爆竹の子供たち 

クリスマス、と言えば、花火。

 

そう、24日の24時、といいましょうか、25日の午前0時といいましょうか、この時間になると、国内各地で一斉に打ち上げられるのが花火なんです。

 

これ、別にどこぞの会社や団体が中心になってやっている、というわけではありません。花火を上げたい人が思い思いに打ち上げているだけなのですが、この量がハンパではなく、文字通り「寝た子を起こす」ものすごい騒動となります。サンタさんも危なくてこの時間にはプレゼントの配達なぞやってる場合じゃないでしょ、ってな感じです。

 

ま、キレイですけれどもね、確かに。ま、この類の打ち上げ花火の他、長い長い爆竹なんかも大活躍します。長いものは5mほどでしょうか。

 

こうして花火とともに、にぎにぎとクリスマスをお祝いするのがグアテマラの習慣となっています。

 

さて、この花火、輸入されてくるものもありますが、爆竹に限っては、基本的には国内生産が基本。この爆竹をつくっている町としてはサン・ライムンドなんかが有名ですが、大きな工場なんてのがあるわけではなく、すべて家内制手工業。

 

そして多くの子どもがこれに携わっているのですが、これが児童労働として、多くの批判を浴びてもいます。

 

実に、この地域の子どもたちの10人中9人が爆竹を作っている、と言われています。それも自宅の中ですからね。同じ家の中で、火薬も扱えば、料理もする。消火器なんて気のきいたものがあるはずもなく、時折こういう家で火災、というか爆発が起こり、悲惨な事故になることも珍しくはありません。

 

グアテマラは児童の労働を禁じた条約を批准していますし、18歳以下の子供が火薬を取り扱う仕事に携わることを禁じる法律もあるんだそうです。ですが、実際問題として、他に何の産業もないような町から、爆竹の生産を取り上げることはできませんし、目の前に食べるものがない人たちに、子供を働かせるな、とは言えないですよね。

 

毎年この時期になると、いつもいつも取り上げられる話題なのですが、改善されている様子もなく、子供たちは小さなうちから一生を爆竹生産に捧げることになるのです。




[ 2005/12/23 16:58 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

深夜の空港 

今、実家の両親が当地を訪問中でして、これから1月最初までは、いささか書くペースが鈍くなると思います。

 

大雪の日本からタイミング良く?逃れてきた二人ですが、こちらは逆に日中はほとんど真夏のような陽気で、昨日などは炎天下のもと、動物園を歩き回るはめになっていたりしまして、いやなかなか孫のお守りというのも大変なものであります。

 

その両親が到着したのが、先週木曜日の深夜だったのですが、こんな時間に空港へお迎えに行ったのは、実は初めてでして、なかなか興味深いものでした。

 

グアテマラのラ・アウロラ空港、旅客便を見てみると、毎日深夜23:15に到着するメキシカーナが最終便で、その次は翌朝5時頃に到着する便までしばらくお休みとなります。そのメキシカーナでやってきたのですが、この便が30分ほどの延着。

 

そこでお迎えの人々は、空港内でほとんど唯一開いていた某ドーナツ屋さんへとなだれ込み、コーヒーやら軽食やらを頼む人でごった返しておりました。なんと言っても、クリスマスは外国からの帰省ラッシュでもあるのです。

 

さてこのドーナツ屋さん、実は出発ロビーにあります。この時間、出発する飛行機など1本もないのですが、この空港、到着ロビーにはお出迎えの人たちが腰をかけて待っていられるようなスペースがないので、皆、出発ロピーに溜まるわけです。なわけで、出発する飛行機もないのににぎやかな出発ロピーでは、子どもたちがきゃーきゃー騒ぎまくっていたりします。

 

出発ロビーからは滑走路も眺められますので、飛行機の到着も確認できて一石二鳥。深夜のターミナルには、タカ航空やらアメリカン航空が駐機しており、どうやらここで一夜を過ごして翌朝旅立つ予定のようです。

 

ターミナルの反対側はいろんな家やアパートの光が輝く住宅地帯。山の斜面に沿って輝く光は、まるで大きなクリスマスツリーのようでもあります。

 

