サパタの見解 

グアヨの書簡に戻る前に、2006年11月13日に、金融監督庁(SB)長官ウィリー・サパタが無所属の国会議員と設けた会合について触れたいと思います。


この席でサパタはまた一つ爆弾を落とします。Bancafeが金融審議会により業務停止を命じられる数日前に、Bancafeの大株主であるマヌエル・エドゥアルド・ゴンサレス・リベラ(Manuel Eduardo Gonzáles Rivera, Bancafe頭取, グアヨの父)とインゴ・ハインリッヒ・ハベランド(Ingo Heinrich Haberland, Bancafe副頭取)の2人がVipasa(Valores e Inversiones del País, S.A. グループには属さないけれども、経営者が同じというややこしい投資会社)から大金の小切手を受け取り、現金を引き出していた、というもの。


この金額、不明です。「覚えてないんだよ~」とサパタ君。時々急に物覚えが悪くなるようで。「でも数百万単位だったね。Q10って話じゃないよ」。アタリマエでしょ。


サパタ君は饒舌に続けます。「この2人ときたらBancafeが業務停止になるほんの数日前に大金を引き出して、Vipasaから最後の1センターボまでむしりとったんだよね。こんなことやってるから、SBもBancafeに介入しないといけなくなちゃったんだ。このことはもう検察に告発してるから。」えーっと、こういうの背任っていうんですか??背任とかマネーロンダリングとかで告発したようですが、現在に至るまでその容疑が実証された気配はありません。


それにしても。数日前に引き落とされた小切手のことが、すぐにSBにわかるんか。やるじゃん、SB。


さてここで登場するVipasaの存在がBancafe事件では大きな意味合いを持つのですが・・・。


えーと、その前に2005年10月の、アメリカの投資会社Refcoの倒産の話をしとかないといけないんでしょうね・・・(ああ、頭痛・・・)。Bancafeのオフショア銀Bancafe International Bank(BIB)は、なぜか投資先をRefcoに一括していたため、Refco倒産とともに$2億超が焦げついてしまったのでした。この影響でBancafeグループ全体の業績が悪化したのは事実です。そこでSBは再建計画を課した、と。


一方のVipasa。SBの見解はこうです。Vipasaは国内2ヶ所の証券取引場で取引する資格を有していなかった。だからBancafeの再建計画の中では、BancafeがVipasaに融資を行うことは禁じられていた。にも係わらず、Q4200万の無担保融資が行われ、Bancafeがホセ・ミゲル・フェルナンデスという人物に超過振り出しした小切手Q3000万はフェルナンデスからVipasaに渡った。


んん。SBは違法に金融仲介業をしていた、と指摘していますが、なんで今まで何もアクションを起こさなかったんでしょ?Bancafeの再建計画で経営に介入し始めたあたりで既に、Vipasaのこととかわかってたんじゃないですかね?


サパタ君たら「いやあだって、銀行が持っていた口座は100万件以上もあるんだよ。それぞれの口座の資金の流れをつきとめるのはちょっとばかし大変だよねぇ~」。


ふーん。でも大口顧客が100万件あるわけじゃないと思うけどなぁ・・・。でもって100万件の顧客に一斉に影響を与えるような決定をしたのはアナタでしょ。説得力ないなぁ~。って思うのは、ひょっとして、私の翻訳の仕方のせいですかね??



[ 2007/08/03 15:00 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(0)

グアヨの書簡 Ⅰ 

これからしばらくグアヨの書簡をかいつまんで取り上げてみたいと思います。この書簡の宛名は「世論」。この文書に陽の目を浴びさせて、世論の援護を得よう・・・というのが目的だったのでしょうか。


前にも書きましたが、この書簡の日付は2006年10月29日。Bancafeにあった口座は別の銀行に移され始めており、一方、グアヨは大統領選への出馬を取りやめない・・・と言明していた時期のものです。


前文はこうです。
「金融監督庁長官のウィリー・ワルデマル・サパタ・サガストゥメの、私に対する公なネガティブ・キャンペーン、私に対する不正、侮辱、誹謗中傷に対して、グアテマラ市民に次のことを明らかにする。」


