やっと到着 

なかなか辿り着かない日本への旅ですが。


さて、やっとロス2泊後の朝、17日になりますか。
再び朝早く出てシャトルに乗り込むと、またしても空港へ。
前日の内にボーディングパスを貰っていたので
荷物だけ預けると、今度は一路トム・ブラッドリー国際ターミナルへ。


なんでって、第7ターミナルはユナイテッド専用ターミナルですから
他の飛行機、余り見られないですよね。
だったら、太平洋路線が一杯やって来るトム・ブラッドリーに行ったらどうかと。
ついでにあそこならビジターでも辿り着けるところにフードコートがあるわけだし。


第7ターミナルからトム・ブラッドリーまではいささか遠いのですが
時間に余裕があるので、徒歩でトコトコ。
すると、トム・ブラッドリー近くになって、小僧が大発見。
「あれ、エアバスの380だあああぁ~!!!」

081117 ロサンゼルス空港02

えーと、昨年でしたか就航始まったばかりの
現在世界最大の総二階建て飛行機、A380のことです。
確かに確かに、大韓航空に隠れて全身が見られないのですが、
二階建になってる窓がはっきり見える。
そんなわけで小僧、大喜び。
ナマA380にお目にかかるの、初ですからね。
ちなみにこれはカンタス航空、オーストラリアのエアラインです。
カンガルーマークが目印。


朝食の寿司をぱくつきながら、カメラ片手に横目でカンタスを眺める小僧。
夢中になっているのを見ると、
前日の便がキャンセルになったのは、
飛行機の神様(!)が小僧のために用意してくれたことだったのかなぁ、と。
でもキャンセルにするなら、さっさとキャンセルにしてちょうだいよね(ぼそぼそ)。


そうして満足の小僧を伴って再び第7ターミナル、
ゲートインして再び飛行機に乗り込みます。
前日のフライトは半分ほど埋まっているような感じの
かなり空いている便だったのですが、
キャンセル便になってしまったために
振り替えられた便は当然のごとく満席。
まあそれでも、B747の後部の窓側2席になっているところがあって、
その席をあてがわれた私達、比較的ゆったりと座ることができました。


そして今度こそやっと離陸、10時間のフライトの始まりです。
ちょうどその頃、ロサンゼルス近くで大きな火事が数日間続いていて
ホテルのテレビで見たニュースもその話題ばかり。
もちろん、一般の飛行機がそんな付近を通るわけはないのですが、
空港を出て北に進路を取る飛行機の窓から見える風景はこんな感じ。
火事があったよ、って言われたら「そうか~」と素直に思っちゃうような
乾燥した山地です。
グアテマラの禿山よりももっと乾燥して不毛な感じ。

081117 カリフォルニアの火事?1


グアテマラの森林火災も自然発火によって起こることもあるのですが
グアテマラの火災はペテン県の熱帯雨林が燃えてしまうことが多く、
このユカタン半島の特にペテン付近、緑の豊かなジャングルで
アマゾンと並ぶアメリカ大陸の肺とも言われ、
この森林をいかに守りつつ開発を行うかというのは
本当に難しい課題だったりするのですが。


話が逸れました。
飛行機の中については特筆することがないような気が。
夢うつつのブロイラー状態で程よく肥えたところで成田着。


そうそう、ユナイテッドの音楽チャンネルに
パイロットと地上との通信が聞けるチャンネルってのがありまして、
太平洋上空を飛んでいるところでそのチャンネルの存在に気がつき
着陸の時には小僧と2人でこれを聞いておりました。


最初の内の交信先は東京コントロールかな・・・と思いますが自信はありません。
やがて成田空港のレーダー(アプローチ)に切り替わり、
同じく成田空港のタワー(着陸指示)に切り替わり、
意味不明な言葉ばかりですが(英語だったし)、興味深かったです。


レーダーでもタワーでも、管制官1人が同時に3機を担当しているようで、
私たちの乗っていたユナイテッドと他のユナイテッド、
それにジャパン・エアー(JAL)との交信が聞こえてきました。


これが楽しかった小僧、帰りの便でもこの交信を聴くのを楽しみにしていたのですが、
残念ながら帰りの便のパイロットさんは
乗客用にチャンネルを開いてくれなかったので
それ以上聴くことはできなかったのですが。


さて、成田。
今回は成田乗り継ぎなので若干時間があります。
なので乗り継ぎ便のチェックインを済ませると
2年前にオープンしたという第1ターミナルの南ウイングを初見学。