そうこうするうちに、最終便の到着。この間、発着する便は一機もなく、皆の注目の集まる中、無事に着陸した飛行機は、出発ロビーで見ている私たちの一番近くのゲートに駐機したのでした。

 

飛行機の中の人々が降り始めたのを確認してから到着ロビーへ。というか、屋外へ。この空港、到着した人が空港ビルの外へ出たところがお迎えのポイントとなっています。屋根がついているので、完全な屋外ではないのですが、寒い日などはお迎えも大変。幸い、このところの陽気続きで、全然寒くない夜だったのはありがたかったのですが。

 

こうして、ほぼ1年ぶりに爺婆との再会。約三週間の滞在となります。孫の成長ぶりが何よりもの楽しみの二人にとっては、嬉しくもあり、子守で大変な三週間、となりそうです。




[ 2005/12/20 04:01 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

マヤ最古の壁画の発掘-サン・バルトロ遺跡 

日本でも一部で報道されたようですが、
最近グアテマラで、マヤ最古の壁画、というのが発掘されたんだそうです。


場所は、グアテマラは北部のペテン県、ベリーズとの国境に近いサン・バルトロ遺跡。
マヤ前古典期(紀元前1500年~西暦250年頃)の遺跡です。
ここで発掘されたのが、長さ9m、高さ1mという大きな壁画。
マヤの壁画といえば、メキシコのボナムパク遺跡のものが有名ですが、
これは確か、マヤ古典期の遺跡。
現在発見されている中では、このサン・バルトロが最古、になるんだそうです。


ピラミッドの内部に色鮮やかに描き出されていたのは、
世界の創造と思われる絵。
またこの壁画の近くには、
高貴な身分の男性のものと見られる遺体も見つかっており、
おそらく紀元前150年頃のものと推定されているこの人骨も、
現在のところマヤ最古のもの、とされています。


今までマヤと言えば、
ティカルを代表とする古典期の遺跡ばかりが取り上げられてきましたから、
この発掘の意味するものはものすごく大きいのだと思います。
サン・バルトロで見つかっているマヤ文字はまだ解読されていないようですが、
絵や文字の研究が進めば、今までとは違った発見があるかもしれません。


メキシコ、ベリーズ、グアテマラにまたがるユカタン半島の密林は、マヤの宝庫。
現在発掘調査が行われている遺跡も数ヶ所ありますが、
それ以外にも、未だにジャングルの中に埋もれたままになっていると思われる遺跡も多々。


一方で、盗掘にあっている遺跡もまた多数。
残念ながら、広大な範囲に及ぶ遺跡の一つ一つを、
全部きちんと整備することも難しければ、
発掘を続けていくことすら大変なのです。


というわけで、このサン・バルトロの発掘調査に当たっているのは、
グアテマラの団体ではなく、アメリカのニュー・ハンプシャー大学とピーボディー博物館のチーム。


こんなにものすごいニュースが、
外電で伝わってきているあたりはちょっとサミシイ・・・・・のですが、
更なる発見があるかもしれません。今後が楽しみ、ですよね。


ちなみに、この遺跡の発掘の様子は、
National Geographic紙の1月号に掲載されるんだそうです。
ご興味のある方は、是非。


[ 2005/12/16 03:54 ] マヤ | TB(0) | CM(0)

グアダルーペの聖母の祝日 

12日はグアダルーペの聖母の祝日。これは1531年、メキシコのグアダルーペでインディヘナのフアン・ディエゴに現れた聖母を記念する日、です。

 

聖母はまず、129日、フアン・ディエゴの前に姿を現し、この場所に聖堂を建てるよう司教に言いなさい、と彼に話します。彼が司教にそのことを告げると、司教は聖母にしるしを求めるよう依頼。

 

1212日の早朝、再び聖母とあったフアン・ディエゴは聖母にそう伝えると、聖母は「バラの花を集めて司教に持っていきないさい」と指示。彼は、そこで時期はずれの美しいバラの花を見つけます。

 

そのバラを大切に外套(ポンチョ)に包んでもっていったわけですが、司教はバラの花よりも、それが包まれていた外套を見てびっくり。

 