そしてすぐに本文が始まります。
1.Bancafeに対して命じられた業務停止は、Bancafeを金融業界から追い出し、派手にスキャンダルを演出することで、政治的に私に影響を与えることを唯一の目的として行われたものである。これにより利益を被るのは大金持ちで権力を有する一家の2人である。2人は私が大統領になることを良しとしないからである。


2.この業務停止、それに続く銀行清算は、違法かつ違憲である。銀行の弁護士が既に最高裁に保護申請を行っている。今回の決定は不服を申し立てることができる性質のものであるにも係わらず、私たちには弁護をする権利すら与えられなかった。加えて金融監督庁自らがBancafeに課した業務改善命令の期限はまだ過ぎていないのである(60日の期限は今日に至っても過ぎていない)。


3.この先、私、あるいは私の父や家族の誰か、あるいは銀行に何かが起こったならば、それはフアン・ルイス・ボシュ・グティエレスとディオニシオ・グティエレス・マヨルガの2人にすべての責任があるとここで指摘しておきたい。この2人がBancafe清算の「命令」を下し、あらゆるマスコミを使って私に対するブラックキャンペーンを行い、「偶然にも」金融監督庁長官かつ金融審議会のメンバーというポストにある操り人形のウィリー・サパタはBancafeへの介入の理由は私の家族が経営陣に名を連ねるグループ企業内で、大統領の了解を得て融資を行い、利益を得たことだと言い立てている。


4.ウィリー・サパタが法的措置を取らずに、マスコミに向かってこういった理由を並べ立てているのはなぜであろうか。サパタの言うことが本当であれば、刑法457条に基づいて、私を検察なり判事なりに告発すればよい。


とりあえず今日はここまで。注意しておきたいのは、先日の新聞記事ではBancafeの業務停止の理由が「業務改善命令に従わず、法令にも抵触していた」とされていたところです。


日が経つにつれ、この「理由」が後づけされていきます。22日にはサパタは「Bancafeは(同行のオフショア銀行である)Bancafe internacional Bankに銀行法の規定を超える資本の15%を超えて融資していた」と発表。


その後で、今度は「Bancafeはグループ会社のVipasaに違法に融資していた」と。


これ、グアヨが指摘している通り、サパタは新聞のインタビューでこれを暴露しています。公的機関の責任ある職にある人のやること?というのが素直な感想。


そしてそれが本当の理由であるのなら、どうして最初に業務停止を発表した時点で明らかにしなかったのか。どうしてBancafe側に反論する機会を与えることすらしなかったのか。


グアヨが指摘している「期限」の話、これは確認が取れませんでした。金融監督庁のホームページ、データが全然見られないので・・・。ですがこれも恐らく事実なのだろうなぁ~という気はします。期限が来ていたのなら、サパタは必ず指摘していたでしょうからね。


ますますもって奇奇怪怪・・・・・・。



[ 2007/07/31 15:16 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(0)

黒幕とされる2人 

さていよいよグアヨのこと。本名はManuel Eduardo González Castillo(マヌエル・エドゥアルド・ゴンサレス・カスティーヨ)。Guayo(グアヨ)というニックネームはドゥアルドあたりが訛ったものなのでしょうか。


写真がどこかにないかと一生懸命探したのですが、エドゥアルド・ゴンサレスなんてスペイン語圏では超ポピュラーな名前、赤の他人が一杯いるいる・・・。やっとの思いで探し当てたのがこの一枚。El Cancheというサイトです。

同じサイトのもう一枚は2006年6月のもの。政治家というよりは銀行家って雰囲気かしらん・・・。


さてここにグアヨが書いた・・・とされる文書があります。私が参考にしたのはHUNAHPU E IXBALANQUE(ウナプ・エ・イシュバランケ、ポポル・ブーに出てくるマヤの神様2人の名前だったか)で見られます。日付は2006年10月29日。例の業務停止から10日が過ぎようとしている頃のものです。