そう言えば、この前、職場の人たちと
「成田着いたら何をするか」と言う話になりまして
「何はともかくホテルに行く」という人もいれば
「真っ先に一服して、それから自販機に走る!」。
あ~、これ良くわかる。
私もつい目で自販機探して何を飲もうか考えますもん。
で、大抵買うのはお茶なんですよね。


で、お茶を買うと次は本。
ありがたいことに欲しかった本も手に入って大満足。
夕食も済ませて、成田空港から小松空港への便に乗り換え。


今度の機体はボンバルディアの50人位乗りの小型機。
半分も乗っていなかったんじゃないでしょうかねぇ。
革張りのシートが何気にゴージャス。
日本海側は荒天だそうで、途中かなり揺れたのですが、
それでも無事に小松に辿り着き。


この日は何でもこの冬一番の冷え込みだったとかで
飛行機の階段(タラップじゃないですよ)を降りて
ターミナルに入るまでの短い距離だけでも凍えるほど。
強風がびゅうびゅう吹き付けている冬型の日だったのでありました。


お迎えの爺婆と合流して一路実家へ。
約30分ほどの道のりですが、
あられが時折吹き付ける凍える夜でありました。
そうして長い長い旅はやっと終了したのであります。



[ 2008/12/15 23:17 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

日本は遠い 

今回の旅行、ユナイテッド航空でチケットを買いました。
今年の9月にユナイテッドがグアテマラから撤退したので
選択の余地は狭まったのですが、
タカ航空の便がユナイテッドとのコードシェアとなったため、
ユナイテッドでグアテマラから成田までのチケットの購入は可能でした。


可能でしたというか、一番安かったのがこのユナイテッド。
何しろ直行便がないので、乗り継ぎであちこち探すわけですが
ロス経由のユナイテッド、ヒューストン経由のコンチネンタル、
この2つがお安めで、
ダラス経由のアメリカンやアトランタ経由のデルタは案外高く、
メキシコ経由のアエロメヒコとかJALになると
問題外の外という趣を呈してくれておりました。


そんなわけでユナイテッドという名のタカ。
グアテマラ発は12月15日の夜の便だったのですが、
ゲート付近で待っていると、
いきなり窓の外にぽぽんぽんぽんと花火が撃ちあがったのでありました。


そう言えばこの日は、空港の近くにあるオベリスコ広場で
クリスマツツリーの点灯式のある日。
それを祝う花火が撃ちあがったというわけでしたが、
いやぁ~、何だか嬉しくなっちゃいましたねぇ。


写真はその花火、どうしてもガラスに反射してるものが映っちゃうので
ちょっと心霊写真めいてますが。

081115 アウロラ空港2


そう言えば、いまだに改装工事の終わっていないアウロラ空港ですが、
中にはマクドナルドがオープンしておりました。
ゲートの外にもあるのですが、
保安検査場を通った後のゲートエリア、ここにも新装開店。
マックの他にはコーヒーやら軽食喫茶があったりいたします。


タカ航空。ロスまでの便はエアバスのA320が飛んでいます。
この飛行機、シートがゆったりしていて、
すわり心地がなかなか快適。
確かユナイテッドはボーイングの737辺りだったと思いますが、
意外と窮屈だったような記憶があります。
あと、タカって何故かキャビナテンダントに男性が多いんですよねぇ。
女性もいる、とは聞いたことありますが、
当たったことがあったっけ?ちょっと思い出せないです。


思いますに、ラテンの人が里帰りする時の大量の荷物、
預ける荷物はもちろん、機内持ち込みも結構皆さんすごいのですよ。
最近は1人1個10Kgまで、って制限がうるさいですが。
それを頭上によいしょっと持ち上げたり、
荷物を整理したりするのには、やっぱり力のある男性じゃないと
いけないんじゃないかとか。


そんなつまらないことを思ってる間に離陸です。
ロスまでは約5時間の旅。
そう言えば、タカって以前は機内食がなくて
有料でサンドイッチを配っていたけれど、
この便は夕食がついていました。
量はどちらかと言えば少なめかもしれないけれど、
これが結構おいしかったですねぇ~。


食事の後、一眠りすると、次に目を覚ました時は
もう着陸態勢に入っていました。


ロスの空港って、密かに、アウロラ空港の次に
良く行っている空港だったりします。
乗り継ぎだけなんだけれど、
その乗り継ぎが常にロサンゼルス、になっておりまして、
多分成田よりも行ってる回数多いはずです。