そこには、美しい聖母の姿が写されていたからです。

 

この聖母、後にグアダルーペの聖母と呼ばれるようになりますが、カトリック的にはともかく、一般には、キリスト教のインディヘナ教化の例として有名です。なぜなら、この聖母、ヨーロッパで見られるような聖母とは異なり、インディヘナのような浅黒い肌をしているから。

 

ま、でも、その聖母が出現した地にはグアダルーペの聖母大寺院が建てられ、今では有名な巡礼地となっています。また、この聖母はメキシコの守護聖人ともなっており、1212日はメキシコでは大切な祝日、なんですよね。

 

そして、フアン・ディエゴのその外套も、今でも大切に寺院に保管されています。1980年代、NASAがこの外套を調べたことがあるのですが、その時、外套に写された聖母の瞳の中にフアン・ディエゴの姿が映っていたことが明らかになったそうです。

 

・・・・・・というのは長い長い前置きで、この12日、グアテマラでも大切にされている祝日なのですが、なぜかこの日は、子どもにインディヘナの民族衣装を着せて教会にお参りに行くのが習慣となっています。

 

インディヘナ以外の子どもでも、この民族衣装をつけ、さらには、男の子の場合は、なぜかかならずちょび髭を描いて、教会に行くんですよね。

 

一体どうして・・・・・・と、ちょっとばかり首を傾げてしまうこの習慣。でも、ちょび髭をはやしたオヤジな子どもたちの姿って、なかなかかわいらしいんですけれども。




[ 2005/12/14 04:05 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

クリスマス・プレゼント 

クリスマスまで2週間となったこの日曜日。思い切って遠出の買い物をしたのですが、いやはや、なかなかの人出で大変でした。

 

2時間近く、カートを押しながら回って、帰ってきたらもうクタクタ。それにしても、さすがはクリスマス。大量のプレゼントを買い込んでパッケージしてもらっている人がたくさんいました。

 

キリスト教圏はいずこもそうですが、クリスマスといえば、とにかく様々な人にプレゼントを贈りますよね。配偶者や子どもはもとより、両親、祖父母、兄弟、従兄妹、友人などなど。買っていく量がハンパじゃないんです。

 

さらに、こちらでは、Canasta Navideña(カナスタ・ナビデーニャ、クリスマスのカゴ)という習慣もあります。これ、何かといいますと、いろんな職場で従業員に渡されるプレゼント。カゴ(あるいは桶)の中身は様々ですが、食べ物が基本。といっても生ものではなく、保存のきくものばかりですが。

 

ま、そんなこんなでとにかく出費の多くなるこの時期。誰に何を上げようかといささか頭が痛いのもこの時期です。

 

もらう方は、楽しいんですけれどもね。




[ 2005/12/13 04:00 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

グアテマラの住人たち-クリスマスといえば、グアテマラモミ 

忘れた頃にやってくる、「グアテマラの住人たち」シリーズ。
再来週のクリスマスにあわせて、
今回はグアテマラモミをご紹介してみようかな、と。
スペイン語名はPinabete(ピナベテ)、
英語名はGuatemalan Fir、
学名はAbies guatemalensis。


グアテマラの山岳地帯を中心に、
メキシコやホンジュラスでも見かけられるこのグアテマラモミ。
グアテマラ国内では標高2400~3400mの、
年間1000mm以上の雨が降る、
どちらかというと日当たりのよくない湿った谷間なんかを好む、暗い性格だったりします。


生息条件にうるさい、気難しい木のためか、
この木、ワシントン条約のリストに載っています。


ワシントン条約と一口に言いますが、
これ、付属書I~IIIがあって、絶滅のおそれが高いものがI、
そうでないものはIIあるいはIIIにリストアップされることになっています。
そして我らがグアテマラモミ君は、付属書Iの
「絶滅のおそれのある種、原則商取引禁止」に該当。


これ、気難しい木である上、
開墾されて切られてしまったり、
薪としても利用されたり、
生息環境が変わっちゃったりとか、
更には、この木がクリスマスツリーとして好まれる、というのが主な理由です。


