FC2ブログ















大統領の離婚と原爆 

今、グアテマラ国内で大きな話題になっているのは大統領夫妻の離婚。


グアテマラの憲法は確か、現大統領の4親等以内の親族及び2親等以内の姻族が
次期大統領候補となることを禁じているため、
夫人が大統領選挙に出るためには離婚しかない、というのが別れる理由。


グアテマラは協議離婚でも裁判所による調停を経て行われるので
通常は数ヶ月という時間がかかります。
でも大統領夫妻の場合は、出馬宣言が3月8日、
裁判所に離婚を提訴したのが11日、
それなのに今週にはもう調停が行われていて
2週間後にはめでたく判決がでるらしいというグアテマラ的超スピード離婚。


やればできるじゃんね、裁判所!


それはともかく、キリスト教、特にカトリック的価値観が強く
保守的なグアテマラのことですから、
「大統領になるために離婚する」というこの話、
政治というよりは宗教とか倫理とか道徳とか価値観とか、
そっち系の話に転換したあげく、以前よりも過熱気味。
与党的には美談にしたいところだったのですが、
今のところはこの離婚に反対する人の方が多い状況。
そうは言っても選挙は9月ですからね。
そんなことも織り込み済みで、このタイミングで離婚するんでしょうし・・・。


話は変わって。


A Primera Hora(ア・プリメーラ・オーラ:朝一番に)というラジオ番組を時々聞いています。
毎朝、ゲストを迎えて政治や社会やいろんなテーマについて討論する番組ですが
私が聞くのは大体出勤途上の車の中の10分弱。
家で聞くこともあるのですが、バタバタと走り回っている時間なので
内容を把握するほどには至らないかな・・・。


今朝も車の中で聞いていたら、相変わらず大統領夫妻の離婚の話題をやっていました。
この離婚をインモラルだと非難する人に、別のコメンテーター(誰かは不明)がこんな感じで反論。
「確かに離婚は望ましいことではない。多分悪いことだろう。
 でも時には悪いことでも選ばなければならない時もある。
 第二次世界大戦の時、アメリカ大統領であったハリー・トゥルーマンも
 そういう決心をしなければならなかった。
 トゥルーマンは大衆の善のために、
 原爆を投下するという小さな悪を決意したわけだ」。


正確にどういう言葉を使っっていたかは覚えていませんが、
悪(mal)という言葉だったのは確か。
menor malとかmenos malとか、「より小さな悪」という表現で
トゥルーマンの原爆投下の決断を表現していたのは間違いありません。
善(!)をなすための必要悪、という意味で使われていたわけです。


あまりの言葉にびっくりして、その後の話がどうなったのかを覚えていないのですが
大統領の離婚と多数の死者を出した原爆とを比較するなんて、それこそインモラルだろ!
と怒りとともにずーーーんと落ち込んだのでありました。


歴史は、同じ出来事であっても、見る角度を変えればまったく異なって見えるものです。
様々な角度から検証がなされるべきだし、
いろんな意見があっていいと思うのです。


でも、この「小さな悪」という発言は、私には消化できなかった。
その言葉に留まってしまって、その先を考えることができなかったと言った方が正しいかも。
それが辛くて、ちょっとここで吐き出している状況なのですが・・・(笑)。


それは私が日本人ゆえなのか、そうじゃなくてもそう感じる人もいるのか、
その辺りはよくわかりません。
わかりませんが、大統領夫妻の離婚と原爆を同じ場で比較するのだけは止めてほしい!と
ラジオ局に抗議しようかと実は真剣に考えました。
と言ってもゲストがかなり何気ない風に言った言葉だったので
ラジオ局にも責任はないのですよね・・・・・・。


それにしても大統領夫妻の離婚が「小さな悪」なら「大きな悪」は離婚しないことじゃないのか、
とか、そこはやっぱり突っ込みたくなるところではあります(笑)
それだけの犠牲を払ってまでも大統領に出馬する、という図を描きたいのでしょうが、
元々の野心のために結婚して、予定通り離婚するという風にしか見えないところが何とも(笑)