実はこの文書、本当に当人が書いたものかどうか、の確認がなされていません。ネットで流通した文書、と聞いています。ですが、書かれている内容はもとより、文章の間から滲み出てくる悔しさ、怒り・・・に触れると、本人以外の誰にもこういう風には書けないだろう、と思わずにはいられないです。ですので、ここではグアヨ本人が書いたもの・・・として話を進めて行きたいと思います。


かなり長い文章ですが、要点は2つ。
1つ目は、 Bancaféの業務停止は、違法であり、これは自分の大統領就任を阻止するために仕組まれた罠であるということ。
2つ目は、これを仕組んだのはJuan Luis Bosch Gutiérrez(フアン・ルイス・ボシュ・グティエレス)とDionisio Gutiérrez Mayorga(ディオニシオ・グティエレス・マヨルガ)の2人であるということ。


この2人、Corporación Multi Inversiones(CMI)というコングロマリット企業の共同経営者であります。コングロマリットというのは、事業内容が異なる複数の企業や事業部を束ねた企業のことを言うらしいですが、CMIの場合、グループ企業は何と300以上。14ヶ国に3万人以上の従業員を抱えているという、ラテンアメリカ有数の企業でもあります。一番最近進出したのは中国。グアテマラの味?フライド・チキン・レストランのポーヨ・カンペロ(Pollo Campero)をオープン。


ディオニシオはLibre Encuentroという15年以上続いているインタビュー番組のディレクター兼司会も務めています。この番組、結構政治家も出ております。いや、実は私この番組見てないんで、詳しいことについては何も言えないんですが。


さて、コングロマリットの中に銀行はあるのか?って気になりますよね。あります。Banco Reformador、通称Bancor。Bancaféの資産を受け継いだ3つの銀行のうちの1つです。



[ 2007/07/27 15:05 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(2)

業務停止の日 

グアヨの言い分を書く前に、やはり当時の報道を引用しておいた方がいいですね・・・と思い直しまして、今日は2006年10月20日金曜日のPrensa Libre紙の報道を引用してみたいと思います。エドゥアルド・スミス及びエルベルト・エルナンデスの署名記事です。


金融審議会Bancaféの業務を停止、預金は保証


Bancafeは1年以上前に端を発した問題を解決できず。資金を他行へ移すため、精算審議会が任命された。

金融審議会(以下JM)は本日、Bancafeの業務を全面的に停止することを発表した。なお、預金については他の銀行から引き出すことができると保証している。

本日午前0時過ぎ、JMは記者会見を開き、この決定を伝えた。

グアテマラ中央銀行(Banguat)総裁及びJM会長のマリア・アントニエッタ・デル・シッド・デ・ボニーヤは、清算審議会(Jeap)が同行の資産を他行へ移し、預金者への支払いを行うと説明した。

金融監督庁(SB)長官のウィリー・サパタは、支払い手続きについては来週以降発表するが、預金は預金保険機構(Fopa)の資金及び同行の資産で保証できるとしている。Fopaが有する保険金はQ16億であり、この全額をBancafeの顧客の支払いに引き当てる必要はないという。

今回の業務停止は、2002年に現行の金融法が施行されて以来、我が国初である。

8月時点では、Bancafeは317千件の小切手口座と822千件の普通預金口座を有し、預金総額はQ49億8600万であった。

なおサパタは、Bancafeに口座を有する個人及び法人は、来週以降、Jeapが清算手続きを進めるまで、本日より国内の支店・ATMでの引き出しはできないと説明している。