そう、クリスマスツリー。
クリスマスツリーと言えば、モミの木。
モミの木と言えば、生の木が一番!
で、生の木といえば、グアテマラモミ。
こういうわけで、あちらこちらで伐採され、売買されているような次第。


もちろん、木をまるごと切ってくるわけではなく、
枝を切って売るのですが
枝を切られると、木全体が弱って枯れてしまうんだとか。


更には、このクリスマスの時期がちょうど種のできる時期にあたるらしく、
この時期に切られてしまうことが、
グアテマラモミ君にとっては子孫繁栄に係わる重大な問題となってしまいます。


一応、商取引禁止ですから、見つかったら逮捕されます。
というわけで、毎年この時期になると、
何百、何千本ものグアテマラモミを積んだトラックが検挙されるのですが・・・・・・。
全部摘発されている、ってわけでもないんでしょうね、きっと。


それにしても、押収されたグアテマラモミ君たちの運命は、一体???


そんなこんなで、巷で一般的に売られているのは
森林局のお墨付きのグアテマラモミ君。
この森林局、グアテマラモミ君たちのプランテーションを持っていまして、
ここで育てたグアテマラモミ君たちを、この時期、販売しています。


多分、押収されたグアテマラモミ君たちも、
最終的には森林局のお墨付きをもらって
(だって、切られちゃったら、どうしようもないもんね)販売されるんでしょうね。
いや、お役所もなかなか商売が上手です。


あまりいいサイトがないので、写真はグーグルイメージでご覧下さい。
警察が摘発している写真、なんてのもあったりしますが。


ちなみに、我が家は毎年使えるプラスチックのツリーですが、
この類のものも、お店に行くと
「カナダモミ風」とかいろいろと枝ぶりの違うものがあったりします。
グアテマラで作られているわけではないようなので、
「グアテマラモミ風」というのは、今のところなさそうですが。


【2008年3月追記】
Wikipediaの英語ページにあまりクリアーではありませんが、写真が載っています。
この木の枝を一つ切って、クリスマスツリーにするのですよね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Abies_guatemalensis


[ 2005/12/12 05:19 ] グアテマラの住人たち | TB(0) | CM(0)

ベスト市長賞 

ベスト市長賞、ってのがあるんだそうです。毎年、世界中の市長さんの中から選ばれるんだそうですが、なんとグアテマラ・シティーのアルバロ・アルスー市長が第3位に選ばれたのには皆びっくり。

 

この賞、世界中からノミネートされた550人の市長さんのうち、65人のファイナリストを選抜、この65人の中から投票でベスト市長を選ぶんだそうです。

 

今年の第1位はギリシアはアテネのDora Bakoyannis市長、2位がカナダはオンタリオ州ミシソーガですか?のHazel Mccallion市長。で3位が我らがアルスー市長。

 

日本からは広島と北九州の市長さんがファイナリストに入っていたようです。詳細は、

http://www.citymayors.com/worldmayor/world_mayor05.html

をご覧下さい。英語のページです。

 

さて、我らがアルスー市長、以前も市長だったことがありますが、外務大臣とか大統領も務めた後に、再び市長職に復帰。最近はかなり強引にグアテマラ市の近代化を図っていまして、実際のところ、一般の市民からの受けは必ずしも良くないのではないか、と思います。

 

ちょうど今物議を醸しているのが、市の中心にあるターミナルへの長距離バスの乗り入れ問題。以前は国内各地からグアテマラ・シティーへやってくる乗り合いバスというのは、市の中心部、第4区にあるターミナルが終点でした。

 

でも、これが市内の交通大渋滞の一因となっていることもあり、まず、数年前(これはアルスー市長の時代ではありませんが)に、南部からやってくるバスのターミナルを市の南側に移し、ここに市場をも設けました。

 

そして今年、えーっと東部はまだでしょうか?北部、西部及び南西部からやってくるバスの市内への乗り入れを禁止、それぞれルートの途中を終点として、そこから先の乗り入れはできないようにしてしまいました。

 

これに怒っているのが利用者。特にターミナルの市場に商品を売りに行っていた人たち、に加えてターミナル市場関係者が「死活問題だ」と言って怒っています。

 