今日は朝からあの言葉がずーっと胸につかえていたのですが、
ここに吐き出してちょっとすっきり。
お付き合い頂いた皆さんにはありがとう&ごめんなさい m(_ _)m



[ 2011/03/25 22:26 ] 雑談 | TB(0) | CM(1)

3.11 

3月11日に東北及び北関東一帯を襲った地震と津波そして今なお続く原発トラブルは、
テレビやネットを通してしか見ることのできない海外在住の私なんかをも
軽い鬱状態にしてしまうような、そんな大きな出来事でした。
特に刻一刻と悪化したり良くなったり小康状態になったりする福島第一原発については
こんなに一生懸命NHKを見たのは多分私の人生で初めて・・・!と思うくらい
一生懸命ニュースを追う毎日。
そしてニュースを見ることによって更に鬱々とするという悪循環。


普段とかわりのない日常が流れる海外にいてでさえこうなのだから、
日本で、特に被災地の方の肉体的・精神的疲労はいかばかりかと思います。
月並みではありますが、被災された皆様には心からお見舞い申し上げると共に
亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。


これについては思うことも書きたいことも多々あるのですが
どうもうまくまとめられない感じです。
でも私にとっての気持ちの整理をつけるためにも
簡単でも文章にまとめておきたいと思い・・・・・・、
でもたったこれだけの文章をまとめるのに大変な時間がかかってしまいました(笑)。


人生ははかない。
はかないが故に人生は尊い。
平凡な日常生活を送ることのできる幸せを噛み締めています。


[ 2011/03/22 22:26 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

「列車のハエ」 

ラテンアメリカ、特に中米やメキシコからアメリカンドリームを目指す人は
今も後を絶たないわけですが、その方法は様々。


正攻法でビザを取得して行く人も稀にいますが、
アメリカでの保証人が必要だったりするので現実には難しい。
もっとも、グアテマラ人的には「頼めばもらえるんじゃないの?」という感じで
要件を満たさないまま高い手数料を払って申請はするけれど、
ビザを取得できないケースは後を絶たず。


アメリカって楽な商売してるよな・・・・・・。


ってな話ではなくて。


コヨーテと呼ばれる仲介業者を頼んでアメリカ行きを計画する人も多々いるのですが
これもかなりリスキーな方法。
多額の借金をしてアメリカに行くのに
途中では食うや食わずの旅路となり、
アメリカに入ったところで広がる砂漠で行き倒れたり、
たとえ目的地についたとしても借金の返済を迫られ、
思ったような収入が得られなかったり・・・。


テレビのドラマ(アメリカ製の刑事物とか)に時々出てくる、
うら若い女性たちが騙されてアメリカに連れてこられ
監禁された状態で風俗関係の仕事に無理矢理つかされる・・・、
というのもコヨーテ経由。
人間の弱みをついた甘言に上手くのせられてしまうようで
貧富の差がある限りなくならないのでしょうけれど。


また時には目的地に辿り着けず、かと言って戻るに戻れず、
途中の町で生きていかざるを得なくなったりとか・・・。
もちろん途中で亡くなる人たちも。
この映画の中ではここ数年で5000人という数字が出ていますが、
多分これはメキシコ国内で確認されている数字なのではないかと思います。


悲惨なケースは多々ありますが、
その一方で成功して当初の目的を果たすケースもあるのですから
アメリカンドリームをもくろむ人はやはり後を絶たないわけです。


無事メキシコに辿り着いた移民たちは、
多くの場合、貨物列車に隠れて乗り込み、アメリカを目指します。
その距離約8000Km。
一体全体何日かかるのか見当もつきませんが(一週間弱ですかね?)、
その間は着のみ着のままの移民たち。


そんな彼らを支える女性達を扱ったのが「列車のハエ」というドキュメンタリーの短編映画。
この映画に登場するベラクルス州の14人の女性は
列車で旅する移民たちに15年もの間、食糧を提供しています。


