僧の出し物は以前も書きました通り「原住民」だったのですが、どうやらアメリカ・インディアンをモデルとしていたようです。こうやって見ると、私にとっては大変だった衣装も、他の動物から見ると非常にシンプルなもので助かった~、としみじみ思います。

 

小僧が輝くような笑顔で踊っていたのが印象的。

 

来年も楽しみです。




[ 2006/05/04 03:26 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

サマータイムが始まった 

29日には無事にVelada(ベラーダ)も終わったのですが・・・・・・。ミシンが壊れたり、一度作ったのが小さかったりで、衣装作りが思ったより時間がかかり、出来上がったのは家を出る約30分前。いやいや大変でした。

 

月曜日は祝日(労働者の日)だったのですが、日・月と自分でもびっくりするくらいよくい眠りました・・・・・。衣装作りがよっぽどストレスになっていたのね、私。

 

Veladaの話はまたあらためて書くとしまして、今、2日の朝630分。サマータイムが施行されてから初めての学校の日、になります。

 

それにしても、サマータイムの5時半はやっぱり夜でした。冬の5時半よりもサマータイムの5時半の方が暗い。って気がします。控えめに見ても同じくらい暗い。最近やっと朝起きる時間帯が明るくなってきていたのに、なんだか冬に逆戻り、の感じです。体が馴染まない。

 

じゃあ、一日がその分長くなったか?といいますと、これもねえ・・・・・・、もう「冬」になっちゃったので、午後は雨が降らないまでも、曇り勝ちになるんですよね。確かに夜のように暗くはならないにしても、決して明るいとも言えない。更に雨が降れば、辺りは真っ暗になりますし、夜になって雨があがったとしても、夜間の人出って、やっぱり減るんですよね。

 

やっぱり私にはメリットがあるとは思えないこのサマータイム。ホント、意味不明です。

 

とはいいながら、どうやらグアテマラよりももっと赤道よりのニカラグアでもサマータイムが実行されるという話。とりあえずやってみて、どないなもんか試してみましょ、ってことなんでしょうか。

 

ここらの国の政治家って、何だか、気楽でいいのよねぇ。




[ 2006/05/03 02:41 ] できごととか | TB(0) | CM(0)