でもねぇ、これ、きっと、ターミナルをそのうちつぶすつもりなんだと思いますよ、私は。だってターミナルと言えば、「危険」「汚い」「臭い」の3K地帯。犯罪者の温床、巣窟、つまりグアテマラ市の恥、みたいな場所ですもん。

 

こうやってまず外堀を埋めて、じわじわと兵糧攻めにしていくのではないかと。もう少しターミナルが閑散としてきたところで、ここを潰して何か新しいもの造るんじゃないでしょうか。今後の展開が楽しみです。

 

ま、いずれにしてもこのアルスー市長、良くも悪くもリーダーシップと信念があるのは間違いなく、そういうところが評価されたんでしょうね、きっと。これからも頑張ってくださいな。




[ 2005/12/10 04:14 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

悪魔焼き 

悪魔くん

悪魔焼き、って言ったって、別にドラ焼きとかたこ焼き、と言った食べ物の話ではありません。

 

これ、ラテン・アメリカでも多分グアテマラだけで行われているのではないかと思うのですが、日本風に言えば、厄除け、お祓いみたいな行事。そう、文字通り、悪魔を焼く、んです。

 

由来はカトリック。128日といえば、真珠湾攻撃の日。いや、これは関係なくて、128日といえば、無原罪の聖母の祝日。

 

原罪、と言われてピンと来る日本人は少ないと思うのですが、ま、簡単に説明しますと、アダムとイブが禁断の実を食べたことにより、人類は原罪と呼ばれる罪を負うものとなったのですが、この原罪を免れたのが聖母マリア。で、8日はこの聖母の無原罪のお祝いでございます。

 

さて、聖書の創世記、そのアダムとイブが楽園を追放された後のところに創世主が二人を誘惑した蛇(サタン)に対しこう言います。

 

「私は、おまえと女との間に、おまえのすえと女のすえとの間に敵意を置く。女のすえは、おまえの頭を踏み砕き、おまえのすえは、女のすえのかかとをねらうであろう」。

 

ここで出てくる「女のすえ」は聖母。そして、様々なタイトルのあるマリア様ですが、この無原罪の聖母が、実に悪魔を踏み砕くかかとを持つマリア様、なのであります。

 

そう、だからそのマリア様の祝日の前日に、悪魔を焼いて、聖母の勝利を祝福する、のですね。

 

・・・・・・でも実体は悪魔を焼くというよりは、単にゴミを焼いてるだけのような気も・・・・・・。また、この火の中に爆竹を投げ込むのも習慣?でして、下町や住宅街へ行くと、7日の午後6時になると、一斉に爆竹の破裂する音と白い煙がもうもうと立つのであります。

 

いやはや。

 

そういえば、昔、こんなことがあったんだそうです。南米でハイジャックされた飛行機が、犯人の指示に従い、グアテマラのアウロラ空港に着陸しようとしたのが127日の午後6時。もうもうと上がる煙や火を見て、犯人は気を変えて別のところへ向かったんだとか。

 

なにはともかく、騒々しい日、であります。

 

私たちには、悪魔というよりも赤鬼、って感じですけれどもね。なかなかかわいいし。金髪バージョンもあり、大小様々売られています。この時期にグアテマラを訪れるなら、あちこちで売られているのが見られると思いますが、おみやげに一つ、いかがでしょう?




[ 2005/12/09 04:30 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

新種の携帯電話詐欺 

携帯電話だと思ったら、実は石鹸だった、という新種の詐欺が最近発生しているんだとか。被害にあった方には気の毒ですが、なんだか笑えるこの話、こういうこと、のようです。

 

犯人: この携帯電話を買いませんか(カメラのついた最新型のモデルを見せる-カメラのついた機種は安いものでもQ1000以上)。まだ新しいんですよ。

 

被害者: いくらですか?

 

犯人: 実は、この携帯、パーティーの商品でもらったんですよ。でも借金を返さないといけないんで、Q500でどうでしょう。

 

被害者: ちょっと高いねぇ。もう少し安くならないの?