毎日毎日、200食もの食事(ご飯とフリホール豆がメイン)と水を用意し、
列車の来る時間に線路脇に立ち、
走り抜ける列車の中の人たちに食糧を渡すのが彼女達の使命。
「列車のハエ」の守護者である彼女達は
「彼らは犯罪者ではない、国を追われたのではない。
 国が彼らに必要なものを与えられなかっただけだ」
と言って、日々食糧を渡し続けます。


一体どこからそんなにたくさんのお金を得ているのだろう・・・
なんて勘ぐらずにはいられない私ですが、
こういう行為を何の気負いもてらいもなく、
何年も続けているという事実には素直に感動しちゃいます。


その女性達の姿、是非ご覧頂きたく。






[ 2011/02/07 23:03 ] 雑談 | TB(0) | CM(2)

民族の日(続き) 

昨日は一覧表を作ったところで力尽きたので(笑)、
簡単にコメントを加えることにします。
それによく見るとアルゼンチンがない・・・。これも付け加えておきました。


1492年8月3日、スペインのアンダルシア州にあるパロス港を出港したコロンブス一行が
現在の西インド諸島バハマにあるサン・サルバドル島を見つけたのが10月11日。
翌日サン・サルバドル島に上陸し、とっとと占領してしまったのでありました。
(別の島だったという説もあるようですが、今のところこれが通説)


面積は175平方キロの小さな島には、もちろん先住民が住んでいたわけですが
後にスペイン人に殺されたり、スペイン人が持ち込んだ病気で亡くなったり、
あるいは奴隷として強制労働につかされたり・・・、
それは植民地となったあらゆる場所で見られたのと同じ風景ではあるのですが、
バハマでは先住民はスペイン人の侵略以降死に絶えてしまっています。


アメリカ大陸の先住民の苦難の歴史が
スペイン人の侵略に端を発するものであるというのは疑いのない事実。
だからこそ、各国がこの日を祝日にしているのかどうかに興味を持ったわけです。


元々はDía de la Raza、民族の日と呼ばれることが多かったこの日が
結構いろいろと名前を変えているというのもおもしろいですよね。
ベネズエラは数年前に「先住民の抵抗の日」と名前を変えたようで、
いかにもチャベスらしくて喧嘩売ってるんですか、という感じですが
ま、気持ちはわかる(笑)。


傾向としては、オランダ領やフランス領だったところは完全無視。
ポルトガル領は・・・、ブラジルだけですか?
微妙なのがイギリス領やスペイン領。


カリブではイギリス領だったアメリカ領の2カ国が祝日扱いというのもおもしろい。
それ以外ではコロンブスが最初に到達したバハマ諸島の2カ国が祝日。
バハマは英連邦に属しており、タークス・カイコスはイギリスの海外領土。
バハマの先住民が生きていたら何て言うだろう、ってちょっと思います。


南米はチリ、ウルグアイ、アルゼンチンと、白人系の多い国家と
先住民の少ないコロンビア、ベネズエラの2カ国が祝日にしておりますが、
ベネズエラの立ち位置の違いがはっきりですよね。


中米も白人系の多いコスタリカと先住民の少ないホンジュラス。
しかしコスタリカの「文化の遭遇した日」という言い方は嫌らしいなぁ~。
ベリーズはイギリス領だったわけですが、そうか、祝うのか。
グアテマラへの嫌がらせかも知れぬ(笑)。


人口の約半分が先住民のグアテマラは祝日にはなっていませんが
先住民が一同に会して記念行事を行う日となっています。
マヤ系だけではなく、他の民族の人たちも参加して
マヤの礼拝を行い、平和を祈る。


グアテマラでは民族問題は余りにも根が深いので
先住民とラディーノがお互いに理解し合い、尊重しあうのは
当分は無理ではないかしら・・・と私なんかは思うわけですが
この民族の日、そういう問題をあらためて考えるきっかけにはなったかも。
私にとっては、ですけれどね。


でもできれば祝日にしてほしい・・・・・・(心のつぶやき)


[ 2010/10/10 21:06 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)