それなのに、いつもと違っていたのが到着ターミナル。
飛行機から降りて、通路を通ってエスカレーターを下ると
そこはイミグレーションへの通路、のはず。
それなのに、そこにはドアがあって、バスが待っていて・・・、
ロスでバスに乗るのは初めてだ。と思いながら
乗り込んで降りて、イミグレーションについて「ははぁ~ん」。


タカって第2ターミナルに乗り入れている航空会社なのですが、
何らかの事情でここにつけられず、別のターミナルに回された模様。
着いたのはトム・ブラッドリー国際ターミナル。
なぜわかるかと言うと、イミグレに日本語や中国語の表記があるから。
トム・ブラッドリーは太平洋路線の航空会社が多くつけているところで
JALやANAもここにやってきます。
ここの方が第2ターミナルよりも広いし、明るいし、いい感じ。
入国審査官は感じのいいラテン系の方で、スペイン語でOKでした。ははは・・・。


何だかトクした気分で入国手続きを終え、
シャトルバスに乗ってホテルへ(ホリディ・イン)。
部屋に入ると共にバタンキュー、そして6時間後には起きて出発。
何と言っても飛行機代好き小僧と一緒の旅なので、
空港の中で過ごせる時間というのは、限りなく大切だったりするのであります。


そんなわけで、とっととチェックインもして、保安検査場も通過し、
飛行機の良く見えるところへ。
あ、ユナイテッドは第7ターミナルですので、
この付近からはユナイテッドばかりしか見えません。
もちろん、滑走路が見えるところからなら、別の航空会社も見えるのですが。


私たちの登場予定のUA891便は11 :10発予定で
成田でワンストップするバンコク行き。
その前にJFKからロスまでやって来るみたいですが、
まずこのニューヨークからの便が若干延着。
11:30出発に変わり、その時間も過ぎてやっと搭乗開始。


しばらくして動き始め、トーイングカーを切り離し、
さてさていよいよだぞ、と思ったら。


何とそこで止まってしまったのでありましたよ、この飛行機。
しばらくして「機体の不具合を調整中」という案内があったのですが、
1時間ほどしてから
「ただ今まで、地上と無線交信により修理を行っておりましたが、
 技術者による修理が必要なため、一旦ゲートに戻ります」
という案内が。
でもこれも牽引車に引いていってもらわないといけないらしく
それを待つのにまたしばらく。
やっと動いてゲートに戻り(元のゲートじゃなかったけれど)、
そうこうする内にまた時間が経ち。やがて
「当機はただいままで懸命の修理を行っておりましたが、
 問題が解決しないためにフライトを行わないことと決定いたしました」
というアナウンスが流れ、
おわー、短い休暇なのに、何してくれるんだユナイテッド。
と心の中でドツキながら、飛行機を降りてターミナルのカスタマーサービスへ。
ここでチケットの振り替えとホテルの手配をしてもらわないといけません。


飛行機の中で2時間、そして更に1時間。
それでもまだ私は列の中ほどより前にいましたから
まだ良かった方だとは思うのだけれど。


写真はそのチケット変更の列。
私より前にいた人たち、
すなわちこの倍以上の列があったのでありました。

081116 ロサンゼルス空港チケット変更の列


私のチケットの変更手続きをしてくれたのは白人女性、
「グアテマラから来たの~!?」と目を丸くし、
ホテルバウチャーの手配をしてくれてた時、
食事が夕食1回分しかついてなかったのに
「このバカタレのシステムがっ!」と怒っていたのに笑ってしまいました。
申し訳なさそうに
「夕食のクーポンしかないけれど、
 もし他にも食事したら、もちろん請求してもらって構わないのよ」。
それしても、マイレージ加算してくれるだけだろうけれどな。
どちらにしても、彼女のお陰でユナイテッドの好感度がアップ。


そう言えば、2年前にユナイテッドの同じ便で帰国した時、
電気系統のトラブルとかで出発が遅れ、
出発したのは良かったんだけれど、
ちょうど私たちの座っていた付近の電気システムが機能せず、
映画のサービスもなければ照明さえつかない、なんてことがありました。
この時はキャビンアテンダントがクレーム用紙を配ってくれて
書いて渡したわけなのですが、
何ヶ月も経って忘れた頃にユナイテッドから
「大変申し訳ありませんでしたので、マイレージを加算させて頂きました」
てな内容の手紙が届いたことがありました。
相性悪いのかもね、私とユナイテッド。


昼食も取らないまま、既に4時近く。
実家に連絡し、小僧の昼飯用マックを買い付けて
スーツケースをピックアップして空港を出ると、
再びシャトルでホテルに向ったのでした。