 

犯人: と言われても、私もお金が必要なんで・・・・・・。

 

被害者: 今、Q200しか持ってないんだよ。

 

犯人: じゃあ、Q300(ここでその携帯を返してもらい、黒い袋に入れる)。いや、Q200でいいよ。

 

被害者: OK

 

と商談成立。被害者はお金を払い、犯人は黒い袋を渡してとっととずらかるわけですが、被害者が袋を開けてみると、あ~ら不思議。携帯電話が、なんと携帯電話型の石鹸に変身しているではありませんか。

 

それも、ちゃんとアンテナまでついているこった石鹸なんだそうですが、それにしても石鹸1個にこの値段はいささか高いかな、と。

 

この詐欺、下町の通りをメインに繰り広げられているようです。この詐欺に従事している詐欺師が約15人いるんだとか。

 

それにしても、この携帯型石鹸、商品にして売れば、それなりに売れるんじゃないんでしょうかねぇ。さすがにQ100も払ってくれる人はいないとは思いますけれど。




[ 2005/12/07 04:10 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

パスポート切り替え ? 

さてグアテマラの場合、グアテマラ市と地方の主だった都市の数ヶ所にパスポートの発給窓口があります。

 

用意するものは、未成年の場合、出生証明書(既にパスポートを持っていても、必ず要求される)、現在のパスポート、緑化税の支払証明。

 

この緑化税の支払証明が必要だというところが、何だかよくわからないのですが、とにかく車の手続きやらパスポートの手続きやらする時には必ず要求されるというシロモノ。毎年年初に納めることになっているのですが、その時期に納めなかった私は罰金が付いてQ300と、パスポートよりも遥かに高い料金の緑化税を支払うハメになってしまいました。この手続きは市役所で行います。

 

そしてまた、未成年の場合は、必ず両親が立ち会わなければなりません。

 

というのは、グアテマラのように国境を他国と接する国の場合、片親がもう一方の親に断りなく子どもを連れて行ってしまい、拉致だとか誘拐だとか子どもを返せとかいうトラブルが発生することが珍しくないからです。

 

なので、パスポートの発給にも、出国の際にも、両親が同伴、あるいはもう一方の親が旅行を許可した公正証書が必要となります。

 

いやいやオオゴトです。

 

さてさて、パスポートの費用の方は、パスポートを発給所に隣接している指定銀行で支払い、窓口では領収書を提示することになります。

 

さて書類を揃えて持って行くと、なぜか二ヶ所で書類をチェック。おもしろいのは、日本のパスポートのような、申請書の記入の必要がないところ、でしょうか。今のパスポート、バーコードがついていまして、これをスキャナーで読み込むと、登録されているデータがぞろぞろっと出てくる仕組みになっています。

 

ただし、ここでいうバーコードは、旅行で入国手続きをする時に読み込む部分とは異なっています。グアテマラのイミグレーションで登録されているのは、とーちゃんが誰だとか、かーちゃんが誰だとか、出生証明書(大人の場合は身分証明書)の番号はどーだとか、そういうローカルな話題。入国手続きにはこんなデータ、必要ないですものね。

 

その後はいよいよサッカー小僧が楽しみにしていた写真撮影。ここで最終的に、パスポートのデータ部分を確認し、両手人差し指の指紋を取り、サインを書き、写真を撮ります。指紋以外は全部デジタルデータ化され、そのままパスポートに転載されます。そう、写真もデジタル写真をそのままパスポートに印刷するスタイル。

 

なので、お渡しも当日。さほど待つこともなく、新しい、できたてホカホカのパスポートを受け取りました。受け取りの台帳にサインして全て終了。

 

実は、もうすぐパスポートの料金が上がるので、パスポートの発給センターはすごい人込みだと聞いていたのですが、ものの30分もかからずに全部終わってしまい、いささか拍子抜け。

 

私、ここのパスポート発給システムだけは、現在の日本のものよりも進んでいると思うのですが、いかがでしょう。日本のパスポートも3月からでしたっけ?新しくなるようですが、発給システムそのものは多分、変わらないんじゃないかな、って気がしますが。




[ 2005/12/05 08:06 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

パスポート切り替え ? 