プロセス
デ・ボニーヤは、他の機関がBancafeの資金を利用することができるよう、Jeapが信託をつくり、そこにBancafeの資産及び債務を移すとしている。

また、業務停止となった銀行について公的資金を投入することはしないとも付け加えた。

なおJeapのメンバーは、フリオ・エリック・レシーノス、ホセ・フランシスコ・アセンシオ、ロランド・カスタニェーダである。

サパタは、同行はSBが課した調整計画を遵守せず、また他の点でも銀行法に抵触していたと話した。

Bancafeが抱える問題の一つは、アメリカの先物取引大手Refcoへの投資$204百万が焦げ付いたことであるという。

サパタは、この度の決定がJMの全会一致によるもので、その目的は顧客の利益を保護することにあったと付け加えている。

銀行の重み
SBによれば、去る8月31日時点で、Bancafeは現金、取立金、不動産、投資などを合わせてQ7,766百万の資産を有していた。

負債(定期預金、利子負担、預金他)はQ7,128百万であり、資本金はQ638百万である。

なお同期の収益はQ116百万である。

サパタによれば、業務停止の時点で、銀行は既に資本割れあるいは赤字の状態であったという。

なお同行は、資産額では国内第4位の銀行であった。

歴史
Bancafeは1978年10月16日にコーヒーの生産及び輸出を支援することを目的に創立された。
現在の支店数は165、従業員数は2000人を超える。
1998年、個人への融資に特化していた小規模銀行であるMultibancoを買収した。

BancafeグループにはBancafe International Bankというオフショア行もある。

影響:政界への波及
Bancafe前頭取で現在Ganaから大統領候補に名乗りでているエドゥアルド・ゴンサレスは、筆頭株主でもある同行がJMにより業務停止になった後、態度をはっきりさせなかった。

与党(GANA)の総裁アフレッド・ビラは「私たちにとって一番大切なことは、正しくことを行うことにある」と話し、ゴンサレスが選挙戦に参加し続けるかどうかについては言明を避けた。

当紙はゴンサレスの話を聞こうとしたが、電話には応答がなかった。

今後
本日より、Jeapが今後のプロセスを策定する。当局は当面の間、1日2回の記者会見を開き、同審議会の活動について報告するとしている。

また、JMは、同行の従業員については月曜日の通常の業務時間に銀行に出勤しなければならないと付け加えた。

また銀行界からは資金の移動について協力を申し出ているところもある。



ううう~ん。経済についてはホント、良くわからないので、訳し間違えているところもあるかもしれませんが、第一報全文です。

訳しながら、なんともどうにも不可解な感じ。何がって、「どうしてBancafeが業務停止になったか」という部分が、あまりにもさらりとしか触れられていない点。この文章の中心は「Bancafeに預けてあったお金はちゃんと払いますよ」っていうところにあって、どうしてBancafeを業務停止という処分にせざるを得なかったか、については至って説得力のない説明しかなされていません。

預金者保護、って言うんだったら、こんなにいきなり突然の業務停止ではなく、今まで政府主導で何度か行われてきたように、他行との合併を進めた方が良かったんではないの?

実際に、こんな話がありました。私の職場で支払いに渡した小切手、先方はBancafeに預金したのですが、タイミング悪くその翌日にBancafeが業務停止。引き落とされなかったこの小切手は宙に浮いてしまい・・・・・・。

小切手って、6ヶ月を経過するともう効力がなくなりますから、6ヶ月を過ぎてからまた小切手を作って渡したのですが、こういうケースは氷山の一角と思われ。

「資産があるから大丈夫よ」と言っていたJMの皆さん、一体どこが大丈夫なのよ・・・?

まあ、JMは気合い入れて清算してたんで、預けていたお金をもらえなかった、って人はなかったようです。

というか、これ、清算というよりは、態のいい銀行乗っ取りのように見えなくもないですね。Bancafeは結局、Banco Agromercantil、Banrural、Bancorの3つの銀行に寄ってたかられてしまいました。

次回こそは、グアヨの言い分。



[ 2007/07/18 14:52 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(2)

Bancaféのこと 

続きを書く前に一点だけ。

この記事、インターネットで検索できる情報を元にして書いています。そういう元ネタについては、特定の記事からの引用以外は、この連載(さて、一体何回続くことやら)が終わってからまとめて出典を書くことにしたいと思います。

というわけで、2回目は、「じゃあ、Bancafeって一体全体どんな銀行だったの?」という話。まずは基本的なデータから。2006年9月のMoneda紙(グアテマラの経済紙)の記事から拾っています。

正式名称 BANCAFE – GRUPO FINANCIERO DEL PAIS
パイス・ファイナンス・グループの一員

創立 1978年10月16日 もうすぐ30歳だったのに~

総資産 999.3百万ドル(2005年12月)

店舗数 165 イメージ的にはどこに行ってもBancafeがあるという感じ

従業員数 2300名 1店あたり約14人。行員が1~3名程度のミニ支店も多かったことを考えると、結構多いかも?