今度のホテルはゴージャス。
ウェスティンなんてデラックスホテル、
今までに泊まったことありません。
部屋の張り紙によると、2人で$350の部屋だとか。
高い部屋だけあって、ベッド1つに枕が5つもついてます。
ベッド2つで枕が10個。
枕投げして遊びたい方にはオススメです。


1日を空港で潰してクタクタになったわけでしたが
快適なホテルでお風呂に浸かると、
不満よりもむしろトクしたかもな、と思ってみたり。


そう言えば、ロス、どこに行ってもラテン系。
てか、観光関係に勤務するラテン系の人、多いですよね。
シャトルバスの運転手さん、ホテルのポーター、
そこら辺の売店の売り子さんたち、
スペイン語で通じるのがありがたい、
てか、小僧とスペイン語でしゃべっていると
向うから話しかけてきてくれて、
時に盛り上がったり致します。


ウェスティンでは、
小僧がテレビのスペイン語チャンネルを見ていたら
荷物を持ってきたお兄ちゃんが
「スペイン語すの?」
彼のスペイン語はいささかぎこちなく、
アメリカ生まれのラテン系らしいのだけれど、
何気に嬉しい瞬間でもあったりします。


シャトルの運転手さんにもペルー人だったかなぁ、がいて、
「グアテマラに住んでるんだよ」
と言うと、
「おーー、ボクのツマはグアテマラ人よ」
で話が盛り上がり、
ホテルから空港までの道中、ずっと話しっぱなしでした。
やっぱり口から生まれてくるんだよね、ラテン系(笑)。


私の書く文もユナイテッドと同じで
なかなか日本にまで到着しないですね(笑)。
いい加減長くなって来たので、また次回に。



[ 2008/12/11 23:59 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

晩秋の風景 

ロサンゼルスから成田経由で小松空港に着いた夜は
今年一番の冷え込みとかで、霰の降る寒々とした夜でありました。


日本海側は天気の悪い日が多かったのが残念でしたが、
荒天の間の好天の日には、どこに行っても美しい紅葉。
久しぶりに見る紅葉で、思わず何枚も写真を撮ってしまったのですが、
気がついてみると小僧の写真よりも木を撮った方が多くて
小僧はいささかお冠。


だって君より木の方がキレイなんだもん。仕方あるまい。


というわけで、晩秋の風景特集。
日本の方にはお馴染みの風景で、
退屈かもしれないですけれど。


柿まずは実家の近くの柿の木。
そう言えば子供の頃の通学路に柿の木があって
良く登った覚えが・・・。
実を盗ったわけじゃありませんよ。
登るのが楽しかったんだもん。




家の近く良く覚えていないんだけれど、実家の近くの公園の木、かな。
何の木なんだかさっぱり?ですが
久しぶりに顔を出した太陽に照らされて、キレイでした。




公園
実家からさほど遠くないところにある運動公園から見えた白山。
白山はすっかり雪化粧しておりました。
手前の山はまだまだですが、
もうしばらくすれば一面の墨絵の世界となるのでしょう。




公園2
その運動公園、こういう丘になっていたりするんですが、
地面に一面落ち葉が落ちていて、何気に感動。
この公園には落ち葉の清掃をしてらっしゃる方がいましたが
この時期、掃除しても掃除しても追いつきませんよねぇ。




白山市
白山麓の温泉に行った帰り道の風景。
えー、私も日本の地理に音痴になっている上、
地名がどんどん変わっていて、
正に「ここはどこ?」状態なのですが、
私の記憶力が正しければ、
ここは白山市という合併によってできた市のはず。


それにしても、日本の山は木がちゃんと生えていて
美しいです。



富士山
箱根にまで足を伸ばしてきました。
箱根のロープウェイから眺めた風景の大きさは
とても写真には納まりきらないですけど、
やっぱり富士山が見えてくると感動します。
♪あ~たまがく~も~の~、な~かに~あ~る~
けれど、やっぱり神々しいですね、富士山。




箱根湯本
箱根湯本の温泉街。
山麓に開けたこの町は、どこを切り取っても絵になる、
紅葉の似合う町でありました。




鎌倉
ついでに鎌倉にも足を伸ばしてみたり。
鎌倉と言えば鶴岡八幡宮。
七五三の祈願の方もいらっしゃったり、
紅葉を愛でる方もいらっしゃったりで、
境内はものすごい人ごみでした。
大銀杏も美しい黄色でしたが、
もみじの赤もきれいで、
いっそのこと、赤・黄・緑と三色そろった風景を。




