FC2ブログ















初の敗戦-ワールドカップ北中米カリブ地区最終予選 

アメリカとのサッカー・ワールドカップ北中米カリブ地区最終予選第三戦。グアテマラ中の嘆息が聞こえてきそうな悔しい2-0の敗戦だった。

 

それにしても、である。体格の差は歴然。ラテン・アメリカの中でも小柄なグアテマラ人と、でかいのがとりえのアメリカ人。身長の差は優に10cmはありそう(きっと股下は20cm以上!)。空中戦でも速さでも敵わない。なので、ボールを支配するのはアメリカ。後半15分くらいか、2点目を入れられてからは、相当積極的に攻撃をしかけていたものの、残念ながら最後まで相手デフェンスを崩すことができなかった。

 

ゴール前からダイレクトで狙ったが、わずかにゴールをはずれる超惜しいフリーキックもあった。それにしてもこの時のアナウンサーのコメントは笑えたなー。

“Buena elección, pero mala ejecución, como de siembre……!”

 

「戦術はいい、だけどいつもの通り失敗だー!」てな意味で実感こもりすぎ。「ブエナ エレクシォン、ペロ マラ エヘクシォン、 コモ デ シエンプレ」って、とちゃんと韻を踏んでいるところも合格

 

残念なことに、グアテマラ随一のフォワード、カルロス・ペスカド・ルイスはイエロー・カードをくらってしまい、次のメキシコ戦には出場できない。かくなる上は、キャプテンのギジェルモ・エル・パンド・ラミレスに踏ん張ってもらうしかないですね(ひそかに、ファンです)。

 

これでグアテマラの戦績は1勝1敗1引き分け。まだまだ、これから!と言いたいところだけれど、さて。




[ 2005/03/31 19:08 ] できごととか | TB(0) | CM(0)

日本でサルサが流行っているという話 

29日の新聞に、「サルサが日本の生活を変える(La salsa cambia vidas en Japón)なんて記事が出ていた。日本のサルサ・ブームを取り上げたものだ。

 

記事によると、このサルサ人気の秘密は「日本ではあまり一般的ではない感情表現(早い話がセックス・アピールですね)が思いっきりできる」というところにあるんだとか。「昼間は会社員、夜はサルサ・クイーン(Dama de oficina durante el día, reina de la salsa durante la noche)」だった女性が、プロのダンサーになるために遂に会社を辞めた、なんて話も紹介されている。

 

ラテン音楽と一言でいっても、国や地域によって様々であるが、サルサはどの国でも聞かれるたぐいの音楽だろう。ディスコに行けば必ずかかっているし、歌謡曲もちょっとヒットすると、あっという間にサルサ・バージョンがつくられて、ディスコで流れ出す。失恋をテーマにしたような物悲しい歌が、妙に明るいサルサになってしまうのには笑ってしまうけれど。

 

ま、とにかく、日本人の抑圧された生活が(と書かれているようにしか思えない)、サルサによって明るくなる、っていう、ひじょーにめでたい内容の記事だった。これが本当なら、会社や工場でもラジオ体操なんかやめてサルサでも踊ってれば、きっと、日本の未来は明るくなる!!って思ったんだけれど(その代わりにセクハラが蔓延するかも)、誰か、試してみません?




[ 2005/03/31 03:23 ] できごととか | TB(0) | CM(0)