CEO Lic. Ariel Camargo (アリエル・カマルゴ)
噂のグアヨ・ゴンサレスは2004年に大統領府官房長官に就任したため経営からは手を引いている。一応。

ビジョン 国内最高の金融グループとなること

ミッション 信頼される企業であること。確固とした存在感とグローバルな視点を有し、顧客のニーズを理解し、サービスを行う従業員を持ち、迅速かつ斬新な金融サービスにより、様々な分野や市場と協調し、サービス精神と顧客との約束を果たす信頼される企業であること。(ひぇ~、誰かもっとうまく訳して~)

歴史

首都圏のみならず地方においても、今までの銀行とは異なった、迅速かつ良質なサービスを提供することを目的に掲げている。Bancafeは地方への進出ではパイオニア的な存在であり、最初の店舗はアルタ・ベラパス県コバンに、次いでウエウエテナンゴに出店した。

1999年3月、Multibancoを吸収合併。グアテマラ初の銀行合併劇である。

Bancafeは国内の金融法の規制を乗り越え、顧客のニーズに応じて様々なグループ企業をつくっていった。こうしてできあがったグループ企業は次の通り:

  • Almacenadora del País
  • Financiera del País
  • Bancafé International Bank(BIB)
  • Valores del País
  • Seguros del País
こうして支店数は165、顧客数は100万超となり、国内行の収益性ではベスト5に入る優良行となった。

2002年、Bancafeはリオ・デ・ジャネイロで開かれた米州開発銀行が後援する第5回中小企業フォーラムでミクロファイナンスでプレミアを受けた。

2006年、中小企業支援を評価され、企業の社会的責任賞(なんだこれ)で1位。


商品など

2001年、競争が激しくなったこともあり、ビジネスモデルの見直しを図り、顧客関係管理(CRM)モデルを取り入れた。

また中小企業への融資を積極的に進めると同時に、収益が少ない、リテールやクレジットカード、保険、保管部門にも力を注いだ。今日、Bancafeはこの分野では国内首位の地位を築いている。



ぜいぜいぜい。経済音痴の私にとってはチンプンカンプンですね。

で何が言いたいかというと、Bancafeは評判の良い優良行だったということ。

聞いた話では、不動産ローンなんかでも、他の銀行よりも組みやすかったとか。中小や個人に優しい銀行、というのは事実のようです。

あと、Moneygramという海外送金(基本的にはアメリカからの送金を受け取るためのもの)でも国内ではパイオニア。早くて確実に届く、という話でした。

えーと、それから、行内でのコーヒーサービスを始めたのもここなんだとか。さすがコーヒー銀行。現在では、かなりの銀行で見られます。

まあそんなこんなで評判の良かったBancafe。こんな銀行が一夜にして操業停止→廃業に追い込まれた。

胡散臭い感じがプンプンしてきますよね?

えー、次回はグアヨ側の主張を取り上げてみたいと思ってます。


追記:
あ~、1つ大切なこと(?)を書くのを忘れていました。
Bancafeはサッカーのリーガ・ナシオナルの有力チーム、ムニシパルの大口スポンサーでもあったのです。他にもスポンサーをしている銀行はありますが、Bancafeは力の入れ方が違っていた。ムニシパルがリーガ5連勝できたのも、強力なスポンサーの力があったことは間違いないです。なお、Bancafe本店には、ムニシパルグッズを販売する売店までありました。



[ 2007/07/15 15:45 ] 誰がグアヨを陥れたのか | TB(0) | CM(2)