パスポート

我が家のサッカー小僧は、日本とグアテマラの二重国籍。ですので日本とグアテマラの両方のパスポートを持っています。

 

便利といえば便利ですが、面倒くさいといえば面倒くさい。だって、それぞれ別々に手続きしないといけませんからね。手数も費用も時間も余計にかかるし。

 

グアテマラのパスポート、実は来年から新しくなります。CA-4パスポートって言っていいのかな?グアテマラ、エル・サルバドル、ホンジュラス、コスタ・リカの4カ国は、それぞれ、身分証明書さえ提示すれば、パスポートなしでも出入国できるという取り決めを交わしているのですが、この4カ国が共同で?ほとんど同じパスポートを使用するようになります。

 

既にエル・サルバドルではこのパスポートに切り替えられているようですが、グアテマラは来年1月だったか2月だったかから導入予定。各国版の違いは、多分表紙だけなのではないかしら。国名の表記もさることながら、表紙が中米5カ国の地図となるのですが、グアテマラ人ならグアテマラの部分だけが塗りつぶされている?か何かの違いがあるようです。

 

今のパスポート(写真)の方が格好いい!と思いますけれどもね。

 

その新型旅券の導入に伴って、費用の方もQ100(1,580)からQ200と倍になるんだそうです。それでも日本のパスポートに比べれば全然安いですが・・・・・・。日本のパスポートの料金を言うと、こちらの人は皆、びっくり。っていうか、なんで日本のパスポート、あんなに高いんでしょ。

 

さて、そのグアテマラのパスポートが今月15日で切れてしまうので、やむなく、パスポートの切り替え手続きに行ってきました。その次第はまたあらためて。

 

 

追記

訂正です。

文中、CA-4パスポートは、グアテマラ、エル・サルバドル、ホンジュラス、コスタ・リカの4カ国で共同、とありますが、コスタ・リカではなく、ニカラグアの間違いです。

 

また、料金も、CA-4パスポートの場合、Q200ではなく、Q250になるんだそうです。なんという値上がり、でしょうね。

 




[ 2005/12/05 04:22 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

待ち遠しいもの 

熱帯暴風雨δ(デルタ)が、スペインはカナリア諸島で大きな被害を出していると思ったら、続いてε(エプシロン)が誕生。

 

ギリシア語のアルファベットも、ついていけるのは精々このアタリまで。εの次は何なんでしょ。そっちの方が楽しみだったりします。

 

さてさてもう11月も終わり。12月になればボーナスだ!

 

グアテマラのボーナス制度、これ、労働法で決まっています。12月と7月にそれぞれ1ヶ月分の基本給を支給するのが基本。年末のボーナスはAguinaldo(アギナルド)と呼ばれていまして、このアギナルドの支給と共に、一斉にクリスマスプレゼント買いにダッシュするのが習慣?です。

 

某新聞社が行った世論調査によれば、アギナルドの行方としては、32%が買い物、10%が貯金、9%が借金の返済、6%が子どもの学校の登録料・学用品代、と答えていたそうです(このほか、使い道未定が16%、アギナルドがないという人が24%)。

 

でも、同じ新聞社がWebサイトで行った調査では、トップに来たのは「借金返済」。次いで買い物、という回答だったとか。

 

ローンを組んで買い物をする人がホント多いので、借金返済という回答が多いのも予想通り。

 

っていうか、アギナルドもらってから買った方がいいと思うけどな。なんて堅実な発想はしないんですよね、ここの人たち。

 

家を買ってもローンが払いきれずに差し押さえられる物件も数知れず。公的機関のローンを使っている場合はまだいいのですが、利子の高い銀行、はたまた高利貸から借りたケースなんかはそのかなりの割合が、ローンを払いきれずに借金の方に取られてしまうんだとか。

 

そんなわけで、銀行が建設業者と組んでつくった住宅街などでは、その住宅の過半数が、銀行に差し押さえられてしまうケースもあるんだとか。こうしてお金のあるところにますますお金が集まっていく構図ができあがるわけです。そのうち、日本の銀行みたいに、いつかきっとしっぺ返しを喰らう・・・とは思いますが。

 

ま、何はともあれ、アギナルド、計画的に使いましょうよね、皆さん。




[ 2005/12/01 03:26 ] できごととか | TB(0) | CM(0)