Cejusa
これはグアテマラの写真だったり。
小僧がサッカーの試合をしている場所なんですが、
市内でありながら木々に囲まれた、贅沢なグラウンドです。
見慣れているはずの風景なんだけれど
日本の紅葉をたくさん見てきた後で見ると
なぜか新鮮に見えたんですよねぇ~。


乾季に入ってまだ1ヶ月ちょい、
まだまだ緑の美しい季節であります。




[ 2008/12/07 22:58 ] 日本 | TB(0) | CM(0)

日本でやることと言えば 

帰って来た途端、てんやわんやの日々で
のんびりと時差ボケしてる暇もないままに
あっと言う間に一週間が経ってしまいました。
日本にいたのが遠い昔のような気のする今日この頃。
少しずつ思い出しながら、書き綴ってみたいと思います。





今日のテーマは
「グアテマラ在住日本人が一時帰国すると必ずすること参題」。


その壱 - おいしいものをたらふく食べて、太る

太る、というのは意図した行為ではなくて
食べることに伴う結果であったりするわけですが。
ほとんど例外なく、帰ってくると一回り成長しています。


そういう私も例外ではなく(トホホ)。


だって、何を食べてもおいしいんですもん。
お腹が一杯だろうと何だろうと、
「ここで食べないと次はいつになることやら」
と脳みその方は考えるわけです。
そしてついついお箸が伸びる。


日本は食べ物は選り取りみどり、本当に贅沢ですよねぇ。
食パンですら種々様々なパラエティーがあって、
自分の好みで選べるわけだから。
いやもちろん、ここだってバラエティーありますけれど、
そのままトーストしておいしいのが日本の食パン。


一方グアテマラではなかなか食べられないので
楽しみにしていたのが新鮮な魚介類。
私は北陸は金沢の出身ですから、
この時期、魚の脂はのってくるし、
カニや甘エビの漁も解禁になるし、
寒いのを我慢してでも帰国する甲斐があるってもんです。


小僧もなぜか大のエビ好き。
我が家ではそんなぜいたく品、ほとんど食卓に上らないのですが
どこぞで食べた海老フライに感動して
以来、エビは大好物となっています。


そして何故か彼が最近気に入っているのが寿司。
どれくらい好きかというと、
大きくなったらまずサッカー選手になって、
30歳で引退してパイロットになって、
それも引退したら寿司職人になるんだ!
って決心しているくらいなのであります。


もっとも、ここらで食べる寿司って、握りよりも巻き、
それも海苔巻きよりもカリフォルニアロールみたいな
サラダ寿司が多いわけですが、
小僧も本当はそちらの方が好きで、
彼の期待とはちょっと異なっていたやも知れません。


ま、私は老後に小僧の巻いた寿司を食べる、
という楽しみができたかな。


その弐 - のんびり温泉を楽しむ

グアテマラも火山国だけあって、一応温泉は出るのですが、
やっぱり日本の温泉はくつろげる~!!!


普段はシャワーだけの我が家、
実家のお風呂だけでも十分気持ち良いのですが、
更に湯気の立ち込める温泉なんかに行っちゃったら
それはもう極楽すぎる。


小僧も大の温泉好きで、
大きな浴槽と見ると潜らずにはいられない。
いや、ホントのことを言うと泳ぎたいのですが、
マナーのうるさい日本なので「泳いじゃダメよっ!!!」と
きつく言い渡したところ、
「潜るだけなら泳がないからいいだろ」
と思ったかどうか?とりあえず潜ることにしたようです。


湯気が立ち込め、お湯の溢れる温泉。
いいなぁ~、また行きたいよっ。


その参 - ヘアスタイルは日本で決める

男性・女性に限らず、
日本から戻ってくると髪型が変っていたり、短くなっていたり。


やっぱり日本の美容師さん・理容師さんは上手です。


以前、その美容師さんから聞いた話では、
日本人がヨーロッパなどへ行ってアレンジしてもらうと、
髪の質が違うため(欧米系の方の髪の毛は柔らかいんだとか)
とんでもない失敗作が出来上がることがあるんだとか。


それを聞いて恐れをなしたというわけではありませんが、
確かにここの美容師さん、うまい人ももちろんいるけれど、
なかなか思ったようにカットしてもらうことができなくて
後でがっかりすることもまたしばしば。
ちなみにグアテマラ人の髪質も柔らかめ、薄め、細め、です。


久しぶりにカットしてもらった頭も軽く、
気分も若返って私を見て、小僧も
「ボクも髪の毛切りたい」。


君のアタマはグアテマラの床屋さんで十分だってば。


[ 2008/12/05 23:34 ] 日本 | TB(0) | CM(0)