FC2ブログ















アドリアンったら。-ハリケーン情報 

カメのように遅い・・・・・・。と言うとカメに怒られる?でもこのアドリアンったら、ちょっと遅すぎ。今朝も書いたあの熱帯暴風雨のことです(今朝ほど、熱帯性低気圧、と書きましたがTormenta Tropicalの日本語はどうやら熱帯暴風雨が正しいようです。つつしんで、お詫びと訂正を申し上げます)。

 

時速は少し上がって15キロ。それでもまだチャリンコの方が早いような。

 

余りの前評判の高さに、今日は今日とて、いつやって来るんだ、いつやって来るんだ、と朝から国中上げて熱烈歓迎していたのに、完璧な肩透かし状態。今日は若干の小雨が降った程度の天候でした。

                           

それでもどうやら、アドリアン君、エル・サルバドルには無事到着したようです。これNASAからの画像のようですが、右下の暴風雨の動きを見ると、上陸後は、アドリアンの姿があっという間に崩れていっているのがわかりますよね。

 

グアテマラ国内は、至るところ平穏無事。太平洋岸でも、エル・サルバドル国境側でも、雨は降っていますが、暴風があるとかいう話はないです。ちなみに、最高風速は時速140キロ。直撃されたら確かに大変なんでしょうけれど。

 

なんだか拍子抜けするくらい何もないのに、政府はテンヤワンヤの大騒ぎで、これにマスコミがのっかってるような感じ。オオカミ少年みたいなものです。

 

国内全域の学校(国公私立すべて)を休校措置にした教育省は、大フライング。大体、エル・サルバドル方面に向かっていたのに、どうしてメキシコ国境まで一斉に休校にしないといけないんでしょ?それも、木・金の2日間ですよ、2日間。これって、東京に台風が行くからって、大阪でも警戒措置を取らせているようなもの、だと思いませんか?

 

199811月に、グアテマラはハリケーン・ミッチの直撃を受けて、この時はかなりの被害を出したことがあります(もっとも被害がひどかったのはホンジュラスの方でしたが)。それで、今度は過剰反応してしまった、というのはわからないではないのですが、それにしてもちょっと、ねぇ。逆に言えば、いかにハリケーンとか暴風とかに慣れていないか、ということなのかもしれません。

 

まあそれにしても、アドリアンったら、人騒がせな。




[ 2005/05/20 19:35 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

地震、そして嵐 

トイレタワシの話に続いてトイレの話をしようかと思ったのですが、昨日地震があったので、地震の話にすることにしました。

 

以前にも書いていますが雨季が始まる5月は、火山活動・地震活動が活発になるという説があります。

 

雨が火山を刺激する、というのはわかりやすいのですが、これが地震をも誘発する?となると、何だかわかったようなわからないような???

 

まあ何事も、論より証拠。ぐらぐらっと来たのが仕事中(14:30頃)。16階建てのビルの10階にいると、かなり揺れが増幅されて感じます(マグニチュードは5.2)。とはいえ、この程度の揺れでガス抜きをしてもらえるのなら、大歓迎ですけれどもね。

 

さて、これに加えて、大型の熱帯低気圧がやってきています。

 

グアテマラは太平洋と大西洋に挟まれているわけですが、大西洋で発生した大型の熱帯性低気圧はhuracán(ウラカン、ハリケーン)、太平洋で発生したものはtifón(ティフォン、台風)と呼ばれます。

 

当地を台風が襲うことはマレで、ほとんどはハリケーンなのですが、どうやら今年はその太平洋で発生した熱帯性低気圧Adrián(アドリアン)が、今日(19)にもグアテマラ南部に上陸してカリブ海に抜けるかも・・・・・・という話です。

 

えーっと、こちらの画像を見ていただいた方がわかりやすいかな。最新の画像、というわけにはいかないようですが。

 

グアテマラ、というよりは、エル・サルバドルを直撃して、ホンジュラスに抜けていっているようです。今のところ、グアテマラ市は曇っていますが、雨も風もありません。一応国内には警戒宣言が出ておりまして、政府は公立校の授業の中止を決定したそうです(我が家の息子は学校に行きましたが)。

 

この時期に台風やハリケーンがやって来ることはかなり珍しいです。まだ、雨季が始まったばかりで、まだ大雨に慣れていないところへ、いきなり熱帯性低気圧というのは、結構怖い。大きな被害が出なければいいんですけれど。




[ 2005/05/20 03:49 ] できごととか | TB(0) | CM(0)