民族の日 

先日、こんなツイートがツイッターに流れてきたのが目に留まりました。

12日が祝日のスペイン。月曜日は平日なれど、学校は休み。4連休也。less than a minute ago via web



ツイート主はスペインのバルセロナ在住の方。
10月12日と言えば、1942年のこの日にコロンブスが新大陸を「発見」した日で
当地でも一応民族の日という記念日となっております。
ひょっとして宗主国だったスペインでもそれを祝うのかしら?と思って尋ねてみたところ、

@xiroro Día de la Hispanidadです。コロンブスがアメリカ発見の日で、スペイン民族の日です。http://bit.ly/9xhScLless than a minute ago via web



というお返事を頂きました。


Hispanidad(イスパニダー)というのは20世紀に作られた言葉で、
元々はラテンアメリカ諸国がスペインからの独立100周年を祝ったのに対し、
それらの国々を繋げる絆としてスペイン系の人たちが言い出したもののようです。
一般にはスペイン語を話すスペイン文化圏の人たち、という意味で使われており、
スペイン本国とアメリカのスペイン語圏、アフリカのスペイン語圏を指すのだとか。


グアテマラでは10月12日は民族の日(Día de la Raza)という記念日になっていて
銀行休業日ではあるのですが、国の祝日にはなっていません。
一方で、アメリカはこの日をコロンブス・デイとして祝日にするのはまた有名なところ。
加えてメキシコは国の祝日ではないけれど、場所によっては祝日扱いとかいう話を聞き、
一体アメリカ大陸及びカリブ海では、
この日を祝日にする国ってどこなんだろう?という疑問がむくむく。
多分白人国が祝日にしているのではないかしらん・・・という気はするけれど。


何だか時間の無駄なような気もしたものの、調べてみました!
というわけでその結果をここに一挙掲載!!!


・・・っていうほどのものでもないですが。
参考にしたのはQ++Studioというサイト。
ここを参考にして、その後Wikipediaなどでも一応確認をしています。


北米
カナダなし
アメリカ12日 Columbus Day(第2月曜日が祝日)
メキシコなし
中米
ベリーズ11日 Pan American Day
グアテマラ12日 Día de la Raza(祝日ではないが銀行休業日)
エルサルバドルなし
ホンジュラス12日 Descubrimiento de América
ニカラグアなし
コスタリカ12日 Día del encuentro de las culturas
パナマなし
南米
コロンビア18日 Día de la Hispanidad
ベネズエラ12日 Día de la Resistencia Indígena
ガイアナなし
スリナムなし
フランス領ギアナなし
エクアドルなし
ペルーなし
ボリビアなし
チリ12日 Descubrimiento de Dos Mundos(至近の月曜日に移動)
ブラジルなし
パラグアイなし
ウルグアイ12日 Día de las Américas(至近の月曜日に移動)
アルゼンチン11日 Día de la Raza
バハマ諸島
バハマ12日 Discovery Day(第2月曜日?)
タークス・カイコス諸島12日 Columbus Day(第2月曜日?)
大アンティル諸島
キューバなし
ケイマン諸島なし
ジャマイカなし
ハイチなし
ドミニカ共和国なし
プエルトリコ12日 Columbus Day(第2月曜日)
小アンティル諸島
英領ヴァージン諸島なし
米領ヴァージン諸島12日 Columbus Day(第2月曜日?)
アンギラなし
セント・マーチンなし
セントクリストファー・ネイビスなし
アンティグア・バーブーダなし
モントセラトなし
蘭領アンティル諸島なし
アルーバなし
グアドループなし
ドミニカなし
マルティニークなし
セントルシアなし
バルバドスなし
セントビンセント・グレナディーンなし
グレナダなし
トリニダード・トバゴなし
大西洋
バミューダなし

Día del encuentro de las culturas: 2つの文化が遭遇した日
Descubrimiento de Dos Mundos: 二つの世界の発見
Día de la Resistencia Ingígena: 先住民の抵抗の日
Día de las Américas: アメリカ大陸の日



[ 2010/10/09 23:58 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)