大統領の日記 その1 

大統領の日記

2月27日

今朝の新聞を見てビックリ。
だって、軍が国会議員20人に勲章をおくることになったって、
しかも、ボクが授与することになってるけれど、そんな話聞いてないし。
チクショー、奴ら、またボクのいないところで勝手に決めやがって。


頭に来たから、早速参謀総長を呼び出してやった。
食えない男なんだよな、コイツ。軍人なんて全然信用できない。
だから、出だしっからピシッと言ってやったんだ。

ボク 「こんな話が新聞に出ていたが本当かね」
アイツ「は、大統領閣下。今日、ご報告させて頂く予定だったのですが」
ボク 「いや、こんなのはダメだ。国会議員個人にやってはならない。
    授与するなら、国会の旗に対しておくりたまえ」
アイツ「は、旗ですか?」
ボク 「そう、旗だ。じゃ、ボク、急いでいるから後はヨロシク」


アイツはポカ~ンと口を開けたまま、座ってた。
あの間抜けづらったらホント、写真に撮っておけば良かったな。
そんなこんなで今日の朝はすっごく気分が良かった。


その後、警察学校の新校舎の開校式があったのでその場を借りて早速報告。
「国防省への予算増額に尽力を尽くした議員らに勲章をおくるつもりだったようだが
 そんな馬鹿げたことに国家予算を使ってはならないと厳しく言い渡した。
 (だってサンドリータのプログラムにお金送らないと、ボクが怒られるし)
 どうしても国会に感謝の意を表したいというのなら、国会の旗におくるよう指示した」。


ボク、格好良かったよなぁ~。
我ながら名演説だったとホレボレ。
これでちったあボクの人気も上がるかな。





monjablancaの日記

2月28日


最近、コロンってパラノイアなんじゃないかって気がするんだけれど
どうなんだろう。


自分はフィデルのところに勝手に勲章もっていきながら
国防省が国会議員におくろうとしたら、「それはダメ」って、
勲章の価値を落とした張本人に言われたかないよねぇ~。


大体、「国会の旗におくれ」って、旗なんてないじゃん。
単なる無知なのか嫌がらせなのか、
どうでもいいけど、コロンが思いつきで言った言葉に
周囲が振り回される様は笑うべきなのか、嘆くべきなのか。


ともかく、コロンの任期終了まで、あと2年10ヶ月と15日。
先は暗い。



[ 2009/03/01 22:02 ] 大統領の日記 | TB(0) | CM(0)